« 2002年8月 | トップページ | 2002年10月 »

2002/09/30

くっさい女の子

いつまでも「体の節々が痛い…」なんて言ってはいられません。
体が痛いのは「寝過ぎで筋肉痛」だという案も出ております。
誰が言ったわけでもなく、この私がそう思い始めたんですから、
ここはぐぐっと気を引き締めなくては。
でも……痛い……

娘1は今日より幼稚園に復帰しました。
娘2は相変わらず、家の中でぐーたらしています。
そして私は気づきました。
私は3日間、娘1は5日間、娘2は9日間……
お風呂に入っていない!
くっさい女の子3人です。

娘たちは毎晩、熱いお湯で絞ったタオルで体中拭いています。
私? そんな面倒くさいこと、自分にはしません。
私が一番臭いわけですね。

どーにかなっちゃうほど臭いわけではありませんが、
さっぱりさせてあげたいなぁ〜と思い、
仕方なく、女の子3人、お風呂に入りました。

久しぶりのお風呂に娘1は、
「ママ、大変! 水鉄砲のお水が、お尻の穴の中に入っちゃったぁ〜!」と、
ご機嫌です。
どーすれば、そんなところに入るのでしょう。
入浴許可は出ているものの、9日振りのお風呂は疲れるのか、
娘2はぼぉ〜っとしています。
お姉ちゃんの水鉄砲集中攻撃を受け、ご機嫌は悪くなる一方。

お風呂に入れば、寝過ぎの筋肉痛も治るかも!
治りそうになかったです……

……今日もこの辺で。
(口は回るんですけど、頭が……)



<ご感想コーナー>

Yさんより
「まるごとバナナ」10年位前はクリームた〜〜〜っぷり!で、一度に一本食べられない位すごいボリュームだったのですよ〜!ご存知でしたか?

★覚えてます! ナイフで切って、何回かに分けて食べました。それが今では……

Mさんより
姪の小さい頃を思い出しました。彼女は、”♪赤い鳥、小鳥、なぜなぜ赤い・・”と
いう歌を”♪あかいとりトトリ・・”と歌ってました。それに一旦歌い出したらその”トトリ”が続く続く。。短い時で12色クレヨン、長い時は36色クレヨン。。

★かわゆいっ! かわいいけど、36色分聞く方も大変!

Sさんより
母は熱を出してもなかなかずっと寝ていることはできません。仕事をしているとなればなおのこと… 私もそろそろ仕事を始めなくてはと思っている今日この頃ですが、そういうことまで考えるとなかなか踏ん切りもつきません。

★外に働きに出るとなると、いろんな弊害が生まれますよね。特に小さい子供がいたりすると。そばに助けてくれる人でもいればいいんですけどね。

Kさんより
節々が痛いなら、筋肉をほぐす葛根湯がいいだんけれど、初期にしか効かないしねぇ…。もう遅いかなぁ。やっぱり医者に行くのが早道ですよ。大衆薬を長々と飲むよりも短期で治したほうが安上がりなときもありますよ。

★ありがとうございます。葛根湯、飲んでみました。もう遅いかしら。やっぱりお医者さんに行かなくちゃダメですね。

浅川さんより
娘ちゃま、、、よかったです♪ひと安心!とおもったら・・星子さん!無理しないでくださいよぉぉぉ☆近くにいたら、元気な娘チャマのお相手してあげられるのに・・・

★浅川さんにそんなこと言われると、恥ずかしいです。ホント、近くにいたら、私もチビコちゃんとチビタちゃん、見てあげられるのに。

Mさんより
もう一眠りとうつらうつらした時に見た夢、さあなんでしょう。それは…ひたすらスタスタニタニタ歩き続ける娘2ちゃんの夢だったのです。すっごく可愛かった。星子さんと娘1ちゃんはいたのだけれどよくわからなかった・・笑。ああ、とうとう、夢にまでみるようになってしまったのだね。

★もうすぐ、うなされるようになりますよ……

Kさんより
私は普段健康なので病気に弱いんです。(いや、子供を産んでからはめっきり抵抗力が落ちたな、とは思いますが)だからただの風邪で寝こんでは「私、もう死ぬかも。遺書を作っとくんだった…」と毎回のただの風邪でも思ってます。でもいまだに遺書は作ってません。

★私もそう。子供を産んでから、めっきり弱くなりました。タカラジェンヌが元気なのは、未婚そして赤ちゃんを産んでいないというのもあるかも…。今頃気づいたぞ。

Yさんより
どーでもいい事なんですが、わたしも車の免許は持っていないし、今時海外旅行も行った事ありません。

★きゃ〜お友達〜! 免許はいいとして、海外旅行に行ったことがないって、信じてもらえないんです。やはり珍しいのかしら。

Yさんより
私、病気で食欲がなかったりすると、いつも思う事があります。それは...「今が痩せ時!」と...。食欲のない今のうちに体重減らして、体脂肪燃やして...おまけに胃も小さくして...と熱にうかされながらも冷静に考えてしまいます。こんな私は変でしょうか?

★それが私、胃腸の具合がよほど悪い時でない限り、熱があっても食べる。こーゆう時とばかり、プリンやアイスクリームをたくさん食べるので、痩せないんです……。しんどい思いをしたのだから、痩せていい思いをしなくてはねっ!

下井さんより
だ、大丈夫ですか?????その華奢なお体の間接が痛くなるなんて・・・。つらそうですね・・・。お大事に!

★あぁ〜大きな誤解です。華奢ではないんですよ。本当です。もう取れそうにない脂肪とでもいいましょうか。そいつがねぇ、あっちこっちに…

Fさんより
ふたりの子供がいっぺんにしんどくなると、ママのしんどさは、2倍じゃなくて2乗ですものね。そのときのしんどさも、あとから来るしんどさも。

★あぁ、どーしましょう。今、頭が回らないからか、それとも元々なのか、2倍と2乗がどう違うのかわからなくなってきました……重症です…

Sさんより
我が家も10年位前かな。二番目の子がマイコプラズマ肺炎で15日間入院し、退院して保育園に行った日から、上の子が同じく肺炎になりました。こちらは何とか自宅療養ですみましたが・・・

★それが一番やっかいです。娘1もこれからマイコプラズマになる可能性大ですね。あ〜運動会が…。それより、私という可能性もあったりして…?

Tさんより
星子さんの日記が読めないのはつまらないけど、あんまりしんどい日は、お休みしたらいかがでしょう。まさか、皆勤賞などという物はないでしょう?

★皆勤賞、ないです、ないです! 全くありません!

Yさんより
しかし・・・、どこまでも笑かしてくれる娘さん。そして、ネタだけは外さない星子様に座布団10枚!! その芸人魂に参りました!ぜひとも、弟子にして下さい!!(笑)

★たぶん私も娘も、笑わそう…と思っているのではなく、たぶんこれが真実で、たぶんこれがそのままだと……


なんだかご心配ばかりかけてしまいました。ごめんなさい。

皆様、ありがとうございました。


今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/29

きゅ〜ん

娘1は明日から幼稚園に復帰できそうです。
娘2も、結構元気です。

ママが一番お熱が高い……ということに
やっと気づいてくれた娘1、
薬箱から「はい、これ、飲みなさい!」と
お薬を持ってきてくれました。
優しい……
あぁ、でも、タケダ漢方便秘薬は、今、飲みたくありません…

節々どころか体中が痛くて、
それがきゅ〜んと痛くて、
体中が初恋しているみたい。
あぁ、切ないわ……

ごめんなさい。
もうオシマイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

はらひれはれほれ〜〜

やっぱり娘2はマイコプラズマ肺炎だそうです。
どっちにしろ、もうだいぶ元気なので、もうどっちでもいいです。
ただ、しばらく幼稚園はお休み。
娘1? 
風邪で枯れたハスキーボイスが最高♥です。
ビビっときます。

ダンナさんは今頃になって
「マイコプラズマ肺炎って、大人にもうつるの?」なんて言ってます。
うつりますよ。別に子供特有の病気じゃないんですから。
「どーしよう……うつったら……」……。
うつった時はうつった時。腹、くくれっ!

私が娘2と熱烈なチューをしているのを見て、
「お、お前、うつるっ! や、やめろっ!」
もう一週間、看病しているんですよ。
顔面でゴホゴホ咳もされてるんですよ。
もう今さら…ですって。

今一番調子悪いのは私かもしれません。
体に力が入りません……
風邪薬を飲んでも、頭がガンガン痛みます。
たいして熱はないのに、体の節々が痛い。
どんな風に痛いのかと言えば“ぶしぶし”痛い……
はらひれはれほれ〜〜と倒れそうです。

少し横になると「起きなさいっ!」と叩き起こす娘たちの前で、
倒れる大芝居をしてみました。
「ママ、しんどいの〜。」と言わんばかりに。
「シャチが水の中に落ちるマネ?」……
と聞かれました。
私の芝居の腕も……落ちたもんです……
芸は身を、決して助けません。

食欲もありません。
コロッケも、ダンナさんが作ってくれた“ふわふわオムレツ”も
ほとんど食べれませんでした。
でも今“まるごとバナナ”を一人で一気に完食しました。
どーして“まるごとバナナ”はこんなにおいしいのでしょう。
完食できる自分は、本当に具合が悪いのか?
いえ、本当に悪いんです。

あぁ、だからごめんなさい。
これにてオシマイ。
(結局、長話してますか?私…)

あっ……宣伝はしなくちゃ。
どんな時でも、これは大切よね。

本日発売の「Yahoo! Internet Guide」11月号の
「Best Web Guide」のコーナーにて
サイトの紹介&コラムを書きました。
タイトルは【宝塚歌劇をも〜っと知りたい】。

立ち読みして下さる方、P186、187です。
“いやな”。
そう覚えておけば、本屋さんでささっと開けられるでしょう。
あっ、表紙は深田恭子ちゃんです。

それではおやすみなさい。



<ご感想コーナー>

Kさんより
小さい子供の行動には、不思議が多いですよね。2歳半になる姪っこも、よくスタスタニタニタしています。何がおかしいのか、面白いのか玄関からリビングのガラス窓まで、いつまででも往復しています。

★「何がおかしいの?」ということをやり、そして笑っていますよね。姉妹で大笑いしていると、なんだか仲間はずれにされた気分で、すごく悔しい!

Yさんより
ところで、も〜〜〜!!! 何でそんなに面白いんですかっ!!!!! 絶対、”ドキュメント〜桜木家の日常〜”を見てみたい〜〜〜!!

★我が家が面白いことは断言できそうです。ただ、うるさい、忙しい、危険。それも断言できます。

Mさんより
私も星子さんの姿がみたい!「厳選サイト〜」探してみたけどなかったもん。最近の姿みせて〜。

★謎の女と呼んで。……って、こんなに私生活を細かく話していたら無理ですよね。

Kさんより
私自身が小さかった頃、風邪など引いて、少し長く床に伏せった後は、身体が軽く感じ、背が伸びて天井が近づいたように思えたものです。それでトイレに立ったついでにスタスタニヤニヤしていましたよ。

★「身体が軽く感じ、背が伸びて天井が近づいたように思えた…」……なんだかとても素敵な表現! わかります。体の毒素が抜け出たような軽い気持ちになれる。生まれ変わったワタシ! 私はね、風邪で寝込むとなぜか太る。なぜなんでしょう。

Pさんより
ここのところ忙しく星子さんの日記をまとめて読まさせていただきました。そっかー、星子さんは宝塚ファンのガイドさんだったのですね(笑)「楽しい育児」とか「子供と楽しくつきあう方法」(勝手に作るな)方面のガイドさんかと・・・。ゴメンナサイ!

★気づいてくださってありがとうございます。そうなんです。私は「宝塚ファン」ガイドなんです。でも「子供と同じ精神年齢になりバカバカしく過ごす」サイトガイドなんてゆーのもいいかもしれません。そっちの方が合っているかも。

Yさんより
……次女はますます強くなって行くのです。今もすでに、姉に向かって凄んでいます。(ヤクザ風)どうか、星子さん...そうならないように優しく、暖かくしてあげてくださいね。妹が強すぎると、姉が不憫でなりません。

★今日も娘1は妹に泣かされました。娘1が娘2を突き飛ばし、仕返しに背中を噛まれたらしい。現場を見ていないのと、ケンカの発端がわからないので、どちらかを怒ることはできませんが、娘1の背中を見て言いました。「この肉、なんとかしよう。」

浅川さんより
星子さん!だいじょうぶですか???

★大丈夫です! 浅川さんの方こそお大事に。

皆様、ありがとうございました。

今日のピックアップ: Yahoo! Internet Guide

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/28

ひたすらスタスタニタニタ

娘1の熱は下がり、娘2の咳もおさまってきたような……
なんだかいい調子です。
素人判断はいけませんが、マイコプラズマ肺炎ではなく、
風邪のような気がしてきました。

……よかった……
そう胸をなでなでしている私に、ダンナさんはこうおっしゃいました。
「マイコプラズマ肺炎の薬に変えたから、咳がおさまってきたんだろ?
 じゃ、マイコプラズマ肺炎だな。」
………そーゆう考え方もあるでしょーが、
ここは素直に喜びましょうよぉ!

今朝、布団の中で娘1が苦しみました。
「ママぁ……こ、声が出ない……出ない……た、助けて……」
と、目を大きく見開き、腕を差し出し、
出ない声を振り絞り訴えるのです。
「風邪だからさぁー、しょーがないの。」
そう言うしかありません。
それでもしつこく「ママぁ……た、助けて……」……
普通のお母さんは「かわいそう…」と思うでしょうが、
私は大笑いしました。
毎日見たいです。

少しすると、もうほとんど普段の声に戻っています。
うるさい。しゃべりすぎ。
おまけに、また、わけのわかんないことを言ってます。
「ママ、大きな声でしゃべらないでくれる? アタシ、喉が痛いのっ!」
どーして私が大声で話すと、アナタの喉が痛むのでしょうか。

約一週間、ぐったりしていた娘2、急に元気になりました。
そうしたら、不思議な行動を……。
ひたすら家の中を、スタスタ歩くのです。
それもニタニタしながら。
ひたすらスタスタニタニタ……ひたすらスタスタニタニタ……

(あら、これ、早口言葉にいいですねぇ。
 どうぞ、ごいっしょに。
 ひたすらスタス…………)

リビングからキッキンを抜け、奥の部屋まで。
狭いですから、すぐに終点。
そこで折り返し、またひたすらスタスタニタニタ……。

ずっと寝ていて、体、なまっちゃったから、鍛えているのかな…。
ちっこいですから邪魔にもならないのですが、
その、ひたすらスタスタニタニタが視界に入り、気になってしかたありません。
い、いつまで歩き続けるのだろう…
ギネスに挑戦か…?

気持ちを分かち合おう。
そう思って、私も娘2の後をひたすらスタスタニタニタやってみました。
何往復かひたすらスタスタニタニタしてみて……
気持ちは分かち合えませんでした。

大人になるって……悲しいわね……



<ご感想コーナー>

Fさんより
ちなみに私はふたりめ妊娠中の主婦です。ひとりめはもうすぐ1歳半。星子さんちの様子を読みながら、うちも何年かするとこんなになるのかなぁと思ってます。

★まぁ。我が家と同じパターンですね。お腹から出てきた頃、上が一番ややこしい時期というか…。なんて嚇かしてはいけませんね。年が近いと、兄弟にとっては楽しいようですよ。ママ、頑張ってっ!

Yさんより
私も何だかヤバイです。でもでも!カゼをひいているバヤイではないのです〜!! 明日は宙組の東京公演(初日!)を見に行くのです〜!!母乳なんだけど…飲んじゃおうかな・・・カゼ薬・・・。

★えぇっ? いいの? 「母乳あげてます!」と言ってお医者さんにもらった風邪薬? 

こみやまさんより
ああ、桜木さん大変ですね。元気なのがケンカしてるだけでも疲れるのに、病気のふたりがケンカしてるなんて想像しただけで、とほほ〜って感じです。どうか桜木さんが倒れませんように・・・

★ご心配ありがとうございます。なんだか大丈夫な感じです。男の中の男・こみやまさんこそ気を付けて。だってとっても忙しそうなんですもの。

Yさんより
そうだ、そうだ!!男は甘えている!! 私が熱を出すと(めったに出しません)「ママは精神的に弱いから〜」と・・・「精神的に弱い人」に言われたくないですね。

★わかる! すぐに自分のことを棚に上げるのです。以前「お前は文章の読解力がない!」と言われた時は腹が立ちましたっ! 「この漢字、何て読むの〜?」としょっちゅう聞く人に言われたくありません! 読解力以前の問題だっ!

浅川さんより
パパ・・・あの物体はどーしてわがままなんでしょう。我が家も「俺のときはなんもしねーよな」と必ずいいます。夜中でも明け方でもへっちゃらで人を起こしてあれやこれやと用事をいいつけるのに!

★これもわかるっ! つい先日ブチキレました。ダンナさんより私は先に寝ていたのですが、私を揺り起こして「俺の掛け布団は?」と。暗かったので見えなかったらしいのですが、探せ! ちゃんと目の前にある! 起こされた私はしばらく眠れませんでした。で、奴はイビキかいて寝始めた。

Mさんより
わたしも過去のできごとを思い出して腹が立ってきました。苦しんでいる子供のそばで少女漫画を読む、ゲームにふける、酒をのむ、マージャンにゆく、毎年一人でヨーロッパへ1ヶ月もバイクでツーリングしてくる、もう帰ってくるなって言いたくなります。うちの夫はなんていい人と思えてきたでしょ!

★う、うん……思えます! 今すごく幸せな気分です……

Tさんより
こどもが次々と順番に具合が悪くなると、気が滅入りますよね。よくわかります。二人を連れてのスーパーでの姿は、想像できますよ。ところで、☆子さんは車は運転しないのですか?

★免許、持っていないのです。祖母の遺言なのです。車の運転はするな!と。本当です。それに私は自転車すらまともに運転できないので、車は……ヤバイです。

Wさんより
下井さんのプロフィールを見て驚いたのですが、私も「動いてる星子さん」が見てみたい!ぜひやってくださいよぅ〜。私、皆さんのように昔(失礼。)の「おとめ」などを持っていないものですから、左上で笑っている小さな写真の星子さんしか拝見したことがないのです。お願いしまっす!

★動きたくないです……話したりするのも苦手です。本当ですってばぁ! 先月発売された「厳選サイトわしづかみ」の巻頭ページに、最近の写真が載ってます。ちょっと笑えます。イッちゃってる人みたいで。あと、月組さんの大劇場のロビーでおもしろいものを見つけました。大浦みずきさん主演の「オクラホマ!」のパネル。私も写っていました。「これ、アタシ!」とここで言ったらどーなるだろう…と一瞬思いましたが、「変な人……」と逃げられたら悲しいのでやめました。

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/27

あぁ……ふぅ……

娘2の具合がよくなりません。
熱がちょっと長引くのと、妙な咳が始まったので、
もしかしたらマイコプラズマ肺炎の疑いあり。
くぅ――――
もしそうなら、この咳で苦しい状態はしばらく続きます。
幼稚園もしばらく無理でしょうね。
初めての運動会も無理かも。
入院……? それだけは避けたい〜
たぶん大丈夫だと信じることにしましょう。

あぁ、そんな時にこの人ったら。
娘1までもが昨夜から発熱。
やな予感です。
ひょっとしたらひょっとすると、仲良く同じでしょうか。
今さら別々の部屋で寝かせても、もう遅いです……

まだなんとか元気な娘1の手を取り、娘2はおんぶして、
お医者さんに行くのでさえ一苦労です。
その状態でスーパーにまで寄りました。
私は決して若くない。
この家で一番のお年寄りなのに。

ま、好きで病気になるわけではないし、
一番ツライのは本人なので、私はひたすら看病しましょう。
だけどだ。アナタたちに言いたい。
病人なら病人らしく、もうちょっとおとなしくと言うか、
……ケンカはやめてくれぇ〜!
平和にいこうよ……

昨夜までは自分だけが具合が悪かった娘2。
みんなが優しくしてくれて、ママに思いっきり甘えられ……
ところが娘1という強力で誰よりも強靭なライバル出現!
ママの愛を独り占めできなくなった。
だから、ぐずる、ごねる、すぐ泣く……
泣くからよけい、咳が出る……

熱が出て、これで思いっきり甘えられると思った娘1。
昨夜までは妹にも優しくしてあげたし、今度は自分の番のはずなのに、
妹は優しくしてくれるどころか、相変わらずママに甘えている。
ママの愛はどうやら二分の一と感じ、
すねる、ぐれる、こんな家、出て行くと言い出す……
おとなしくしていないから、下がった熱もすぐ上がる……

醜い争いが始まる。
テレビのチャンネル奪い合い、ママのお膝の取り合い、抱っこの順番争い。
妹は姉に「あっち、行ってぇ〜!」と泣き、
姉は妹に「その咳、なんとかしてよ。うるさくてテレビが聞こえないっ!」と、
無理な注文を出す。
こんな時でも楽しく過ごそうと、ママがおもしろ〜い話をすると、
「そーゆうこと言われると、頭、クラクラして腹が立つ!」なんて言うし。
ママは悲しいし。

いい加減にしろ〜〜! と、言いたい気持ちを押さえ、
「ママはね、しんどい人には誰にでも優しくするんだよ。」
と、一人ずつ抱っこして話していたら、
こんな時に、壁にカナヅチを打ち付けている(わら人形ではありません)
夫がぼそっと言いました。

「俺は……優しくしてもらわなかった……」

ちょっと聞きましたぁ?!
アナタが病気の時、私はずいぶん優しくしたじゃないですか!
枕元には飲物を必ず運び、氷枕を替え、おかゆやうどんを作り、
汗をかいているからと着替えの心配をし、医者に行けと催促をし……

じゃあ、ナンデスカ?
今後アナタが風邪でもひいた時は、
「さぁ〜お着替えしましょうねぇ〜」と、私が着替えさせればいいのですかぁ?
お医者さんまでおんぶしてゆけばいいのですかぁ?
ふざけんなっ!

病気になっても優しくしてもらえないのは、
誰よりも、この私じゃないですか!

で……私までやな予感。
微熱と咳が……



<ご感想コーナー>

◆Yさんより
ダンナ様のネタ、ぜひとも公開してください。載せちゃえばこっちのもんですよ!!
言い訳は、そうですね〜。「あなたのファンがいるのよ」とでも言っておいてください(爆)

★怒らせたら怖いんですよ〜。本当に怖いの。周りは「優しそうな人」とか言うのに。何とかして欲しいです。

◆Tさんより
「子供に贈りたい逸品」さっそく感想を書かせていただきましたぁ。っで星子さん、お願いです。All Aboutの偉い方に頼んでください。年齢の欄。45歳以上で括られると、
ちょっと淋しい〜。

★All Aboutの偉い方、この日記、読んでいただいていますかぁ? こんなご意見が出ております。ホント! 45歳までは細かく区切ってあるのに、45歳以上は一まとめですねぇ。これは確かに悲しいかも。

◆Fさんより
うちの長男も「小鳥さん」を「とこりさん」、「ザルツブルグ」を「ざぶつぐるぐる」と言ってました。次男は、K、Gの音が全部T、Dになったので、「学校」は「だっとう」、「ピンク」は「ぴんちゅ」でした。

★かわいい! でも、小さい子供がザルツブルグと言ってしまう環境って、なんだかスゴイ! 

◆Kさんより
「メアリーポピンズ」、私も大好きです。本も映画も、素敵ですよね。私は片付けが超苦手なので、一瞬で部屋が片付く魔法にあこがれていました。あと「2ペンス」の歌はすごくしみじみしてちょっと泣けます。

★「2ペンス」の歌、いいですね。作者が言いたかったテーマって、これかもしれないですね。お金の価値とか、お金で幸せは買えないとか…。

◆Dさんより
私の弟は:扇風機→ふうせんこ。ボクシング→ボシグングン。蚊に刺された→かにに刺された(実は私)。血が出た→血がが出た。(これも私^^;)

★違っていても小さな子供って一生懸命話すんですよね。それがたまらなくかわいい。私も「血がが…」って言っていました!

◆Nさんより 
とっても面白いものを見つけました。私も懲りずに星子さんにお教えします(笑)
http://omaru.cside.tv/pc/meat.html(あなたの肉の値段鑑定します。)

★「あなたの肉の値段」は「バーゲン用バラ肉クラス100グラムあたり89円。あなたまるごとで41830円です。」「肉汁は乏しく、肉の匂いもやや臭いです。」って! 臭いってぇ!


今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/26

娘の「おふくろ」

「ねぇ、ママぁ! あたし、おふくろ見つけたよぉ!」
娘1が、だから早くこっちに来てぇ〜と叫びました。

そうかそうか、“おふくろ”を見つけたか。
キミはマルコだね。それともハッチかい?
よかったね。おふくろに巡り会えて……
でも……ならこの私は何なのですか?

「ほら、ここ! おふくろ!」
………それは……ほくろ。
もとい、かさぶた。

小さな子供のこうした言葉の間違いって、かわいいもんです。
「ごちそうさまでした」を二人とも、2才ぐらいまでこう言ってました。

娘2は「ごこでした」
そんなに短くしなくとも……
でもなんとな〜く通じます。

娘1は「ごさまかた」
わけ、わかんないってばぁ!
“か”の存在はなんなのよぉ〜!

間違っているから直せばいいんだけど、
それはそれでかわいいから、直しもしない母親。

そう。子供はかわいい。
大人のオジサンだとかわいくない。

で……いくつかご紹介しようと思いましたが、、
後で絶対怒られると思ったので、了解を得ることにしました。

妻「ねぇ、○○のことを●●って言ったこと、日記に書いていい?」
夫「だめ!」
妻「じゃあ、☆☆は?」
夫「だめっ!」
妻「じゃあ……」
夫「絶対にダメッ!」

つまらん。実につまらん。

夫「お前、そんなこと日記に書いておもしろいのかぁ?」

私は別におもしろくありませんよ。
「読者」がおもしろいんですよ。
書いたら絶対、お腹抱えて笑いますって。
なのにダメなのですか……?

読者のためなら、家族でさえ売るユダになるって、
初めっから言ってるじゃありませんか。
私なんて、すべてさらけ出していると言うのにさぁ。


<タワゴト短歌>

こんな妻持ってしまったのはアンタ腹をくくって諦めなさい




<ご感想コーナー>

◆Yさんより
絵麻緒ゆうさんと紺野まひるさん、さっぱりした退団だったようですね。劇団に思い残すことは無い!!といった感じなのでしょうか。星子様が退団した時は、どんなお気持ちだったのですか?

★ブンちゃんもまひるちゃんも、必死にこらえていたと思いますよ。淋しくて堪らなかったと思う。だからこそあんなに明るく振舞っていたのでしょう。誰でもそうです。私も家に帰って緑の袴を脱ぐまで泣かず、終始笑顔でいました。一度泣いちゃったら、もう止まらないとわかっていたから。

◆Mさんより
宝塚の生徒さんは人生の一番美しい時期を宝塚にささげていると言っても過言ではないと思いますね。だからこそ劇団側には生徒に対する真の気使いや愛情が求められているのではないでしょうか。

★そうですよね。み〜んな頑張っているのです。そしてそれはどこの社会でも同じでしょうね。そこにいるすべての人の真の気持ちを理解できなければ、上に立つ資格はないでしょう。独裁者でもない限り。

◆Hさんより
http://www.maruha.co.jp/uranai/index.html
占いのお話ですが、↑の占い、ちょっとかわいい系ですが、よく当たってると思います。

★ありがとうございます!「ミジンコ」でしたぁ! 性格は「縁の下の力持ち」ですって。「あなたの優しい気持ちがみんなをいい気持ちにさせます。」って。あぁ〜例え占いでも、なんだかシアワセになってきました〜

◆Jさんより
さっき、スカイステージでぶんチャン達の退団の様子を見ました。とっても明るく楽しい、ほのぼのとしたさよならでした。いつもなら、見ることができないけれど、csでみることができて感動しています。まさに今私は、スカイステージにどっぷりはまっています。

★スカイステージに入っている人たちは「入っててヨカッタァ〜」と思ったでしょうね。翌日にサヨナラの様子がわかるなんて、一番の魅力でしょうね。

◆Sさんより
成瀬こうきさんの紹介を読んだら、初舞台を見ていることに気づきました。そういえば星子さんの退団公演である「会議は踊る」も見ていました。最近は見ていませんが、折にふれて昔見た舞台の話題が出てくると懐かしくなります。

★私も懐かしくなります。宝塚ファンの方って、何十年(?)とファンをしていて下さるから、昔の話題もできるんですよね。



【For F】に記事を書きました。記事への感想コーナーもあります。
よろしければ、ご感想をお寄せ下さいませ。



今日のピックアップ: 【For F】子供へ贈りたい逸品

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/25

モー娘。ではごっちんが…宝塚ではブンちゃんが…

後藤真希さんがモーニング娘。を卒業されたそうですね。
昨日だったとは知りませんでした。

昨日(あーもう一昨日)は我らがトップスター、
雪組の絵麻緒ゆうさん……ブンちゃんが、音楽学校時代も含め、
18年の宝塚生活に幕を降ろした日でした。
後藤真希さんの年齢より、長い年月を宝塚で過ごしたわけですね。
娘役トップの紺野まひるさん、専科の成瀬こうきさんも
同じく退団されました。

ブンちゃんやまひるちゃんが、退団記者会見での記者からの
「退団したら、まず何をやってみたいですか…?」という質問に、
こんなことを答えていたのが印象的でした。

「時間を気にせず、眠ってみたい…」
「朝、起きて、何をしようかと考える日が楽しみ…」
「太陽の下で生活したい…」

わかるなぁ〜。めちゃくちゃわかるなぁ〜〜!
スターでも何でもなかった私でさえ、同じことを思ったもの。
毎日毎日、すでにすることが決まっていて、
その時間に合わせて日々、過ごして……
稽古場とか楽屋とか、いつも室内にいて、
夏になっても、化粧のノリが悪くなるから日焼けもできなくて……
普通の女の子が普通に楽しむこと、ほとんどしなかったものなぁ……

でも、舞台に立つ喜びがあるから我慢もできるわけで、
だけど時々、疲れすぎて笑いと涙が止まらなくなったり、
な〜〜にも気にせず、無茶したいっ!って思っちゃったり……

今もそんな思いで、生徒さんたちは頑張っているんだなぁ……

絵麻緒ゆうさんと紺野まひるさんは、タレント、女優さんとして、
これからも活動されるそうです。
この日記は、宝塚ファンではない方も(多少は)ご覧になって下さっていると
信じております。
二人の名前、覚えておいてくださいね!
お願いしますよ!
とってもナチュラルできれいで、かわいい女の子たちですから。

「絵麻緒ゆう」さんと「紺野まひる」さんをどうぞよろしく!

あら。今日の私は「宝塚ファン」ガイドみたいだわ。



<ご感想コーナー>

◆Yさんより
そして、とうとう私もやってしまいました。占い。何をやったかって? きまってるじゃぁございませんか! ズバリ『こんにゃくなみ』8,016円です! いいんですよ〜!Hなんかしなくても! 何しろ……

★『こんにゃくなみ』というのもあったのですね……。「何しろ…」の後は…ご紹介できません。すみれコード(私の日記にそんなもんあったのかい?)違反です。でもYさん、私もそんなもんでしたよ。ですよねぇ」〜

◆Mさんより
先生方も特に低学年の子の基本的な学力に関してはお家の方の協力に期待している部分があるようです。今年から週休2日になったからよけいそうですね。1・2年生の問題は、とにかく先生の話を集中して聞くことができないために理解できない、覚えられない、わっかんない〜。入学までに人の話を良く聞く態度を身に付けることの必要性がますます言われるようになるでしょうね。

★先輩ママとしての経験談、参考になりました。あぁ〜不安。「入学までに人の話を良く聞く態度を身に付けることの必要性」……。娘1、来春から小学生なんですが…

◆Mさんより
折角ですので、私の大学時代に遊んでいた占い、是非やってみてください。
■友里佐知子のA以上B未満 
http://www4.justnet.ne.jp/~sakkarin/yurisa/
■未来犯罪鑑定
http://www1.odn.ne.jp/blanc/law/kantei01/kantei01.html
■偽善者度診断
http://www002.upp.so-net.ne.jp/hit/gizen.html
■ドッペルゲンガー探偵局
http://omaru.cside.tv/pc/dopperu.html

★ありがとうございます! 一番気になった「偽善者度診断」をやってみました。35 % 。「実は面食いだ。」に「いいえ」をクリックした結果でしょう。他もやってみますね。ご報告します。

◆Sさんより
今日は頭に絆創膏をはった娘2も含め家族全員で京都に行ってきました。私の目的はただひとつ!エリザベート展です! 幼稚園の間になんとか行けると計算し、今週一人で行こうと思っていたのに、主人が「京都行こう!」と言い出し、それもお昼すぎてから…予定外の出費の多かったこと!! 

★こうゆうものは、一人に限りますよねぇ。夫子供がいるとゆっくり見れません。以前、くまのプーさん展に連れて行ったのですが、これも一人で行きたかったぐらい。文献を読むなんてとてもとても。

◆Tさんより
私も女子アナなみでした。なのに値段は5353円。ゴミゴミですよ〜。ゴミみたいなもんです、所詮私なんて…。理想の相手は「有楽町でカメラマンをしている、26歳の男性」だそうです。うふふ、上等!!!

★たかが占いと思っていても、何気に気になっちゃうもんですね。私も理想の相手は「有楽町でカメラマンをしている、26歳の男性」でしたよ! 有楽町…ってゆうところがいいですよねぇ。ジェンヌの入り出待ちを撮っている男性ファンだったりして……

◆Yさんより
新人公演の記事に付いて質問です。新人公演のご挨拶って本役さんが自分より下級生の場合ってどうなるんですか?娘役さんとかでそう言う事もあるんじゃないかなと思ったのですが。よかったら教えて下さいませ。

★「○○ちゃんの役、やらせてもらうの。よろしくお願いね〜」みたいな感じですね。あらたまって来られたら、かえって緊張しちゃいますからね。 



今日のピックアップ: 絵麻緒ゆうさん――退団

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/23

病人VSむちゃくちゃな女の仲裁

連休だけどダンナさんは仕事だし、
今日は女の子3人(私も含む)で近くの川に遊びに行こうと思っていました。
お弁当を持って。

ところが、娘2が昨日夜中から熱を出しました。
午前中、喘息の定期検診に行った時は大丈夫だったのに……
うちのお嬢さん方は、なぜか決まってお医者さんが休みの日に具合が悪くなるのです。
明日も祝日だし。
今のところ熱と鼻水なので、風邪でしょう。

39℃を越えたので、水分!水分!と思い、
「ポカリスウェット飲む?」と聞いても
「いらない……」
「お茶にする? お水がいい?」
「いらない……」

「じゃあ、アタシのオッパイ飲む?」と、
Tシャツをめくりブツを差し出したのは……
私ではなく……もちろんあの女、娘1でした。

赤い顔をしてぐったりしていたのに、娘1のその言葉にはクスクスと笑い、
こんなオバカな姉でも、妹には愛しい存在なんだなぁ〜と、
坐薬と氷枕を両手に抱えていた私も、一瞬和みました。

一瞬でした。
妹が病気の時は、もう少し優しくしてあげて下さいよ。
病人の上をまたぐとか、病人の足を踏んづけるとか、
病人の布団を取り上げて自分が昼寝をしようとするとか、
病人の足の裏にオモチャのハンコを押すとか、
病人のために作ったおかゆを食べようとするとか、
病人にあげた飴を食べるとか、
病人が寝ている枕元で、運動会のお遊戯の練習をするとか、
………そーゆうことはやめて下さい。

明日も私は、病人の看病と言うより、
病人VSむちゃくちゃな女の仲裁に入り、頭が疲れることでしょう。


さて――こみやまさんはワタクシに「H占い」をさせたいのですか?
清く正しく美しくをモットーに育った、元タカラジェンヌのこのワタクシに。
そんなもん……できるわけ……あります。

結果。
こみやまさんと同じく「女子アナなみ」でございました。
ところが「星子さんのHをあえてお金に換算すると…ズバリ16414円です!」
結果は同じなのに、私のほうが1774円高い。
内心、ニヤッと笑ってしまった私は、何なのでしょうか。
しかし、浅川さんの方が高額なことには違いありません。

それにしても、2児の母親三人は何をしているのでしょうか。
ここに下井さんが加わっていたりしたら、読者の方もドキッとかしたことでしょうが。

私が一番気になるのは、占いの結果云々ではなく、
今までの「ラーメン占い」「ワイン占い」「妖怪占い」に比べて、
この「H占い」に関してのこみやまさんのコメントが、
長い……ことです。
それほどまでに力の入った占いだったとお見受けいたします。
貴女の人生にシアワセあれ。



<ご感想コーナー>

ゲイムマン(携帯ゲームガイド)さんより
長瀬愛さんの件ですが、AV女優のアイドルユニットの話を聞いたことがあったような気がしたので、調べてみました。AllAboutの「アダルトビデオ」チャネルにありましたが、minxというのがそもそも、AV女優4人のユニットだそうです。

★そ、そこまで調べて下さり、ありがとうございました。記事のURLまでお教え下さったので、ドッキドキでアクセスしたら、画像も出てこなくて一安心いたしました。本当にありがとう。

◆Nさんより
「電車でGo2」と「バイオハザード2」はPSのゲームです。バイオハザードは、グロテスク・ホラーゲームです。お子さんがいないときに、一人で電気を消して、一番旧作の「バイオハザード」をすると失神しますよ。

★ありがとうございます。うそ……失神するほど怖いのですか? グロテスクが付くのね? うぅ……どーしよう。

◆Tさんより
高価な耳掻きで思い出してしまったこと。茶道で使う茶杓って似てますよね。これを以前100万円で売ったことがあります。家元のお箱書き付きということでこのお値段。宗教団体も真っ青です。

★えぇっ! 羨ましい〜! ホント、価値観って人それぞれですものね。でも、そんなに高価なもの、売っちゃってよかったのですか? 代々の家宝にしなくてもよかったのかしら…?

◆Kさんより
いつも楽しく拝見しています。前髪については先日まで自分では「アンドレ」のつもりだったのですが、周りからはただの「ぼさぼさ」に見られてたらしい、、、ちょっと悲しくなりました。あの髪型って、、、難しいんですね

★あの髪型は、俗世間からちょっと離れた人向きかもしれませんね。山にこもって壷を作るとか。ならタカラジェンヌも俗世間からちょっと離れた人?

◆浅川ですぅ★さんより
耳かき・・・あたしも探しつづけて1週間! 先が丸い鉄みたいのしってますぅ? 王さまのアイデアで売ってるんだけど、それが好き!なのになくしちゃったぁ・・(涙)

★my耳掻きは、そんなに素敵なのではなく、生協で2本入りパックで買ったもの。だから見つからなくても諦めもつきますが、浅川さんのは探しましょう! オモチャ箱とかに入っているかもよ。

◆Yさんより
だいぶ前の日記の事で恐縮ですが、気になっていたので…今の小学校の夏休みの絵日記が数日分になっているのがお出かけの少ない子がかわいそうだから…というのは、小学校の先生がハッキリそう言ったのでしょうか? うちのようにフルタイムで仕事を持っている両親の場合子供の毎日の宿題を見てやることは本当に大変なので学校も各家庭の事情や、ゆとり(これ自体も賛否両論あると思いますが)を考えて、宿題の量が変わっていると言う考え方の方が一般的だと思いますが、如何なものでしょう。

★先生がハッキリ言ったかどうかはまでは聞いてはいません。差ができてしまうという理由で……と聞いただけです。Yさんのおっしゃる理由が正しいのかもしれませんね。推測で書いてしまい、ごめんなさい。

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/22

カリスマ閻魔大王は、今日も耳かきを探しています

耳かきはまだ見つからず。
そして誰も「前髪、切ったの?」と聞かず。
ちょっと淋しい中秋の名月。

こみやまさん
、ありがとう!
占い、しかも「妖怪」ときています。
見かけは私、座敷童子。でも中身は何でしょう?

『ゲゲゲの妖怪占い』

……できませんでした。
質問にわからない箇所があったのです。
「電車でゴー2とバイオハザード2 どっちが好き?」という質問。
電車でゴー2……バイオハザード2……これ、何ですか?
なので断念。

『妖怪占い』浅川さん、同じです〜!)

【カリスマ閻魔大王タイプ】

性格は積極的で押しが強いタイプ。
敵を作りやすい事もたしか。


確かに押しは強いです。
こう!と思ったら、ドスコイドスコイです。
敵も作りやすいかもしれませんねぇ。

<適職>
教祖さま 政治家 会社の社長 監督 旅館の女将


……こうなりゃ、教祖様になるしかありませんね。

何かモノを売り、お布施を集めましょう。
「この耳かきを使えば、世の雑念もきれいさっぱり流れ落ち、
 “真”が聞こえ、そなたを快楽の世界へといざなうであろう…」
快楽にいざなっちゃうなんて、どんな快楽なんでしょうね…
そんなこと、どーでもいいんです。

人々が耳かきを買うことに対し怪訝そうな顔をしたら、
意味不明な歌や踊りを突然始めましょう。
飛んだり跳ねたり、のた打ち回ったり……
白目をむいて倒れてみるのもいい手でしょう。

ここまでやると、普通人は逃げ出します。
逃げ出す勇気のなかった人、または、
腰を抜かして身動きできなかったお気の毒な人々は、
耳かきを1万円で買うはめになります。

耳かきには色んな種類があります。
木製、シルバー製、18金製、プラチナ製……
“教祖様のマスコット付き”もいいでしょう。
プラチナに、ちっこいダイヤと教祖様の名前が入ったものは、
300万は下らないでしょう。

はじめは木製から始まった信者さんたちですが、
高価なものを買うたびに、信者としてのランクも上がります。
このしくみは……当たり前ですね。

木製の耳かき、実は100円ショップで仕入れたものです。
ですからちょっと強く耳をほじると、ぽきんと折れます。
「あのぅ……折れちゃったんですけど……」
そんなことを言おうものなら、
「修行が足りない、お布施が足りない!」と
シルバー製を勧められます。

シルバー製、これはすぐに錆びてきます。
「あのぅ……錆びちゃったんですけど……」
……同じ事ですね。

18金製だって、スプーン曲げのように曲がってきます。
プラチナ製も、傷ができます。
際限はありません。

他には……
耳かきをしながら体を動かす「耳かき体操」のビデオ。
教祖様のハイレグ・レオタード姿を、
まばたきできないほど拝見できるわけですから、
3万円はします。

耳かきをしながら唱える「耳かき題目」のCD。
バックミュージック付です。
これも教祖様自らの声で録音し、カラオケも付いています。
これは2万にしときましょう。

「耳かき保険」も作りましょう。
保険料は月額5万円。
もし、鼓膜を破いてしまった場合は、医師の診断書を提出。
そうすると治療費として6万円もらえます。
もちろん掛け捨てです。

う〜ん……
やはり教祖様にはなれそうもありません。



<ご感想コーナー>

◆Kさんより
皆さん前髪にはいろいろエピソードがあるんですね。前髪といえば、私の年の離れた妹がまだ2歳くらいのころに、母にヘアカットされ、失敗して、前髪だけ超ベリーショートになった時、鏡を見て「きんたろーさんみたいだー!!」といって、30分手鏡を見ながら泣き叫んでいたことがありました。

★小さくても、女の子は傷つきますねぇ。娘2も2才の頃、自分で頭のてっぺんをハサミで切っちゃって「変になっちゃった……」と落ち込んでいました。「変じゃないよ。」とウソをつくのも大変です。

◆Mさんより
うちの元ジェンヌの叔母はショートカットが好き、で、私はちっちゃい頃からちょっと髪が伸びるとすぐに叔母につかまって切られてしまった。で叔母は今度は娘にしのびよってくる。娘だけは切らせてなるものか〜と妨害をしてきたが、とうとう叔母は「髪の毛10センチきったら2000円あげる」と誘惑してきた。で、娘小3は…ポニーテールにしたまま…自分で切った!それで2000円稼いだ。

★かっこいい〜!

◆Aさんより
ますは娘。前髪切りすぎるとかわいそうなので(眉毛がつながってる娘)ちょっとずつ躊躇して切ると何故か斜めに切れていく。だからこっちをきるとまた斜め。最後にはおでこ丸見えになって娘は泣くということになってました。次は主人。バリカンでザリッとおもいっきり地肌見えるくらいまでそり上げてしまったのです。あとはいうまでもなく夫婦げんかのはじまりとなったのです。

★ダンナさんの散髪までしてあげるの? 優しい〜。私は髪染め(白髪染めとも言う)と眉毛カットまでですねぇ。今度、やりたいなぁ……

◆Sさんより
「座敷童子」編についての感想ですが私もやった事があります。うちの嫁さんを…左、右と少しずつ切って行き何かバランスが悪いと思いながら進んでいくうちに「座敷童子」風になりました。それ以来嫁さんは絶対私に「髪をきって」とは言いません。

★あらまぁ。皆さん、仲良し夫婦なのですねぇ。あっ! ダンナさんの耳掃除はやりますよ。だって趣味だもん。

◆Hさんより
私の家は、よく爪切りがなくなりますよ(笑)

★これもよくなくなります。先日、数日間探しても見つからなかった赤ちゃん用の爪きりハサミ(娘はまだ、コレで爪を切っているので)、娘1の宝箱(私はゴミ箱と呼んでいます)の中から出てきました。あんなに「知らない?」って聞いたのに。

◆Mさんより
星子さんちは運動会いつですか? もうおわった? 娘2ちゃんは元気ですか? お嬢ちゃん達の運動会の様子もききたいな。

★娘2、時々ぜーぜーしますが元気です。運動会は来月の9日かな? 引っ込み思案の娘2がねぇ、お遊戯が嫌らしくって…。娘1はバリバリ張り切っているのですが。姉妹でもこんなに性格が違うんですね。

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/21

探しています

「今、どーしてもこれが欲しい!」のに、
見つからない時って、めちゃくちゃイライラしませんか?
私、昼間っから探しつづけているんです。
愛を……夢を……
いえ、違います。耳かきです。

もう夜中の1時過ぎです。
まだ見つかりません。
このままでは眠れません。
ご存知の方、いらっしゃいませんか…?

……いらっしゃらないようなので、
一人でもっと真剣に探します。

だから、さようなら。
おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/20

★座敷童子への反応

ちょいと聞いておくんなせいっ!
昨夜私は前髪を切り、座敷童子になりましたよね?
なのに、誰も気づいてくれないんです。
誰一人として「前髪、切ったの?」と言ってくれないんです。
朝が過ぎ昼が過ぎ、そして夜も更け、
御三方はすでに寝てしまいました。

ワタシ、困っちゃいます。
御三方が何と言うか……
それを今日の日記のネタにしようと目論んでいたのですから。
いえ、別に、ネタのために座敷童子になったのではなく、
なりたくてなったのでもなく、
あらら、なっちゃった……だけなのですが、
こう、誰も何とも言わないと、調子狂っちゃいます。

前髪カットに対しての皆様の反応も、非常にいいと言うのに。
ただ、
「私も『ローマの休日』を見て、アン王女のように切ってしまいましたぁ〜
 それはまるで、鳳啓介のようでしたぁ〜!」
といった浅はかな方はいらっしゃいませんでしたが。

ダンナさんは……おそらく気づいています。
気づいているけれど
「何も言っちゃなんねーぞー。口が裂けても言わねーぞー。」と、
“王様の耳はロバの耳”方式で我慢しているものと思われます。

あの方、ウソがつけないんです。だから、
「何? その前髪…。変…」なんてぽろっと言っちゃうと、
自分でわかっているのです。
言ったら最後。
「前髪が少しぐらい短いのと、前髪がアガリハジメテいるのと、
 どっちがマシよー!!」と、
ボロクソに返されることを、恐れているのです。
だから、何も言わない。

娘2は……ぼ――――――――っとしているお方なので、
本当に気づいていないものと思われます。

娘1……これが不思議です。
あんなに目ざとくて、人の心の痛みなぞ何とも思っていない彼女が
なぜ何も言わないのでしょうか…?
わざわざ、ストレートに振ってもみました。
「ねぇ、やっぱり前髪、切ろうよ…」と。
しっかり彼女を見つめながら。
でも、気づきません。

あぁ〜〜〜今日の日記、何を書こう…と悩んでいた私に
天使が微笑みました。
娘1という名の天使が。

「ねぇママ、ママのオッパイって、潰れたゼリーみたいだね。」

………ありがとよ。


<タワゴト短歌>

ゼラチンが年をとるたび減ってゆく昔は私もプルルンゼリー




<ご感想コーナー>

◆Kさんより
一度、10年位前にいわゆる「ベリーショート」にしたことがありました。すごく頭が軽くてシャンプーも楽で良かったんですが、確か1月か2月頃だったので、テキメン頭から風邪を引いてしまいました(今笑ってるねきっと)。星子さん、衝動的にショートにしたくなってもせめてあと8ヶ月くらいは我慢してくださいね。

★ご忠告ありがとうございます。大丈夫。ベリーショートにだけは絶対しません。頭がデカイ&絶壁なので。

◆Yさんより
やっぱりいいですねぇ〜女の子は。私、自分の子供(もち♀)の髪を毎朝結ってあげるの、夢だったんです〜!!だって、男の子は乱暴だし、口は悪いし、痛いし(同じ事をされても男は痛い)ゴツゴツしてるし・・・

★娘1を3日お貸ししましょうか? おそらくYさんは1日で「お返しします。」と言うでしょう。男の子3人育てた叔母が「3人合わせたよりも、娘1一人の方が大変だ…」と言ったぐらいです。

◆Wさんより
稚園の入園式2日前に初めて床屋さんに連れて行きました。翌日、娘たちは自分たちで「床屋さん」をしていました。揃えたばかりの髪は無残にもジョキジョキに切られ……
桜木さんちも冒険心にあふれたオコサマたちとお見受けしますので、どうか我が家のようなことになりませんよう。

★ご心配ありがとうございます。が、そのようなことはすでに何度もやっております。私もやられました。

あさかわですぅ☆さんより
うちも紙切りハサミですよ〜〜〜髪用なんて高級?なもんないですぅ〜(笑) チビタ…あたしの餌食によくなります。短くしようとして…ばっさりいきすぎて、じゃ〜「ウドちゃんに♪」と思って出来た頭は……【どんぐり】でした。

★娘2は現在【きのこ】なんです。いっそのこと【どんぐり】に…? いえ、ここが我慢のしどころでしょう。

◆Hさんより
私は小さい頃、髪を切るのが大嫌いでした。その理由は、父が切ると、なんか、すご〜〜く変な髪形になるんです。特に前髪! 前髪が眉毛の上に来るのがすっごくいやな私に、父は思いっきり眉毛のうえの位置に切り落とすし、それも「オンザ」のようなかわいらしいものでは決してありませんでした。(思い出したら、腹が立ってきた)

★まぁまぁ、気持ちを押さえて。昔(?)の女の子って、みんな鳳啓介ですよね。お父さんはその記憶が強いんでしょうね。決してHさんを鳳啓介にしたいのではなく……あら、私ったら、煽ってます?

◆Sさんより
私が髪を切って後悔したのは、中2の時でしたよ。背中の半ばまであった髪をショートにしたのですが、私のイメージではボーイッシュな感じだったのですけど、それは生活に疲れたおばさんカットでした…。

★えっ? 鳳啓介…じゃなかった、アン王女になったの? そうだとしても14才。28才の半分ですね。かわいいもんです。

◆Yさんより
下の娘が年長の時、私が毛抜きで眉毛を整えているのを見て、自分の眉抜きました。気づいた時は「まろ(麿)」状態。子供に眉を書いてやるのも...ねえ〜。んで、ほったらかしてましたけど。一通りみんなに会うまで大変でした。本人より、回りの反応の方がすごかった...。

★隠さなくちゃ! 眉を抜く、あのピンセットみたいなやつ。教えてくれてありがとうございます!

◆Mさんより
今日はイカと大根の煮物でした。で、また歌ってみました。「いか〜〜いかいか〜〜」あ、ダメ! やっぱりあじでないとのらないわ! 星子さん何の曲かわかりますか?

★わからない……。昨日といっしょ? もしそうなら、あじの方が似合うと思いますです。

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/18

★妖怪になりました

娘1の髪は肩より少し長い長さ。前髪は上げ、ゴムで結わえています。
ピカッと光ったオデコがチャームポイントです。

2才頃までは前髪を下ろし、ショートヘアーでした。
それがとても似合っていたと思う私は、
「前髪を切ろう!」と勧めてみました。
ところが返事は
「嫌だ……」
「何で? 前髪だけ切るんだよ。後ろはそのままでいいんだよ。」
「嫌だ……」
「どーして? 似合うって。ママが切ってあげる。」
「嫌だ……」
「切ろうよ〜ねぇ〜切ろうよ〜」
「だって切ったら、ママ、デコピンしにくくなるでしょ?」

………確かに。
オデコに髪の毛があったら、デコピンしにくくなります。
ぱこん〜と、いい音がしなくなります。
そこまで考えていてくれたとは。
うれしくて涙が出ます。

くれぐれも申しておきますが、これは虐待ではありません。
デコピンさせて〜と言うと、やってぇ〜とオデコを突き出します。
一度では双方とも満足できず、回を重ねるたびに、
私の中指の“跳ね”は強力になってゆくのですが、
娘1はきゃーきゃー笑っています。
やはり変です。私もですか?

前髪カットを却下され、それでも私の心は
「前髪を切ろう!」一色です。
どうにもこうにも収まりがつきません。

娘2は、先日ダンナさんに切ってもらったばかりだし、
まさかダンナさんの前髪を切るわけにはいきません。
残されたのは……私です。

で、ただ今、切ってしまいました。
家計節約のために、私はしょっちゅう自分で切りますが、
やはり今回も、何も考えないで切ってしまいました。
なんとか眉毛すれすれのラインですが、
これでは市松人形…いえ、座敷童子です。

横や後ろも手を加えようと思いましたが、何とか思い留まりました。
以前、背中まであった髪を、顎のラインまでのボブにしてしまった時、
周りから辛辣なお言葉を頂戴したことを思い出しましたので。
ですので今の私は、前髪は妙に揃っている座敷童子で、
横や後ろはバサバサに伸び放題の、まさにこれぞ妖怪です。

でも髪の毛はいつか伸びます。
それに、誰かに迷惑をかけているわけではありません。
おまけに座敷童子です。
前を向き、堂々と歩いてゆきます。

さて、少女の頃に、こんな経験をした女の子は多いのではないでしょうか…?

『ローマの休日』を見終わった後、
アン王女のようになりたいと、前髪を切った経験。
そして切り終わり、鏡の中の自分をじっくりと見て、
“私”はオードリーヘップバーンではなかった……と、
もう取り返しのつかない当たり前のことに初めて気づき嘆く……

……そんな経験も、私だけですか…?
それは決して少女ではなく、28歳の時でした。


<タワゴト短歌>

我が家には髪切り用のハサミはない使用したのは紙切りハサミ



<ご感想コーナー>

◆Mさんより
うちの昨晩のおかずは、あじの煮付け。喘息で学校休んでいる娘に手伝わせながらの下ごしらえ、あじのハラワタを出しながら思わず口ずさんでいた歌、星子さん笑わないで聞いてね。「あじ〜〜あじあじ〜〜あじ〜こそいのち〜〜・・・」

★いいねぇ〜楽しそうですねぇ〜。我が家も昨日、女の子3人(私も含む)でゼリーを作りました。インスタントの簡単にできるやつです。これだけでもう大変でした。床はべたべた。歌を歌うどころではなく「さ、触るなぁ〜!」と、怒鳴りっぱなしでした……

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/17

★ワタシはカリーちゃん!

一日中、ニュースに釘付けでした。
あまりにも重たいので、一人で思い考えます…。

こみやまさん浅川さんがやっていらした占い、
私もやってみました。
元々占いにそんなに興味はないんです。
“いいことだけ信じる”って人です。
で、結果は……

ラーメン占い

【カレーラーメン】――カリーちゃん

周りは私のことを、こう思っているそうです。
●あなたはカレーラーメンのように意外性たっぷりな人。
……いたって、平平凡凡な人間と思っているのですが……

●周りはあなたが次に何をするのか読めない。
……そうですか?

●あなたが普通にしていることに周りは驚いている。
……そう言われれば、そんな気が……

●よく天然ボケといわれるタイプ。
……うん! 言われる!

周りにこう思われていることに対し、私は……
「それがなぜだかあなたにはよくわかない。
 別にどうでもいいと思っている。人は人、自分は自分。」

なんだか当たっている気がしてきました。
しかし、これは違います。


「あなたは好奇心旺盛です。
 特に外国文化に興味がありよく旅行に行く。」
私は生まれてこのかた、この“大和の国”を出たことがありません!

ワイン占いその1

「サンジョヴェーゼの赤ワイン」

「性格」
●明るくていつも楽しくとっつきやすい。
●一瞬薄っぺらく見られがちだけど、実はなかなかに長熟で
 複雑な部分も持ち合わせている。
●ただその複雑な部分を人に見せるのが嫌いで、
 表面的には明るく楽しい部分を強調します。

やっぱり私は“道化師”だったぁ〜!

「適職」
●ミュージシャン
ミュージシャン? 
歌も歌っていたわけだから、ミュージシャンの仲間ですよね?
適職だったんだ……そうとは思えなかったけど…。


●芸人
「芸人」と聞くと、多くの方は“お笑い芸人”を思い浮かべるそうですが、
芸を披露する人はみんな芸人。まさに私は元芸人!
そして今は、お笑い芸人! 適職だぁ〜!


●ピッツァ職人
えぇっ……? 
ピザ生地を、天井に届けとばかり、回しながら放り上げる……
アレですね。♪オーソレミオ〜とか歌いながら。
“皿回し”にも似ている……?
やはり、芸人系かい?


ワイン占いその2

<気軽で実直な>フランスワイン<ロワール・赤>

あなた自身の才能は、決して低くない。
しかし、あなたはその事実から、自分自身の能力を過信している。
はっきり言えば自信過剰気味。
しかも、自覚があったり無かったりする。
やな女ってゆーことね……

そしてあなたは、あなたが思うよりもずっと「良識ある社会人」。
社会のルールを守り、秩序を正していこう。
よし! でも……
娘たちの秩序を正すことは、無理みたいです…



<タワゴト短歌>

“道化師”で“天然ボケ”で“ピッツァ職人”“自信過剰”でなんだかわからん



<ご感想コーナー>

◆Mさんより
私も今日ビデオを借りてきて、ERを見たところ。星子さんはNHKの「ER」ご覧になっていますか。私が見たのは医学生ルーシーが患者に殺されてしまう放送中止になった回でした。うーん、重い。ずっしりきました。

★「ER」は大好きで、初めからずっと見ていました。でも子供が病気で苦しむ、亡くなってゆくストーリーがつらくなって、最近は見ていません。小児科医の先生が好きだったんだけど…。色気があって…。

◆Pさんより
本日は朝から読みまして、おもわず長瀬愛さんのページを調べてしまいました。18禁でした。子供が見てなくてよかった。とおもいつつ開いただけで中は見ずにすぐ閉じてしまいました。自分の体(裸の)を堂々と人前に出せる若さは羨ましく思える40歳 女 でした。

★朝から……やはりそうでしたか。四方さん、じゃあ、minxとかいうメンバーからAVの世界へ転身したの? それとも先にAVなの? それとも別人?

◆Mさんより
ほんと、幼児ってオッパイ見つけるとよろこびますね〜。特に星子さん宅ではスキンシップをたっぷりとっているから、おじょうちゃま達嬉しいんでしょうね。うちも2年生くらいまで喜んでいたけど。…なつかしいです。

★変な(?)ことを言ったりするのが楽しいんでしょうね。ダンナさんは……イロイロと標的にあってます。言えません…

◆Tさんより
子供はなぜか、エッチな事が好きですね。ウチの8歳の息子は何故か私に『ママ、目つぶって』すると、自分も目をつぶってゆっくり顔を近づけてきます。そして、顔をすこし斜めに傾けてそっと口づけしてくるのです。

★いいじゃないですかー! 男の子なんだから、今のうち、今のうち! いいなぁ〜 そんなお若い方と、そんなドキドキなチュ−できて。

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/16

★長瀬愛さんをご存知ですか?

ビデオを返しに行こうとしたら、斜め前に住んでいる従兄弟に
「これ、ついでに返しておいて」と頼まれました。
ビデオのタイトル――『長瀬 愛3』。
長瀬 愛さんを私は存じ上げませんが、
たぶん……アレ系ですよね。
違うのでしょうか。
そうだとしても、返すぐらい、私は別に恥ずかしくありません。
だって、“この私”ですもの。

「動物のビデオが見たい!」とお嬢さん方がおっしゃるので、
私はあれやこれや探しておりました。
いっしょに探していたはずの娘1、
そぉ〜っと娘2にナイショ話をしています。
そしてこっそりと……私のそばから離れました。
まただ……

いつものことなので、どこに行ったかわかっています。
探しに……と言うより、お迎えに上がりました。
AVコーナーへ。

ここはね、(一応)18才未満立ち入り禁止区域。
ここまでチビだと、許されたりするもんなんでしょうかねぇ。

隅っこの方に二人でしゃがみこみ、くすくす笑いながら
パッケージを手にしています。
娘2「オッパイだぁ〜」
娘1「ほらほら、これ見てご覧。おへそも見えてるよ。」
そんなもん、ママにだってあります。
ママのじゃ、ダメなんですか?
ま、だいぶ違いますしね。

だいたい、他のお兄さんやオジサンにご迷惑です。
あんたたちがいたら「今日は○○ちゃんにしよっかなー」と、
ゆっくり探せないじゃないですか。
なので私も、長瀬愛さんがアレ系かどうか、確かめたい気持ちを、
ぐぐっと押さえました。

「ほら、行くぞ。」と、
振り返り振り返りしている未練たらたらの娘2人の手を引っ張り、
レジへ。

この一部始終を防犯用のモニターで、
お店のお兄さんは見ているのでしょうね。
いつもは何も感じませんが、今日はちょっと気まずいです。
『長瀬 愛3』を「どうもありがとう。」と返したところですから。
『ベートーベン』と『ネバーエンディングストーリー2』を借りたところで、
「子供向きの、いいビデオを選ぶお母さんだなぁ〜」とは、
決して思われないでしょう。
ま、いいですけど。

もう、誰にどう思われようといいんです。
今日はなんだか、投げやりです。
いえ、いつもでした。
もう、放っておいてください……



<ご感想コーナー>

◆Yさんより
ダンナも子供も寝静まった真夜中に、一人パソコンの前でしのび笑い&4分20秒ニヤつくワタシ…桜木様、そんなに私を虜にしてどうしようというのですか…もう、私はこの日記を読まないと眠れない「末期中毒患者」ですわ。

★そ、それほどでもないでしょう。と言うより、ウチの家族は、あまりいないタイプってとこでしょうか。

「笑えるサイト」福士雅人さんより
笑いのボタンがはずせない…。まるで火サスのタイトルですねぇ。というよりもホラーですかね? 古びた洋館に置かれていた一着のブラウス…。袖を通した途端に襲いかかる笑いの津波(TSUNAMI)迫り来る笑い死の予感…。もがけばもがくほど外せないボタン…。キャロラインはブラウスを脱げるのか…。笑いのボタンがはずせない…。

★スティーブン・キング……。では逆ご感想。読むのに3時間半もかかるFAXって、何10mあるのでしょうか。そんなFAXが来る方が、ホラーです。

◆Iさんより
たまにおもしろい事がある。

★摩訶不思議なご感想…。この日記が「たまにおもしろい」のなら、とってもうれしいです。

◆Yさんより
今日の日記を読んで「これってウチの事?」と思う程...びっくりです。子供相手にあやとりを得意げに披露する主人はいつしか「あやとり博士」と呼ばれ、しばしの間もてはやされておりました。今はそのブームも去り…ただのオッサン。

★ただのオッサンはかわいそうよ。きっとYさんの知らないことが、他にもあるかもしれませんよ。惚れ直しちゃうようなことが。

◆Iさんより
あやとり…私も同じ経験しました。小さい頃はあんなに遊んだのに今となってはまったくできなくてためしに夫に聞いたらいとも簡単にやってのけたのです!!子供達の尊敬の眼差し…悔しかったですね―

★やっぱり男性の方が器用なんですね。同じような方がいらして、なんだか安心しました。

◆Mさんより
星子さんのご主人様器用ですね〜。こるととことんやるタイプですね。沢山遊んであげてください。

★そっか…。器用なのもそうだけど、凝り性なのね。女性はすぐに飽きるから、忘れるのも早いのかもね。

◆Sさんより
星子さん、15日に観劇した後、カフェテラスのたこ焼き食べましたよ〜。しっかり、デジカメに撮ってきました。アツアツで美味しかったです。

★うそ……デジカメで撮ったぁ? キャー恥ずかしい〜!

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/15

★妻の知らない夫の一面

幼稚園で“あやとり”が流行っているらしい。
娘二人、家に帰ってからも糸でごしょごしょやっている。
でも基本の“山”さえ作れない。
娘2は、まだわからない様子。
娘1は……短気だから。

ママ、教えてぇ〜!と言われたけれど、“山”でギブアップ。
“ほうき”とか“橋”とか色々あったのに、何も覚えていない。
あやとりをしたのなんて、小学生の頃だしなぁ。

娘たちがあやとりの糸と格闘しているのを見て、
夫「ちょっと、貸して。」。
そこから先、私は口をポカンと開けて見入ってしまった。

ものすごいスピードで、さっさかさっさか、糸を操っている。

娘1「パパ、魔法みたい!」その通り。
娘1「ママは何にもできないんだよ。」そ、その通り。
娘1「女の子のくせにね。」それは関係ないっ!

羨望の目で見つめられ、奴は調子こいてきた。

夫「3連発、見せてやろうか? よ〜く見てろよ〜。
  ほら、ダイヤモンド、これ、滑り台、そしてゴム〜〜!」
――ここまで来ると、うざい。

夫「ほら、飛行機〜、ほら、橋〜」
――もういい。

夫「東京タワーとか、あったよな。忘れちゃったな。
  作り方、お前、ネットで調べろ。」
――自分でやれ。

………なんなの? この人……誰?

妻「ねぇ、いつ覚えたの?」
夫「小学校の時。」
――クラスメートの私は、その時何をしてたのだろう…

妻「で、大人になっても、一人であやとりしてたの?」
夫「まさか。」
――ほっ……

妻「何で覚えていられるわけ? 徳川将軍の初代と三代と五代と八代と
  十五代の名前、今まであんなに何度も教えたけど、覚えられないくせに…」
夫「体が覚えているから。」
――そっか……頭で覚えるものはダメなのね。

すでにもう、娘たちはあやとりには飽きてテレビを見始めたというのに、
夫「ちょっとお前も手伝え。」
台所の隅で夫婦の、二人あやとりが始まった。
人はこれを「何て仲の良い夫婦!」と思うかもしれないが、
そうではない。

「ほら、ここ! ここを上から取れ!」
「違うっ! もう一度初めからっ!」

ナゼ私はこんなことで怒られているのだろう。
ナゼ私は夕食の後片付けもしていないのに、こんなことをしているのだろう。
ナゼ……

一つだけわかったことは……
私はあまりにも、自分の夫を知らなさ過ぎた…

アノ人のことをもっと知りたい…
でも、怖い……


<タワゴト短歌>

あやとりが上手くて何の得になる?母の面目潰されひがむ



<ご感想コーナー>

◆Eさんより
ども、はじめまして。福士さんのジャー友のエテキチです。さて、――笑いのボタンがはずせない――。日記を読み終わって、まず思ったこと。「福士さん、日記のタイトルを変えましょう!」もう、ベストマッチング。あー、早く福士さんに交渉しよう、そうしよう。

★このご感想を読み終わって、まず思ったこと。ジャー友って何ですか? 一つの炊飯ジャーを囲みながら食べるほど、仲良しさんのお友達ってことですか? そう理解します。福士さんがもし欲しいというのなら、無料でこのキャッチコピー差し上げますが、彼は言わないだろうなぁ〜

◆Mさんより
朝夕めっきり秋ですね。さあこれから、運動会、バザー、合唱コンクール、文化祭と続きます。しかし、秋は喘息のシーズンでもあり、親にとっては気が抜けません。下のお譲ちゃまはいかがですか?うちは一番元気なのはやはり信楽焼きの狸でしょうか、続く3連休にまたバイクで旅行を計画していそいそしています。

★信楽焼きの狸=ダンナ様は楽しい人生を送られているのでね。うちのダンナさんはヒマなし、金なし…です…。そう、これから喘息シーズン。母娘とも、眠れぬ夜がやってきます。でも、浅川さんはあんなに頑張っている…何のこれしき!と思えます。

◆Aさんより
大劇場のたこ焼きのお話がでていたので、やって来ました。6月後半に大劇場に初めて行った際、早速たこ焼きを食べてきました。友人は明石焼き、私は普通のたこ焼き。結構お腹いっぱいになりますね。実物の写真は撮りませんでしたが、食べてる姿を友人が撮ってくれました。そのほうが恥ずかしい??

★どうやら私は、大劇場のたこ焼きの広告塔になってしまった気分です。食べている姿……これも相当恥ずかしいかも…。よくぞ勇気を出しましたっ!

◆Yさんより
す…すみません…。また登場してしまいました…。だって〜、娘さんたち、面白すぎますぅ〜!!!やっぱり、すんばらしいセンスの持ち主です!桜木親子は!!(←ん?)ダンナ様もいい味出してる気がするので、登場が増えるのを楽しみにしております♪

★……↑登場しちゃいました…。久々の主役、トップスターです。

◆Kさんより
いつも楽しく拝見しております。先日のテロに関する日記もとても共感しました。これからも星子さんの日記を楽しみにしています。

★ありがとうございます。こんなとんでもない家族…い、いえ、私ですが、どうぞよろしく!

◆Hさんより
「笑いのボタンがはずせない」、なかなかよい表現ですね。小さな子が話すことって、たま〜に大人が聞いていて新しい発見(というと、少し大げさかな)があるので結構侮れないですよね〜。あの頃のみずみずしい感覚に憧れを感じる私はやはり歳なのだろうか…(って、まだ20代前半ですけど/−−;)

★言葉でも、例えば絵でも、子供はみんな天才ですよね。大人のように考えないからかな。大きくなるにつれて、今の感性はなくなってしまうのでしょうね。それが悔しいなぁ〜

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/14

★笑いのボタン

――笑いのボタンがはずせない――

今朝、3才の娘2がそう言いました。
感動……
何と素晴らしい、キャッチコピーなんだろう……。

と、親馬鹿ぶりを発揮してしまいましたが、
たいしたことではありません。
この時、パジャマから洋服に着替えていたんですね。
で、娘1といっしょに、ふざけて笑い転げていたのです。
つまり、笑っていたから、ボタンがはずせない……
そう解釈するのが妥当。
でも親馬鹿に浸りたいもんです。

“娘2原語”を一番理解しているのは姉の娘1。
娘1に聞いてみました。

私 「ねぇ、笑いのボタンがはずせないって、どーゆう意味だと思う?」
娘1「そんなの決まってるじゃない。笑っていたから、ボタンがはずせない。
   ママ、そんなこともわからないのぉ?」

……ですよね。そうでしょうともそうでしょうとも。
やはりそうですよね。わかっていますとも。
だから最後の「そんなこともわからないのぉ?」は余計なんですよ。

それはそれでいいとして、とにかく私はこの、
「笑いのボタンがはずせない」というフレーズが非常に気に入りました。
ちょっと悔しいぐらいに。
語呂もいいんですよ。

「ロマンティックが止まらない」「そんなヒロシに騙されて」
「夏の終りのハーモニー」「酒は涙か溜息か」
「夜霧よ今夜も有難う」「笑いのボタンがはずせない」。

ほら、ね。いいじゃないの。
でも「笑いの」という言葉は、歌のタイトルには不向きですね。

ここを「明日の」とか「記憶の」とかに替えれば、
なんかイメージも湧いてきたり、
ベタだけど「コートの」なんかに替えれば、
「心のコートを脱いで、アナタにすべてをさらけ出す(または素肌になる)
 勇気が…まだ…出ないの…♥」(Byオニャン子)な感じになるし、
でも替える必要……べ、別にないし。

何かに使えないかしら……?と、さらに無駄なことを考えているうちに、
私は肝心なことを理解していないと気づきました。
このフレーズの意味。
「笑いのボタンがはずせない」とは、何を伝えたいのか……

ダンナさんに聞いてみました。
夫「笑うほどのことでもない……ってゆう感じかな…」

えっ? そうなの? 私としては
“笑い”=“おかしい”というボタンがかけられてしまうほど、
おかしくっておかしくって堪らない〜!
だ、誰かぁ〜このボタン、はずしてぇ〜!……な、
意味合いに取れるんですけれど。

で、こーゆう風に意見が分かれた場合、我が家では、
“私”の意見が通ることになっています。
(なら、聞く必要なかったですね。)

なので決定!!!

「笑いのボタンがはずせない」というフレーズは、
おかしくて大笑いしている状況を指すことにいたしましょう!
皆さん! 使って下さい!

ゆえに今日から、
「へそで茶を沸かす」ということわざは……
なくなります。


<タワゴト短歌>

へそで茶を沸かせば湯気が出るほどにおかしいらしいがその前ヤケド



<ご感想コーナー>

◆Yさんより
今日も暑かったのですが、コンビ二では、おでんはもちろん、中華まんも売っていますね。秋を通り越して、冬を感じてしまいます。

★そうなんです! 私もスーパーで肉まん、あんまん、中華まんを見つけ、あんまんを買ってしまいました。3個100円の。娘1が「これは……たまらなくマズイね…」とほざきましたが。

◆Sさんより
ひどかった

★……あぁ、どーしましょう。実はですね、各日記にご感想フォームが付いているのですが、全部まとめられてしまうので、どの日記に対してのご感想かがガイドにはわからないのです。同時多発テロへのお気持ちでしょうか。お返事ができなくてごめんなさい。

◆Sさんより
5月31日の日記に書かれている、大劇場ロビーのたこ焼き、食べてみようかと思ってます。

★私もあれから何度か食べていますが、実物の写真を撮る勇気が出ません…。あっ、ソースと、明石焼きの二種類がありますよ。ソースを選んだなら「マヨネーズはかけますか?」と聞かれますよ。セルフサービスだから、お茶も自分で汲むんですよ。開演45分前頃から、とっても込みますよ。

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/13

★カタちゃんになったのね…

ちょっと驚いたわよ〜!
スーパーではもう、おでんダネが売っているのです。
シチューのルーがやたら目立っているのは感じていたけれど、
もう、おでん?

もう一つ!
冷奴用のお豆腐が撤去され、鍋用、湯豆腐用のお豆腐に。
冷奴用のお豆腐を買いに行ったのに、ショックよ。

暦の上ではとっくに秋だけど、
カラダ(お腹?)はまだ夏を感じているんだし、
ゆっくり行きましょうや。

これも驚いたわよ〜!
あのタマちゃんが横浜の帷子川で発見?!
じゃもう、タマちゃんではなく、カタちゃんね。

タマちゃんもしくはカタちゃんが生きていた!
これはとってもうれしいこと。
だけど、海への道を忘れてしまったのかしら。
それはかわいそうね。
家族は探しているかもね。

それともタマちゃんもしくはカタちゃんは、
人間に「きゃ〜! タっマちゃ〜ん!」「かっわいい〜!」
なんて言われることに、快感を覚えたのかしら。


<ご感想コーナー>

この2日間にいただいたご感想をご紹介。
うれしいことに、私の日記ぐらいの長さの感想の方もいらっしゃり、
思いっきり割愛させていただきました。
ごめんなさい。

「笑えるサイト」福士雅人さんより
杖を振り回すお方についてですが、雨上がりには傘を振り回す人もいますよね。そういった公共広告機構で紹介されそうな方がいると、わざとどかずにぶち当たってみて、劇団ひまわりも真っ青な演技力で「痛い。。凄く痛い。。」と痛がってみます。そうすると大抵の方は嫌そうに謝って去っていきますが、何割かの確立で逆ギレなさる方もいます。そういった場合には「すみません。。視力があまり無いので…」と深々と謝ると、とても効果的です。

★劇団ひまわりも真っ青な演技力にはまぁまぁ自信があります。逆ギレされた後に深々と謝るのもできそうな気がします。ただ……相手は気づいてくれるでしょうか。私の嫌味に。

「防災」荒井健一さんより
毎日のつらい作業(眠いだけという噂も…。)の合間に、無くてはならない読み物となってしまい、いつのまにやら桜木さんの日記中毒者となってしまいました。毎日読まないと気が済まないんです。(RAJのスタッフには怒られるかも?もっと更新しろって…。)

★何よりのメッセージ、ありがとうございます。私もある意味、日記中毒になっている模様です。「日記を書かねばー!」。そして「記事やリンク集の更新は……?」と問うもう一人の私がいる。おそらく日記を書いているガイドさんはみんなそうかもね。宝塚ファンの妹さんにどーぞよろしく!

◆Mさんより
すっかりはまりまくった私。PC病ならぬ、桜木星子さん日記病です。どうしましょう。

★ようこそ! アリ地獄へ! 

◆Sさんより
私も以前元気そうな老人にかなりむかついた事がす。シルバーシートしか空いてなかったのですが、頭痛と吐き気がひどかったので、座りました。とある駅で元気そうに歩いてるおじいさんが乗ってきました。私の前につかつかと寄ってきて、高飛車に「若いんだからどけ!」と言われました。「頭痛と吐き気がひどいので座ってるのですけど!」と怒鳴りかえしたら、老人はぶつぶつ言いながら違う車両に行きました。私は間違ってませんよね?

★間違っていませんよ。勇気を出して、よく言い返しましたね。

「幼児教育」ガイドの岡本緑子さんより
親子の心がひとつにならないとできない遊び、親子の間だけにしか通じない遊び、そんな3人だけにしか味わえない楽しい遊びを毎日のようにしている娘1ちゃんと娘2ちゃんは、とっても幸せ者ですね。おかあさんが遊んであげているというスタイルではなく、おかあさんも一緒に心から楽んでいるところが、大きなポイントですよね。

★「幼児教育」ガイドの岡本さんに言っていただけると、とってもうれしい反面恥ずかしいです。あと数年もしたら、娘たちは母親とこんな遊びをしてくれなくなるでしょう。だから今のうち。自分の楽しみなんです。

◆Yさんより
11日の日記を読んで、おおき〜くうなづいてしまいました! 夕食を取ったレストランでの出来事。ものすごい勢いで老夫婦が「ドスン!」となだれ込んで来たのです! その上、食べ物が入っているトレーも一緒にテーブルに滑り込ませたものだから、老夫婦の目の前にあった私達のトレーが押しやられ、氷の入ったコップが倒れてテーブルが水浸し・・・。今思い出しても、あ〜気分わるっ!!

★Sさんのお話もそうですが「お年よりだから譲ってあげよう」と思うのはこちらの気持ちであって、決して「そうされて当たり前」ではないと私は思うんです。私は冷たいのかな。

◆Rさんより
テロから一年。私もある意味被害をうけたかもしれません。歩いていけるところにあの厚木基地があります。頭をつき抜けるような、重い頭痛を引き起こす大きな音の飛行機が朝早くから夜までしばらく飛んでいました。しばらくの間熟睡が出来ず、体調を崩してしまいました。

★つらかったでしょうね。怖かったことでしょう。こうした基地の近くに住んでいらっしゃる方は、こうした不安をこれからも感じなければならない。おかしいよ……

「京都」梅津真理さんより
手塚治虫さんのマンガに「アドルフに告ぐ」というのがあります。今こそ読んで欲しいようなマンガです。中に出てくる「戦争の時にふりかざす”正義”というのは、本当に正しいことをすることでなく、相手を威圧するためのお題目にすぎない」とか「戦争で傷ついても、偉い人たちは、逃げることができるが、一般庶民やケガ人はどうしたらよいのだろう?」というセリフが、印象に残っています。

★本当に。「次はイラクを……」とか言っちゃってるアノ人の画像を見て「第一線に入ってご覧!」と言いました。いつもそう。どこの世界でもそう。エライ人っていいわよねぇ〜

◆Mさんより
ここ数日、ニューヨークのテロの時の映像が目にはいります。訳もなく涙がでます。人の命のなんてはかない事でしょう。一昨日、主人の従兄が会社帰りバイクで自宅のすぐそばの交差点まできた時、19才の子が運転する信号無視の車に20メートルも飛ばされ対向車にぶつかり即死、こちらには何の非もないのに…。

★残されたご家族の、なんとつらいこと……。つらいですね……。ご主人の従兄様のご冥福をお祈り申し上げます。

◆Mさんより
1年経ったんですね、あのテロから…。私が遺族だったとしても,星子さんと同じ考えだと思います。あの場所は,永遠に今のままで会ってほしい…。でもきっと無理なんでしょうね……。

★残された遺族への賠償など、何も進んでいないそうですね。一番傷ついている人々に、まず何をするべきか…。それが先でしょう。復興よりも。

◆Kさんより
テロ事件の犠牲者の方にしても、アフガンの犠牲者の方にしても私はただテレビでその悲惨さを目にして「何故なんの罪も無い人々が・・・?」と思うだけで何も手助けできない自分がいます。

★私もそうです。思うだけで何もできません。だから今回、この日記を書きました。私の思いを知り、何かを感じていただけたらと。それが「反対」でもいいんです。

◆Tさんより
夕べビルの中に入ったカメラと言う事でNYの消防士のテレビを見ました。まるでドラマをみているようでしたがご近所の息子さん(富士銀行)が亡くなられていて なんとも言えない気持ちでした。ビルが崩れて粉塵がもうもうとしている中亡くなられた方たちは何が起こったかもわからないまま心を家族に残しながら逝かれたと思うと悲しみで胸が一杯です。

★私もこの映像を見ました。そうですか。ご近所の方が……。私なんかよりもっともっと、胸がえぐられる思いで、あの映像をご覧になったのですね。富士銀行の方は確か20以上亡くなりましたね。このことだけでも、決して遠くの国で起きた事件ではない……。


私が重い日記を書いてしまったために、皆さんに色々と考えさせてしまったことでしょう。ごめんなさい。ご感想いただけてうれしかったです。

これからもどーぞよろしく!

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/12

★愛の反対

アメリカ同時多発テロより1年たちました。

1年たち、ニュースで流れるあの世界貿易センタービル跡の復興案。
復興推進派の1人が話しているのを聞いて驚きました。
「失ったものにとらわれるのではなく……」

何の抵抗もできない人々は間違いなく、
苦しみながらも前向きに生きています。
中でも犠牲者の遺族たちの強さは、真似のできるものではありません。
でも、心を持っている以上、
“失ったものにとらわれる”のは当たり前のことで、
そのためにあの場所はあのままで残して欲しい……
遺族たちの復興に反対する気持ちは、悲しいほど伝わってきます。
“愛する者が最後の時間を過ごした場所”だから。

犠牲者の半数もの方の遺体が見つかっていないそうですね。
ここに眠っている……
ここへ来たら逢える……
それは決して、あの日に留まることではなく、
残された者が強く生きてゆくために感じたい思い。

なのにその場所に、新しく大きなオフィスができてしまったら…?
いくらそこに慰霊碑などが入ったとしても、
もし私が遺族なら思うでしょう。
「ねぇ、こんなビルが上に建っちゃって、重いよね。苦しいよね……」
あの場所が今のままであるか、そうでないかは、
一番苦しんでいる人たちにしかわからない感情でしょう。

「経済復興」とか「NYの元気を取り戻す」とか
「ほら見て下さい! アメリカはテロにも屈せず、
 こうして前向きに歩いているんですよ。」……
そんなこと、一生苦しんでゆかなければならない人々に対して
あまりにも過酷です。
だってまだ、何も終わっていません。
タリバン政権は崩壊したものの、
テロの首謀者は、まだどこかで生きているかもしれない……
この戦争は終わっていない。

犠牲者はNY市民だけではありません。
米国の報復によって死んでいった多くのアフガニスタンら市民たち。
何が“正”で何が“悪”なのか……
考えても私にはわかりません。

一年前の9月11日より、ニュースで新聞で知るたびに、
私たちも震撼し、怒り、悲しんだことでしょう。
遠くの、よその国で起きた出来事とは思えずに。
でもこれを毎日毎日感じていた人は、そう多くはないでしょう。
このテロだけではなく、政治に対しても身近に起きた出来事に対しても。

私もそう。自分のことで精一杯。
人間は自分や自分の周りの幸せを一番に思う生き物ですから。
なら時々でもいい、何かを感じ、考えることは必要だと思ってしまいます。
自分のことで精一杯で、それに対して何も行動できなくても。

そしてこうしたことを話すと、
「あの人、何か宗教に入ってるの?」「偽善者っぽいよね」
「怖い……」なんて思う人がいることが私には不思議でたまりません。
娘が大きくなったら、私はいろんな話がしたい。
答えはなくてもいい。興味本位でもいい。感じたままを。


マザーテレサの言葉が、いつも私の心の中にあります。

「愛の反対は憎しみではなく無関心である」




今日のピックアップ: ガイド辻雅之さんの「よくわかる政治」 同時テロから1年、アメリカの今

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/11

★ムッカツクー!

非常に腹立たしいことがありました。
聞いて。

ファーストフードで食事をしていました。
私は4人がけのテーブルで食べていたのですが、
そこへオバサンが2人やってきました。

オバサン1「ここでいい?」
オバサン2「しょうがないね。ほか、空いてないし。」

私は自分のトレイを、手前に引き寄せ、スペースをあけましたが、
オバサン2人は何も言わず、どかっと座りました。
“ここ、いいですか?”のひと言ぐらい言えっつーの!
それに何よ! しょうがないとは!

と……
オバサン1「あっ、あそこ、空いた…」
オバサン2「あっち、行こ。ここよりはマシだし。」

そしてオバサン2人は何も言わず、席を移りました。
ここよりはマシぃ?
何、それ、どーゆうこと!
そして、席を立つ時、何か言えーーーっ!

こーゆうの、許せないのです。
許せないけれど、何か言っても通じないでしょう。
だから心の中でつぶやきます。
このオバサンにもダンナや子供がいるんだろうな。
ダンナも子供もかわいそうだな……って。
洋服や化粧で取り繕っても、女じゃないな……って。
おそらくこのオバサンは“こんなオバサン”になっちゃったのではなく、
若い頃から“こんな女”だったのでしょう。

対オバサンだけではなく、何かに怒ること、しょっちゅうあります。
しょっちゅう、頭から湯気出してます。
湯気を出すとですねぇ、
「そーゆうことにイライラするのが、オバサンの証拠なのよ。
 まぁまぁ、落ち着いて。」とか言うフトドキ者が現れ、
さらに湯気が出ます。
「無関心」になる方が、オバサンの証拠だっつーの!
(あら、今もこうして湯気が……)

先日、おもしろいことがありました。
例によって例のごとく、娘1です。

女の子3人(私も含む)で歩道を歩いていました。
すると向こうから、杖を持ったオジイサンがやって来ました。
杖を持ってはいますが、しゃきしゃき歩いています。

オジイサンは、自分の方へやって来る人を、杖で追い払っています。
“わしがこの道をまっすぐ歩く。だからお前らは端によけろ!”
と言わんばかりに。
あんた1人の道じゃないのに。
杖は歩くために必要なのではなく、追い払うために必要なのでしょう。

手をひいていた娘2に杖が当たってはかわいそうなので、
私は仕方なくよけました。
私の後ろを歩いていた娘1……よけません。
杖が当たる……と思った瞬間、
オジイサンの方がさっとよけました。
さっとよけられるほど、足腰しっかりしていたということです。
オジイサンは振り返り、ぶつくさ言っていました。

たぶん娘1は、ただぼーっとしていて見えなかったのでしょう。
よくあることです。
でも私は気分爽快でした。

娘たちよ。
優しさにも、正しい優しさと間違った優しさがあるのですよ。
間違った優しさは、“甘やかす”って言葉に変換されるのです。


<タワゴト短歌>

娘1貴女はカッコイイだけど歩く時には前見て歩けー!



<ご感想コーナー>

◆Mさんより
星子さんお嬢様2人が少し大きくなったらもう一人男の子がほしいですね。かわい〜よ〜男の子、お母さんは恋人と一緒だもの。それにお姉ちゃん達がきっと一生懸命めんどう見てくれると思う。

★もう充分です! 今でさえ、生気を吸い取られていますし、年も年ですし。女の子でも恋人気分です。でも、赤ちゃん見ると、かわいいなぁ〜なんて思ってしまうわ。

◆Pさんより
現役タカラジェンヌには夢と希望をいただいていますが、星子さんには笑顔と元気(勇気?)をいただいてこちらこそ、ありがとうです!!!

★こちらこそありがとうです! ではこれからも、タカラジェンヌへ抱いている皆様の夢を壊させていただきます。

◆Wさんより
星子さんが演じられた役について具体的に書いて下さると楽しいですね。この前、庶民役でメイクをリアルにして演じたと言う記事も面白かったです。また別の役の事も書いて下さい。

★私が演じた役についてお話しても、たいしておもしろくもないと思うので、メイクの話題の時のように、皆さんが知りたいと思っていることに関連する経験談があればまた。

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/10

接続の次は…カンチキに悩まされた一日

接続、無事、復帰!
復帰したその日に、宝塚ではちょっとしたニュースがあり、
無事に記事を書くこともできました。
きっとワタシの行いが良いのでしょう。
そう思わせて・・・下さい。


娘二人の様子が変です。
犬のぬいぐるみで仲良く遊んでいるのですが、変です。

娘2「ねぇ、カンチキ、どこへ行く?」
娘1「ピクニックに行くことにしましょう。」
娘2「わぁ〜い、わぁ〜い!」
母 「あのぅ…それ(ぬいぐるみ)、トミコとアユミじゃなかった?」
娘1「ううん。カンチキ。」
母 「えっ……?」(By 驚愕)

娘1「ほ〜ら、着いたわ! さぁ、お弁当を食べましょう。」
娘2「そうねそうね。じゃあ、シートを敷きましょう。」
母 「あのぅ……いつからカンキチになったの?」
娘1「カンキチじゃない。カンチキ。」
母 「あっ……」(By 羞恥)

娘2「あらアタシ、オシッコに行きたくなっちゃったわ。」
娘1「カンチキ、トイレに行ってらっしゃい。アタシはここで待ってるわ。」
娘2「ねぇカンチキ、オシッコする時は、パンツを脱いだほうがいいかしら。」
娘1「う〜ん。カンチキ、脱がなくてもいいんじゃない?」
母 「………」(By 不安)

母 「ねぇ、ワタシ(別のぬいぐるみ)も仲間に入れて!」
娘1「いいよ。」
母 「カンチキたち、お弁当を食べましょうよ。」
娘1「あら、アタシたち、もう食べたわ。」
娘2「そうよね。ブシュブシュブシュ……」
娘1「ボシャボシャボシャ……」
娘2「クチュクチュクチュ……」
母 「………」(By 孤独)

娘1「ねぇ、カンチキお化けぇ〜アタシ……」
母 「ちょっと何? これはカンチキじゃなくって、お化けなの? いつから?!」
娘2「♪カンチキおっばけ〜〜♪カンチキおっばけ〜〜」(♪ソソソソ ソ レド〜!)
母 「………」(By 墜落)


お願いです。
私にもわかるように説明して下さい。
そして私を“のけ者”にしないで下さい。




<ご感想コーナー>

◆Sさんより
接続が大変な事になってるのですね。星子さんの日記は大変おもしろく、最近は母も一緒に読んで楽しんでいますよ。これからも、楽しい日記書いてくださいね。

★ありがとうございます。接続は無事、復活しました! だから今日(もう…昨日)の、2003年公演ラインアップを知ることができました。あと一日早かったら…と思うと、ぞっ! 組ごとにまとめてみましたので、ご覧下さいね! 

今日のピックアップ: 2003年の宝塚上演作品が発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/09

私はとてーも、●っ●●なんです…

以前、ぱっつんぱっつん切れる接続状態です。

私 「ちょいとぉ! いい加減におし! いつになったらまともになるのさ!」

接続「こっちにも、事情っつーもんがあるんだよ!」

私 「つべこべ言わずに、あんたはサクサクできるようにすりゃいいんだよ!」

接続「てめえみてーな素人に、何がわかるってゆーんだい!」

私 「偉そうな口、叩くんじゃないよ!」

接続「ぅるせーなぁ。この、くそババア。」

私 「………あんた、このアタシを誰だと思ってんだい?」

接続「ほぉ〜〜。どこのどいつだか知らねぇけど、おもしろい。
   聞いてやろうじゃねえの。」

私 「……ふん。聞いて驚くな。泣く子も黙る“せっかち お星”とは……
   アタシのことさ!」

接続「……あの、せ、せっかち…お星……?」

私 「そうよ! さぁ、どーするんだい! さっさと接続つなげるか、
   それとも尻尾巻いて逃げるか。
   ……あっ、逃げちまった。意気地のない野郎だねぇ。おととい来やがれ!」

………って、
逃がしちゃったらダメなんです!
カンバック トゥーミー!

後生ですから、つながって下さい!



<ご感想コーナー>

◆Aさんより
お嬢様方と接している桜木さんの様子が大好きです。私にも三歳になる娘がいます。私と娘の生活は桜木さんとお嬢様の生活と比べると、すごーくつまんないわと痛感。早速マイクを買ってこようと決意したところです。(^^)

★普通、大人なら(子供でさえ)誰しもが持っている“羞恥心”を捨て去れば、こんな生活が送れます。アナタはどちらをとりますか?
追伸・うれしいお話を教えて下さってありがとうございます。

「京都」の梅津さんより
ウチのダンナも、プロポーズの言葉無かったです。っつーか、プロポーズは私からでした。あははっ。(^^)

★……その現場が手にとるようにわかります。で……そのプロポーズの言葉は、どんなだったの?

◆Rさんより
お返事頂けて、とってもうれしいです。でも気にしないで下さい。ほっといてもいいです。なのにいつもありがとうございます。でもびっくりしたのが、御名前のなかに るんるん さんがいたこと。ハンドルネームにも個性がないと・・・。よくにたHN・・・

★あら、どーしましょう……。私には「R〜〜」と「るんるん」が似ているとはどーしても思えず。「R〜R〜」ならわかりますが。で、リンリンランランって知ってます? 

ショッピング倶楽部こみやまさんより
「北の国から」……私、実はいままで、みたことがなくて、今回最終回というのではじめて観たら、なんかいろいろ”すごく”て……

★私もちゃんと見たことはありません。なのに「朝まで生日記」が書けそうなくらい、いろーんな感想があります。でも……やめておきましょう。

皆様、ありがとうございました。

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/08

★その気にさせて下さりありがとうございます!

一昨日、現在のADSLのナントカをナントカアップしたそうです。
私にはよくわかりません。
唯一わかっていることは……
もっとサクサクと作業ができるようにするためにやったことなのですが、
サクサクどころか……全くできません。つながりません。
つながったかと思えば、すぐ切れる。しばらく切れたまま……
おっ、つながった! 3秒と持ちません。またサヨウナラ〜
「ページを表示できません」「未接続」の文字と仲良しになりました。

私は記事もメルマガコラムもこの日記も、
まずメモ帳に書き、それをコピーしアップしているので、
こうして書くことには問題はありません。
しかし、アップする時には問題あります。
たった3秒の狙い撃ちです。
失敗すれば、やり直しです。

メールの送受信もままなりません。
掲示板のページに行くことさえ至難の技。
今の私は、ネットで何かをしたり知ったりすることができず、
島流しにされた気分です。
宝塚歌劇は、今日もつつがなく公演しているのでしょうか。


「フリー・ウィリー」のビデオを家族皆で見ました。
ショーをさせるために水族館に捕らえられたシャチのウィリーと、
母親に捨てられ、孤独な少年ジェシーの友情を描いた物語です。
私は見たことがあるのでストーリーは知っていましたが、
何度見ても感動。泣いてしまいます。

「どんな名優も、子供と動物にはかなわない……」
まさにその通り。
子供と動物……ダブルで迫ってこられるとたまりません。
卑怯です。

何度も涙ぐんでいた娘1。
悲しいシーンだけではなく、うれしい時にも涙が出ることを
初めて知ったようです。

「それをね、“感動”って言うんだよ……。」
ダンナさんがとてーも素敵なことを教えていました。
ただ……似合わない。
“柄じゃない”って言うのでしょうか。
申し訳ないけれど、笑ってしまいました。
ま、私も人のことは言えませんけれど。

思えば……プロポーズの言葉もなければ、
結婚式や出産した時にも、何ひとつなかったですねぇ。

あっ…出産後は覚えていました。
帝王切開の麻酔が切れる苦しさで、ばたんばたん暴れていたらしい私に、
「こらぁ〜! 暴れたら点滴が取れる! おとなしくしろー!」
……でした。

誉める、感謝、評価する……
日本の男性はその辺りがあまりお上手ではないと言いますが、
お上手な方が何かと得かもしれませんよ。
“やたらめったら”は勘弁ですが、
“ここぞ!”という場合は、頑張ってクダサイ。
“その気にさせること”……これは肝心です。

さて――
以下のお名前の方々は、この日記へのご感想により、
ずぼらで面倒臭がり屋の私を、
「さぁ、今日も日記を書こう!」という気にさせて下さった皆様です。

ご感想へのお返事、10日分ぐらいをまとめてご紹介していましたが、
何と一ヶ月余りも、私は溜め込んでしまいました。
本当にごめんなさい。
お一つずつお返事を書くべきなのですが、何度もご感想を送って下さった方、
中には毎日のように下さる方もいらっしゃって、
どうにもこうにも収拾がつかなくなってしまいました。
こうしてお名前のみご紹介させていただきます。
これからは、この性格を見直し(少々不安)少しずつお返事してゆきます。
本当にごめんなさい。
(お名前のみなので、ハンドルネームそのままを書かせていただきました。)


まりりんさん、ラーメンガイドの大崎さん、深雪さん、きよとうさん、

ともみさん、京都ガイドの梅津さん、まりえさん、うどんガイドの蓮見さん

pikaeさん、Satoshiさん、あっさかわで〜す!さん、ゆーこさん、

みーみママさん、ダンサーさん、ぽ〜さん、どらどらさん、榊真央さん、

fancycatさん、山口泉さん、富田弥生さん、marieさん、キューピー花子さん、

琴子さん、T・Kさん、もゆさん、Kazさん、イタリアンガイドの沈さん

わかさん、maririnさん、まりえさん、晴美さん、K・Mさん、nya〜さん、

まねき犬さん、山口利行さん、由紀子さん、ゆかさん、MISAKOさん、

幼児のPC・ネット教育ガイドの金子さん、ももこさん、☆さくら☆さん、

ごろーさん、柴田プリンさん、ヨシエさん、ららんさん、カステラ評論家さん、

sakakiさん、るんるんさん、高松リンダ理恵子さん、sissiさん、志村双葉さん、

中尾薫さん、みきさん、ミントコーヒーさん、あつぴよさん、板橋亜矢さん、

ガーデニングガイドの畠山さん、Y.Kさん、yuriさん、わやかさん、

八尾さん、バーチャルビューティガイドの柴田さん、しらみさん、ももえさん、

futabaさん、ロンドルージュさん、そるーなつめさん、村松葉子さん、O.Hさん、

ペコさん、ウォール真木でござますぅ♪さん、ケリーさん、わい!けいさん、

youkaさん、渡辺優子さん、づかちゃんさん、な〜さん、ことねさん、にじこさん、

machakiさん、榊いくさん、ローリング内沢さん、石川明さん、ちょこさん、

kazuさん、笑えるサイトの福士さん、侑子ママさん、たまさん。


皆様、本当にありがとうございました!
これからもどーぞよろしく!

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/07

夕方になると始まる行事

先日地方紙に、ダンナさんと娘2人の写真が載りました。
“9月になってもこんなに暑いから、川に入って遊ぶ子供たちがいる……”
そのようなことが書かれた記事です。
小さいのでほとんどわかりませんが、娘たちは水着姿。
いくら何でも水着ではないダンナさんは、
川べりで猫背の体操座りをしています。
おまけにダンナさんだけカメラ目線です。

ダンナさんの休日には必ず4人でどこかへ出かけますが、
その日に限って、私は1人家に残っていました。
「元芸能人のワタクシでさえ、新聞には載ったことがないと言うのに。
 あなたたち、100年早いわよっ!」と、
ほとんどジェラシーをぶちまけつつも、
「これは保存版にして、じじ様に送るためにもう一部……」と、
コンビニでも買ってきたりして。
親バカと言って下さい。

話は変わります。
我が家の女の子3人(私も含む)には、夕方の行事があります。

まず、始まる10分前より、その行事のための準備が始まります。
それはマイク選びです。
お菓子のラムネが入っていたマイクの形をしたオモチャ、
これが我が家には、黄色、水色、ピンクと3本あるのですが、
じゃんけんをして、今日は誰が何色か…を決めます。
(ピンクが当たると、私はちょっとうれしかったりします。)

マイクの色が決まったなら、一旦別の行動に戻ります。
私は夕食の準備、娘2人はNHKの子供番組を見ています。

行事開始1分前!
私は例え、ハンバーグを作るために玉ねぎのみじん切りをしていても、
手を急いで洗い、テレビの前に集合します。
娘2人はチャンネルを即座に変え、気持ちを落ち着かせます。
この時「えぇっと……マイク、どこへ置いたっけ……」と探す、
だらしのない人が必ずいます。
いつもはそうじゃないのに、なぜかこの時だけは団結していて、
いっしょに探してあげたりしちゃいます。

さぁ〜〜いよいよです!
「アルプスの少女ハイジ」の再放送の始まり始まり!
マイクを手に、オープニングテーマを歌うのです!
3人の歌声は、ジュリーアンドリュースのようにそれはそれは高らかで、
アルプスの山に響けと言わんばかりです。
山さえも越え、さぁ、あの白い雲まで!

涼しい日は窓を開けていますが、もう、どーでもいいです。
ご近所の皆様、かなりうるさいでしょうが、お許しください。
ささやかな幸せを奪わないで下さい。

ハイジとペーターが手をつないで回り出すと、
私たち3人も手をつなぎ回り出す……
これはお約束です。
そしてオープニングテーマが終わってCMに入っても、
必ずもう一度、1コーラスきっちり歌います。
その時「布亀の救急箱」のCMが流れていても……です。

本編に入ると、さっきのあの興奮はどこへ行ったやら、
3人はマイクをその場に置き、別々の行動に入ります。
私はみじん切りに戻ります。
“おんじ”と“ロッテンマイヤー先生”が怖い娘2は、別室に行ってしまいます。
食い入るように見ているのは、娘1だけです。

さて今度は、エンディングテーマ。
また集合です。
娘1はその流れのまま入れますが、
私は玉ねぎとミンチをコネコネしていた手を洗い、
マイクめがけて走ります。
娘2はこの間、寝てしまうことがよくあります。
起こすべきか毎回悩みますが、たぶん起こすほどのことでもないように思え、
娘2の分も、残った2人は頑張ります。

エンディングテーマはオープニングテーマほど盛り上がりません。
歌いながらただひたすら、部屋の中を歩き回ります。
ハイジのように、山羊のように、カタツムリのように。

そうして、夕方の行事は終わります。

ハイジの歌を歌うこと……
それはココだけには留まりません。

娘2は公園のブランコに乗るたび、
「ハイジの始まりのお歌、歌って〜」と要望します。
あれを聞かないと、ブランコに乗る楽しさが半減されるらしいのです。
おまけにヨーデルの箇所を飛ばすと怒られます。
これはいくら私でも、つらい。
視線を感じます。
「うわっ……変なお母さん。恥ずかしくないのかしら…?」
恥ずかしいです。思いっきり。

信号を待っていて、青になって歩き出すと、
誰かが必ずエンディングテーマを歌い出します。
歌のリズムと歩調はぴったり合っています。

ハイジの歌を歌うとき、その時だけ私たちは、
“協調性”という言葉があったことを、思い出すのです。


<タワゴト短歌>

チビ曰く妹ハイジ姉クララじゃあママは何?ロッテンマイヤー


今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/06

「北の国から」が見れないわけ

「北の国から」シリーズのラストを二夜続けて放送しています。
田中邦衛さんはじめ、皆さん好きなわけで。
でも私はじっくり見れないわけで。
だからと言って、別に嫌いなわけではなくて。

見ると、わけもなく悲しくなっちゃうのです。
淋しいというか、切ないというか。
そして、ストーリーとは関係ないことまで思っちゃって、
それがつらくて、じっくりは見れない。
おまけにタイトルが「遺言2002」ですから。
だけど気になるのですが。

先日のスマスマでも純役の吉岡秀隆さんがちらっとこぼしていましたが、
そこまでやるか?という、細かい撮影だったらしいですね。
わかります。
このドラマの演出の杉田成道先生には、
八千草薫さん主演の「楡家の人々」という作品の
舞台演出を受けたことがあります。
そりゃもう、同じ場面を何度も何度も、しつこい…いえ、細かい演出でした。
とてもおだやかで優しい先生なので、
緊張感は漂っているものの、稽古場の雰囲気は良かったですが。

数名の男女が、ダンスのような振りで表現するという場面があり、
私もそれに出ていたのですが、
稽古場でも毎日のように演出が変更され、
舞台稽古でも変更され、
初日の幕が開いても変更され、
初日後5日目に、その場面すべてカットされた時は……
ちょっと泣けました。
あ、あんなに稽古したのに……
みんな、凹みました。
カットされた理由は、上演時間が長くなり過ぎたからだそうですが。

あまりにも長い稽古時間。
台詞を話していた小林桂樹さんが、ふら〜っと倒れそうになった時、
その場にいた全員、真っ青になったこともありました。

余談ですが、八千草薫さんの娘を演じていた桜田淳子さん、
あの方、視力がいい方ではなく、芝居にのめりこんでいたら、
舞台稽古の時、舞台から客席に落っこちちゃった。……
「きゃーーぁ!」という叫び声が、楽屋のモニターから聞こえた時は……
ちょっと驚きました。

あの細かい演出を、しかも寒ーい富良野でのロケが多かったわけで、
大人はともかく、子供だった純と蛍は、そりゃつらかったでしょう。
「なぜ、もう一度やるの?」「なぜ、今のではダメなの?」
わからない、わからない……子供にはまだ理解できない矛盾。
成長してゆく過程でも、それは常にあったでしょう。
でもそれは言葉には出せないことで、だからこそ、
心の中での葛藤の21年間。
……それを思うと、私は見るのがつらくなっちゃうのです。

純と蛍が吉岡さんと中嶋朋子さんを育てたに違いはないのですが、
この役のイメージがあまりにも強すぎて(特に純君)
キャスティングする側も、どこかで意識してしまうかもしれない。
役者として苦労することもあるでしょう。
だけどもう二人は純でも蛍でもない。
いろんな色を見せて下さい。

とにかくお疲れ様。
よくぞやり遂げました。尊敬します。

今日のピックアップ: フジテレビホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/05

★悲しかった……

娘たちを幼稚園に送り、さぁー今の内に少しでも……と
PCの前に座った時だった。
お隣に、そしてお向かいにもセールスの声が。
どちらもすぐに断っている様子。次はウチかな?

来た。学生風の男性。
彼は福祉ボランティアをしていると言う。
施設の子供たちが「一生懸命×××××」した「●●●」を
買ってクダサイと言う。
立派なパンフレットも持っていた。

彼の目をずっと見て聞いていた。
彼は一度も私から目を反らさなかった。
即座に「なんだか変…」と思った。
あまりにもマニュアル通りの話し方、不自然なジェスチャー。
こんな時、福士さんならどうするかな…?
そんな風に思ったりもした。

施設の子供たちというのは、身体障害者の子供…だとわかった。
再度彼は「一生懸命……」を言い、
「詳しくお話させていただきます。」と話し始めようとした。

「どんなお話を聞いても、今日は何もできません。
 そのパンフレットをゆっくり見て決めますから、それを置いていって下さい。」
と手を出すと……彼は、パンフレットを持っている手を引っ込めた。
「それ、もらえないの? ホームページのURLも見えるから、
 アクセスしてゆっくり考えたいんだけど。」そう言うと、
「今度、いつこの辺りに来るかわからないので、
 今、買っていただきたいんですけど…。だからお話を……」
「それはできないし、話を聞く時間もないの。だから、パンフレットを頂戴。」
「別に構いませんが……」
彼はやっとパンフレットを私に渡した。
結構くしゃくしゃになっていた。

「どーしても、今ダメですか? 身体障害者の子供たちが、一生懸命……」
と悲しそうな目でまだ言う。
「今はダメ。ごめんなさい。」
彼はやっと帰った。

PCの前に戻り、メールを出したりした後、
パンフレットのURLにアクセスしてみた。
彼の話通り、福祉ボランティアのホームページだった。
内容では、相当古くから幅広く活動しているらしい。

それでも私はしっくりいかなかった。
ボランティアの名称で検索してみた。
やはり……出た。
そこは宗教団体だった。

ボランティアの名称と宗教団体の名称の二つで検索をかけると、
出るわ、出るわ……
苦情、訴訟、元信者の証言……
訪問販売のマニュアルまで出てきて、それはさっきの彼の話した内容、
ジェスチャーを付ける箇所まで、全く同じだった。
間違いない。

私は最後まで、その「●●●」の値段を決して聞かなかった。
それもわかった。とんでもない値段だった。

「騙されなくてよかった…」と簡単には思えなかった。
怒りと……そして悲しかった。

私の従兄弟は重度の身障者だ。
作業所に毎日通い、時々パンとかを作り売っている。
私も何度も食べた。おいしいパン。普通のパン。

そのパンの値段は「パンの値段」であって、
そこに「身障者が一生懸命作った…」とかいう
“同情を乞う値段”は一切含まれていない。
彼らは、同情なんかを売りにして生きてはいない。
普通に……生きている。

同情を売りにして、しかもそれが真っ赤なウソで、法外な値段で人を騙している人々に、
あの「●●●」を買わされちゃった人たち同様、
従兄弟たちも騙されている気がした。
従兄弟たちだけじゃない。
「苦労は多いけれど、私は決して不幸ではない。幸せよ。」と言う彼の母親も、
それを手助けしている家族たちも、
本当の本当のボランティアの人たちも。

でも、そんな人たちにこの話をしても
「そーゆうの、多いのよね。」と、あっけらかんとしているだろう。
「私たちのことを利用して…」とは決して思わないだろう。
普通に生きている彼らたちには、関係のない話。
従兄弟のことを思い出し、怒ったり悲しくなったりした私は、
間違っているのかもしれない。

ただ気持ちはモヤモヤしていて……

パンフレットはびりびりに破いて捨てた。

今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/04

★【あのCMを考える】

CMを見ていると「なぜ、この商品に、このCM?」と、
“ピュアな心の持ち主ではない私”は思ってしまいます。
ナゼ、このタレントを起用したのだろう……
ナゼ、この流れなんだろう……

そんな私を毎回夢中にさせてくれているのが、
高須クリニックのCM。
わからない。あぁ…わからない。

高須院長の海外を飛び回っているバージョン、これはまだ理解できるんです。
高須院長は忙しいんだな。
乗り物好きなんだな。
儲かってるんだな。
有名人なんだな。
だからスチュワーデスさんも、サッと来るんだな。

わからないのは、郷ひろみさんバージョン。
なぜ、HIROMI GO……?
なぜ、HIROMI GOが飛行機に乗ったり、クルーザーに乗ったり、
執事もいる大きなお屋敷のプールで泳いだり、
美女をはべらせ、テーブルの上にフルーツが山盛りになっているのか……
あ〜〜わかんない〜!

イメージソングも郷ひろみさんが歌っているけれど、
だからと言って、ご本人が出演し、
「HIROMI GO」と名前が入ったクルーザーに乗らなくてもいいと思うんですけど。

これが郷ひろみさんでなかったら?

『美容整形をしたら、こんなにハイソな生活を送ることができます』
『美容整形をしたら、新しい人生が送れます』
『美容整形をしたら、モテる男になれます』

そうなの?
それはそれでいいとして、 
だからぁ、なんで、HIROMI GOなわけよ!
HIROMI GOが海パンで泳ぐわけよ!

あ〜〜わからない〜〜!

あっ……これ?
「全くコンセプトが読めない」が、コンセプトなわけ?

もしそうなら、このCMは大当たりです。

もっと私を、惑わせて。


今日のピックアップ: 高須クリニック

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/03

★福士さんにお菓子を買ってあげたい…

福士さん、カッコイイぞ!
8月30日「招いてない客」です。

訪問にしろ電話にしろDMにしろ、私は一度も騙された…
い、いえ、購入したことはありません。
警戒心は強いし、自分の目で見たものしか信じません。

ところが私は、福士さんのような判断力と行動力と知識と勇気
(誉めちぎりましたっ!)はありません。
とにかく早く退散していただこうという気持ちのみ。

「布団の丸洗いをします!」と言われれば
「うちの洗濯機は丸洗いできるので…」(ウソです)と返し、
「床下の排気口の掃除を!」と言われれば
「うち、賃貸なので、どーでもいいんです。」(ホントです)と返し、
「浄水器でオイシイ水を!」と言われれば
「うち、井戸水が出るんです。井戸水、オイシイですよ〜」(もちろんウソ)と返します。
任せてクダサイ。元女優ですから。

でも一度だけ、真剣に語り合った(*喧嘩とも言う)ことがあります。
まだ娘1が2才ぐらいの時でした。
それは、小さい子供の“しつけ”のビデオのセールス。
何巻もあり、合計20万円以上もする高価(*ふざけたとも言う)な商品。

「そんなお金、うちにはありませんっ!」と言って切ればいいのですが、
その時私はヒマだった。そしてそれから45分間。
向こうからかけてきた場合、電話代の心配なぞしません。

セールスのオバちゃんは、そのビデオがどんなに素晴らしいものか、
10年来の友達のように親しみを込めて(*馴れ馴れしいとも言う)
声高に訴えます。

小さい頃のしつけや教育がどんなに大切なものか。
ビデオを見て覚えられるので、子供は楽しいですよ。
ビデオで覚えてくれるので、お母さんも楽ですよ。
36回払いのローンも利きますよ。

ふ〜ん。そんなもの、1万円でも要らないな。
「興味ありませんから…。」それで終わりにしようと思ったら、

「お母さんは、子供のことを、な〜んにも考えていないんですねぇ…」。
仏(*魔女とも言う)の桜木も、このひと言でガチン!ときました。

「他人のアンタに、何がわかるって言うのよー!」
さぁ、ここから、オバちゃん同士の醜い争いの幕開けです。

こちらに話す隙を与えないほど、しゃべりまくる向こうのオバちゃん。
「お母さんのような人がいるから、しつけのできていない子供が増えているの!」と
私が悪の根源のような言い方をします。
ここでガチャン!と切ってもいいわけですが、
その時こっちのオバちゃんはヒマだった。
「ちょっと、アタシの話も聞きなさいよっ!」と、
青筋立ててまくしたてました。

「じゃあ、ビデオがない時代の母親たちは、みんなしつけをしなかったわけ? 
 違うでしょーが! 例えば………(長いので割愛。)……
 できることは自分でやりたい! それがアタシの子育て。
 だから、そのビデオは必要ないの!」

――向こうがガチャンと切るかと思いました。
しばし沈黙が続き……

「お母さん、貴女は正しいです。」
はぁ? 気が抜けて、タコになっちゃいます。
さっきの勢いは、銀行にでも預けたのでしょうか。

それからと言うもの、
「娘さんが少し大きくなっても、レストランなんかのトイレに
 一人で行かしてはダメよ。いたずらされちゃった子がいるから。」などなど、
タメになる耳寄り情報を教えてくれたりなんかしちゃって。

最後電話を切る時なんか、
「じゃあお母さん、今の気持ちのまま、頑張ってね!」
「はい……ありがとう……」
なんて、10年来の友達のように別れちゃったりなんかしちゃったりして。

いろんなことを思いました。
自社製品を100%信じてセールスしているセールスマンは、
一体どれくらいいるのだろうか……って。
「これでいいのかな…?」だったり、
「自分なら、他社のを買うな。」だったり、
「平気平気! 売っちゃったもん勝ち!」だったりね。
ある意味、ツライ仕事ですなぁ。

福士家への訪問者は、今日もシロアリ駆除のセールスをしているのでしょうか。


<タワゴト短歌>

お母さん頼もしい子で良かったねお菓子をたくさん買ってあげてね


今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/02

★新しい明日への始まり

ふふふ・・・
新しい年の始まり、新世紀の夜明け!
今まさに、夏休みが終わろうとしています。

なのに……世間は結構静かですね。
祝砲や花火は上がらないのですか?
隣人と抱き合ったり、乾杯はしないのですか?
年越し蕎麦を食べるより、幼稚園の名札にタオルをくっつけている方が、
私はワクワクし、希望に満ち溢れた時を過ごせたというのに。

ちょっと心配なのは、ぐーたらな40日間を過ごしてしまった母娘。
カラダが「規則正しい日々って、どんなんだっけ?」と問いかけます。
若い人は柔軟性を持ち合わせていますけれど、
若くない人、私は、朝いつもの時間に起きれるのだろうか……
夜は3時より早くに眠れるのだろうか……

「さぁ、幼稚園が始まるよ。うれしい?」と聞いてみました。

娘2「うん! うれしい!」
母 「でも、ママちょっと淋しいなぁ…。ひとりぼっちになるし……」
娘2「じゃあ、そばに居てあげる。」
かわいいっ!
でも、行って下さい! 行って下さい行って下さい!
そして学びましょう。
大人は往々にして、“本音”と“心にもないこと”を混ぜこぜにして、
相手を惑わし甘える、意地悪な生き物だということを。
貴女もお年頃になればそんな手を使うでしょう。

娘1「うん! うれしい!」
母 「でも、ママちょっと淋しいなぁ…。ひとりぼっちになるし……」
娘1「じゃあ、お人形で遊んでいれば? あっ、でもお人形だけだからね!
   他のオモチャはダメよ! わかったぁ?」
……はい。

朝、起きれるか…より、もっと大きな不安があります。
先日発行された「厳選サイトわしづかみ」を、
幼稚園の先生やお母さんの中で見ちゃった人がもしいたら……?
巻頭ページに写真も載ってしまったので、アレが私だってことはバレバレです。
「アレは、私の双子の妹なんです…」使えるでしょーか?
無理…ですね。

この日記を読まれたらどーしましょう。
家族のことはどーでもいいとして、マズイことは書いてはいないか…。

ありました。7月23日号。  
「ナゼ、8月も月謝を払わなければならないのかは、以前理解できない夏。」
園長先生……このぐらいなら、許していただけますか?

誰かに気を使って日記を書くなんてのはツライです。
気を使う相手は、ダンナさん一人で充分です。
日本語の読めないダンナさんを持つウォール真木さんが、
実に羨ましいと痛感する今日この頃。


<タワゴト短歌>

幼稚園カバンに付けたキーホルダー旅の思い出またひとつ増え


今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2002/09/01

★バカバカしい女の遊び方

我が家の女の子3人の間で、数日前より大ブレイクしている遊びがあります。
それは果てしなく馬鹿げた遊びなんですが、聞いていただけます?

3人が一つの布団に「小」の字で寝る。
1人が短い文章を妙なイントネーションで、手振り付きで言う。
それを「せ〜のっ!」で、3人でマネをする。
終わったらまた次の人が違う文章を……

それだけなんです。
話す文章とは何でもいいわけで、こんな感じ……

「パパのオナラは臭いぞ〜 あら、ぷよよよよ〜ん!」

……ひ、引きました…? ですよね。すみません。
娘1ですら
「アタシたちって、バカバカしい女よねぇ。」と認識しています。

でもね、これ、やってみると、涙が出るほどオカシイのです。
もう笑いっぱなし。
相手がナニを言い出すかわからないおかしさと、言い方のおかしさと、
3人仲良くマネをして、ぴったり合うおかしさと、
体が密着しているから、ナゼかおかしいのと……

あんまり笑って話せなくなるので、私は文章を言う役からはずされてしまい、
マネをするだけに格下げとなりました。
とにかく堪らないんです。

3才と5才だと、文章の内容が違うのも、これまたおかしい。
3才の娘2は、かわいいもんで、
「象さんのお鼻は長いぞ〜 ぱお〜ん!」程度。

娘1になるとテクも高度になり、
「隣のおばさんは、今日お化粧をしていなかったから、
 誰だかわかんなかったぞ〜 もう〜アタシいやんなっちゃうぅ!」
……お隣に聞こえたら大変です。

娘1「麦茶をこぼしちゃったので、
   ママのTシャツで拭いちゃったぞ〜 あ〜こりゃこりゃ!」
そーゆうのが出てくると、
私「えぇっ? どのTシャツで拭いたのよ! 何で雑巾で拭かないのよ!」
と、そこで一旦中断してしまいますが。

このバカバカしい遊びをやっていて思うのは、
何の得にもならない、何のお勉強にもならないことこそおもしろくって、
そして、この年代には大切なのかもなぁ〜と。
いえ、私の年代にも大切です。
しばらくやめられないでしょう。
私が一番、気に入っていますから。


<タワゴト短歌>

冷ややかに女見るパパ知らんぷりホントはボクもやりたいくせに


今日のピックアップ: 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2002年8月 | トップページ | 2002年10月 »