« 私たちは、たぶん被害者… | トップページ | 娘1が詩人になった夜 »

2003/07/08

さくら家と桜木家


「見ましたぁ!」「びっくりしましたぁ!」……
というご感想が届くかと思っていたのに…

皆さん、日曜日の夜6:00に「ちびまる子ちゃん」はご覧にならないの?
私? 見る見る!
我家の女の子3人は、必ず見ます。

昨日の放送、驚いたんですよ。
2話目の「まる子、お茶の子さいさい」。

その時、桜木家の女の子3人は、カレーを食べながら見ていました。
“さくら家”でもお姉ちゃんがまるちゃんに、
カレーを作ってあげていました。(ボ●カレーを…)

「カレーだなんて、うちといっしょだね。」
「そうだね。」

そんなことは、よくあること。
驚くほどのことでもありません。

そこからです。

確かヒロシ(まるちゃんの父)が、
「そんなもん、お茶の子さいさいカッパの屁だねぇ〜」…
と言ったんです。
“カッパの屁”…と言ったんです。

それを聞いたまるちゃんは、
「お茶の子さいさいカッパの屁とは、何だろう…」と
疑問を抱くのです。
特に、カッパの屁に…。

学校で友達に聞き、佐々木のじいさんに聞き、
川田さんにも聞き……
そして「それはね、木っ端の火が文字ってね…」と
説明を受けるのです。

これって、たった3日前の私と同じではないか!


こーゆうことが、私、よくあるんですよ。
私のお馬鹿な疑問や考えていたことが、
その後、どこかで紹介されたり、話題になったりすることが。
もちろんそれは、ただの偶然。

その度に「みんな、考えることは同じなのね…」と思っていたのですが、今回の「カッパの屁」は驚きました。
山ほどあることわざの中から、なぜに「カッパの屁」なんだぁ?
あまりにもタイムリーすぎますって。

実は私……気になるのです。
以前、霊感が恐ろしく強い友人から
「星子さんも、私とお友達ですよ…」とニッコリ微笑んで言われたことがあるのです。
つまり、私も霊感が強い人間だと、その友人は言うのです。
ちなみにその友人は、ゴミ捨て場に人形やオモチャが捨てられているのを感じるそうです。
中から「助けて〜」という声が聞こえるそうで……
こ、怖ぇ〜〜

私? 霊感……?
んなもの、感じたこと、ありません。

霊感とか予知能力があると自分で感じるのなら、
先日の宝塚記念、馬券、買いますって!
9分の2の確率のくじ引きで負け、
幼稚園の役員になったりしませんって!
バイクにも、追突されませんって!

とにかく確かなことは……
「9才のまるちゃんと、39才の私の思考回路は、同じだ」
と言うことだけです…




<ご感想コーナー>

◆Hさんより
星子さん大丈夫ですかー? 事故って怖いですね。自分で気をつけていても後ろからぶつかられるとどうしようもないですよね。
私も子供たちにはいつもシートベルトをするように言い聞かせているのですが、聞く耳を持ってないようで・・・。これからはもっとしつこく言います!!!
事故のときってあとから症状がでるときがありますからね星子さんご主人、お子様ともお大事に。


★今回の場合は、大したことありませんでしたが、青信号を渡っていてもぶつけられたりしますからねぇ。(一昨年前ダンナさんは、横断歩道を青信号で渡っていてバイクに当てられました…)
シートベルトはさせましょう! ふと後部座席を見ると、肩からベルトを外されたりしてヒヤヒヤしますが…。


◆Dさんより
ありがとうございました。星子さんに大丈夫と言っていただいたらなんとなく大丈夫と思えてきました。
でも星子さんもうち以上に大変でしたね。なかなか難しいと思いますがとにかく静養して体をしっかり治してください。


★「症状を悪くさせないように!」とあまり神経質にならないことですね。「あそこには連れて行けない…」「風邪をひかせたくないから、外では遊ばせない…」となっちゃうと、子供が可哀想。
悪くさせないようにすることも大切でしょうが、それよりも、悪くなった時、それがどのくらいのものなのかを判断する方が大切かな。お母さんの腕の見せ所!


◆Bさんより
たいしたことなくて良かったですねぇ・・・。そういう事故ってなぜか車の方が加害者のように言われてしまいますよね!困ったもんだ。
私のトラブルなんて取るに足りないものですが、インターネットにつながらないという事態が発生しました。さっきまでNTTのおじさんがパソコンやらアダプターやらと格闘していました。解決して良かった〜。
そして、祖母が入院しました。ベッドから落ちて、足の骨にひびが入ったとか・・・。なんで、花組東京公演のチケット一般前売り日の前日に入院なの〜?という感じです。付き添いにかりだされ、「ぴあに並ぶぞ!」と意気込んでいた私の野望は打ち砕かれました。祖母の付き添いをしながら公衆電話と格闘しましたが、つながった!と思った頃には予定枚数終了のアナウンス・・・。
 ・・・ということで、しばらく落ち込みます。えぇ、私は落ち込みますよ。(ちょっとイジケ気味)


★おばあ様、大丈夫ですか?! Bさんのおばあ様なら、まだまだお若いでしょうが、お年よりの骨折やヒビは長引きますよ。うちの父も、2月に足首にヒビが入り、いまだに痛いそうです。
その後、あちこち悪くなりませんように。どうぞお大切に。


◆Iさんより
お疲れになったでしょうね。でも大事にいたらなくて良かったです。車を運転している方はマナーを守っていても、無理やり渡って行こうとする人って多いから神経を使うんですよね。乱暴な運転をする人も多いし。今、高齢者で自転車に乗っている方ってみかけませんか?でも周りが見えていないのか、彼らはすごくマイペース・・・。年齢が年齢だけに、ぶつかってもしもって事もありうるだろうから、そういう方と遭遇すると余計に気を使って本当疲れますよね。
「こっちが被害者なのにじろじろみられる・・・」そうなんですよね。実は、家の玄関の前に自転車が何台も止まっていて戸をふさいでしまい、外に出られない事が何度かあったんです。(それに近い事は今もある)で110番かけておまわりさん呼んで、家の前でおまわりさんと話していると、通って行く人が見てはいけないものみたいなかんじで、でも見て行くんですよね。あーいやだ。迷惑しているのはこっちなのに。それにしても警察の対応ってなんで車だと「駐車違反だ」と言ってすごく騒ぐのに、自転車だと「○○さんの敷地の中のことだから我々には動かす権利はないんですよねえ。」とか言うのか不思議です。それにしても大変でしたね。


★お年よりの自転車…わかりますわかります。マイペース。歩道の真ん中をマイペース…。後ろからチャリンと鳴らしても…マイペース…
えっ? 自転車に戸をふさがれたぁ? 嫌だぁ〜! Iさんの敷地内だからと警察は動かすことができないのなら、その自転車、全部Iさん家族のものにしてもいいってことですよね? 中古自転車屋へ売っちゃえ!



皆様、ありがとうございました。

|

« 私たちは、たぶん被害者… | トップページ | 娘1が詩人になった夜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくら家と桜木家:

« 私たちは、たぶん被害者… | トップページ | 娘1が詩人になった夜 »