« 大変な夜だった… | トップページ | さくら家と桜木家 »

2003/07/07

私たちは、たぶん被害者…


昨夜の続き。
そう、大変でした…

ダンナさんの実家から帰る途中、繁華街のど真中で事故は起きました。
信号待ちで停車していたら、バ〜ン!と音が。

ふと横を見ると、うちの車と歩道側にいた車の間に、
20代の女性が、倒れています。
バイクが足の上に倒れています。

え?!

私たちも向こうの車のお兄ちゃんたちも、
3秒ほど、ストップモーションで見つめてしまいました。

彼女、起き上がらない……
ダンナさんが駆け寄りバイクをどかし、私は119番に電話をし…

お兄ちゃんたちは、一部始終を目撃していました。
オジサンの自転車が、彼女の前を急に横切ったため、
それを避けようとして転倒し、
うちの車にぶつかったそう。
オジサンは……すでにいません。

彼女、うずくまって泣いています。
「痛いの? 大丈夫?」と声をかけると、
「……びっくりした……」と。
「もうすぐ救急車来るからね。大丈夫だよ。」と、
ティッシュで涙を拭き、肩を抱いてよしよしをし…
まぁ、そりゃそうでしょう。びっくりしたでしょう。

「親といっしょに住んでるなら連絡した方がいいんじゃない?」
と言うと、「あぁ、そうだった……」
完全に、放心状態。

それから救急車が来て、救急隊員さんが警察を呼び…
車の傷を調べ、彼女の親も到着して…
とにかく私たち一家は、その場にしばらく居残り。
始めは興味津々だった娘たちも
「喉が渇いたぁ〜」「眠いよ〜」とご機嫌ナナメ。
そんな中、缶ジュースを買いに走り…。
ママだって、熱があるんです…
ふらふらなんですって。
また、雨に打たれちゃいましたよ。


思えば……
この日記を書き始めてわずか一年あまりの間、
3回も、おまわりさんとお話しする羽目になってしまいました。

血だらけの悪者が我家に逃げ込み、
私のママチャリのそばでおまわりさんと格闘し、御用となった…

斜め前に住んでいる叔母Sちゃん宅の付け火騒ぎ。
(いまだに、犯人はわからない…)
そして今回。

もちろんいつも被害者です。
今回で言うなら、被害車?

そうよっ! 被害者なのよ!
なのによ! 
周りの野次馬さんたちは、私たちを見て、コソコソ話すの!

おまわりさんと話しているダンナさんを見て、
「アノ人が、女の子をハネたらしい…」とか
「子供も乗せているのに、安全運手しなかったのね。」
なんて、言っているに違いないっ!

(こーゆう時、人相が柔らかい人は得です。
 柔らかくないダンナさんは…可哀想です…)


今朝、彼女のお母さんから電話が入りました。
「お加減、どうですか?」と聞いたら、
「打撲程度なので、今日も仕事に行きました。」とのこと。
よかった、よかった。
だけどね、仕事に行けるぐらいなのなら、
ご自分で電話しましょうね。
もう、大人なんですから。

逆に、すべてを見ていたというお兄ちゃんたち。
きっと、どこかでカノジョが待っていたかもしれないし、
「これから夜の街に繰り出そうぜ〜!」とでも思っていたでしょうに、
「自分たちは、全部見ていましたから」と、
警察が来るまでその場に居残り、ちゃんと対応していたあたり、
イマドキの若い子も、捨てたもんじゃないなぁ〜。

でも……
「ダンナさんが怖そうだから、その場に残っていた…」という説も、
私たち夫婦の間では、まことしやかに流れております…

彼女があんなに泣いていたのも、
ダンナさんが「動くな!」と大声で言ったからかも。
「頭をぶつけているかもしれないから動くな!」の意味だったのですがね。

とにかくさ、疲れたのさ。

なんかこう、ゆった〜りと時間が流れる
日々を送りたいわぁ…



<ご感想コーナー>

◆Yさんより
星子さんって、語源マニアですか?私も学生時代放送部だったので、言葉には少々ウルサイ方かな・・・なんて。FM802の朝の番組て、たま〜に「語源の旅」と称して普段何気なく使っている言葉の語源を紐解いてくれます。これが結構面白いんで車の中で一人「ほ〜☆そーなんだ〜!」と関心していると、信号待ちの向かいの車の人と目があって恥ずかしかったりします。(木曜日は用事で朝から車に乗っている事が多いのです)FMはなかなか入る地域が限定されてしまいますが、もし電波キャッチできるようでしたら聞いてみてください。(だいたい9時〜10時の間。でも定期的ではないのでしょっちゅう聞いていればそのうち・・・番組は平日毎日やってます。)
我が家も全員「ノド痛」です。だれが一番に熱を出すんだろう・・・きっと長女と私ではないでしょう・・・このB型二人はウイルスに鈍感らしくめったに寝こまない可愛げのないヤツ達です。(主人はそう思っているらしい・・・「いつも、いいなあ〜頑丈な人はぁ〜」と心配してもらいたそうにしてます)


★マニア…と呼べるほどでもないんですけど、気になって知りたくなるんです。地名なんかも、ちょっと変わったのがあると「昔、ここに住んでいる人たちは、どんな暮らしをしていたのかな?」と想像したりするのが好きで…
そのラジオ番組、おもしろそうですねぇ。思えば、ラジオって聴かないなぁ〜。ダンナさんの車に乗った時だけ。聴けるものなら聴いてみたいです!


◆Mさんより
DVDレコーダー買いました!それで昨晩「花吹雪〜」を撮ったのですが、途中から大雨のため受信不能・・ショック・・。スカイステージは映像がとても綺麗で嬉しいのですが、お天気に左右されるのがこまりますね〜。さて、DVDレコーダー購入予定のかたの参考のために一言、今レコーダーはハードディスク内蔵のものが主流になってきていますが、スカイステージはデジタル録画が1回しかできないようになっていますので、ハードディスクに1回撮ってしまうともうそこからDVDに録画することはできません。つまり、録画したものを見ることはできても、作品ごとにディスクに入れて保存してゆくなどということはできないのです。だからスカイステージを撮るためにレコーダーがほしい方にとっては意味がないかもしれません。しかも電気屋さんもCS放送のことはまだよくわかってなかったりしますので、これから購入されたい方は注意してくださいね。ここに書いてしまってごめんなさい!ところで星子さん宅はDVDですか?

★「スカイステージは映像がとても綺麗で嬉しいのですが、お天気に左右されるのがこまりますね〜。」…今日の夕方、雷を伴うほどの大雨だったのですが、一周年記念番組(6時間の…)ちゃんと撮れているかしら…
うち? DVDありません…。悲しいわ…


◆Iさんより
星子さん体調はいかがですか?ひどくならないと良いですね。具合が悪くなる時って前の晩にもうわかる方ですか?それとも朝、起きて「あっ、のど痛い」とかってなる方ですか?私は後者の方です。朝、急にのどが痛かったり、熱が出ていたりするのです。平熱が36度位なので、37度近くでるだけでふらふらしてしまいます。それでも色々やらなければいけない事(星子さんはお子様がいらっしゃるからなおのこと)がありますからね・・・。主婦って大変ですよね。
話は変わりますが、敵に言われていますよ。言われるけど、ちゃんとやっていれば、ほめるのも人一倍ほめます。実を言うと私は主人の教え子なので、妻というよりも生徒という感覚が抜けないらしく、あれこれ指導しようとするのです。でも指導しようといたってダメですよね。カギだの電話だのしょっしゅう探しているようでは・・・。(昨日も探していました)そして言う時のかっこうが、下着上下(しかもステテコ着用)の人にいわれても、何かおかしいだけですよね。しかも太っているのでぬいぐるみの様・・・。でもこの間、その形で何か文句を言って来たので、おもわず私が「何よ、失礼なパンダ。」と言ったらいじけていました・・・。


★私も、どちらかと言うと後者かな? そうそう。37度ぐらいの微熱でもツライ…。ここ3日間ほど、ずっとそうです。
「ほめるのも人一倍ほめます。」…羨ましい! うちのダンナさんは、人を誉めるということを知りません! 娘には誉めますけど、私には誉めない。「あたし、頑張ったよね? ねっ?」と言っても「う〜ん…」ですから。ご主人の教え子? なんか、ドラマだわ…


◆Yさんより
こんにちは!!
今週の土曜日、大学の授業で能と狂言を見ます。でもどこかに観に行くのではなく大学の講堂でやるんですが・・。そして日曜日は雪組の全国ツアーを大宮に観に行ってきます!何でもその日はスカイステージ開局1周年記念で中継されるそうで、偶然そんな日にあたってラッキー☆彡です。そして来週には月組の東京公演を観に行きます!なぜこんなに7月の初めに予定が詰まっているのかと言いますと、7月の終わりには恐怖のテストがあるんです・・(-_-;)つまり7月の終わりにはどこにも出かれられないということで初めのうちに行かなくては!ということです。テスト前に1週間のテスト休みみたいな期間があるんですが、その間もあまり家から出ずに勉強です・・・。あまりに引きこもりすぎてふらっと舞台を観に行ってしまうかもしれません・・(笑)


★能と狂言、如何でしたか? 雪組さんも、ちょうど今日でしたね。いいですねぇ〜エンジョイしてますねぇ〜
テスト…大変そう。大学生というものを経験したことがないから、どんなに大変なのかがわからないのですが、テスト前に休みがあるなんて…「勉強だけしなさい!」って感じですね。


◆Mさんより
風邪を甘くみてはいけませんよ。こじらせると気管支炎になったり、喘息になったり肺炎で入院なんてこともあるんですから。もっとも私はいくら高熱が出ようがチビたちが休養なんて許してくれません。主人は代わりに家事をしてくれますが、あまりの要領のひどさに結局私がやり直さなければいけなくなるので悪いけど二度手間。だから具合が悪くても気合で治します。主人はちょっと体調が悪いとすぐ会社を休んで寝てます。「お前と違って俺はデリケートな体なんだ。」なんて言ってくれます。主婦は寝込むことができないんだよ!ぐちっちゃいました、ごめんなさい。
それにしても星子さん、「屁」だなんて憧れの元タカラジェンヌがそんな一般市民のような言葉を口にしてはいけません(笑)。でもそんな星子さんがまたさらに身近に感じるのも確かです。


★主婦はツライですよね…。「悪いけど二度手間」…わかるわぁ〜。今日もちょっと横になりたかったのですが、それどころではありません。微熱があるのに、節々が痛いのに、娘をお風呂に入れました…。
「一般市民のような言葉を口にしてはいけません(笑)」…私、一般市民です! 小市民。


◆Kさんより
屁のカッパ・・何とタイムリーな話題でしょうか?実はつい2・3日前主人が何かの話の時(何だったのか忘れる程どうでもいい話)屁のカッパだねと言い、私ももちろん意味はわかりますが何で屁のカッパって言うんだろうね?と言う会話をしたところでした。でも調べてみようとは思いませんでしたが・・。星子さんスゴイ。

★タイムリーだったそうで。お役に立てて光栄です。
私も驚くことが今日ありました。「ちびまるこちゃん」をご覧になった方はわかるでしょう。それは明日の日記ででもお話しましょう。いやぁ〜びっくりしましたよぉ〜


◆Bさんより
『屁のカッパ』・・・勉強になりました。日本語って深いなぁ・・・。最近、そういう勉強してない!あっ。私は卒論に取りかからなくちゃいけなかったんだ。
でも・・・さいとうちほさんの漫画が気になってしょうがないのです。プロフィールにも「子供の頃の夢は宝塚に入ることだった」なんて書いてあり・・・作品もタカラヅカチックな感じです。傑作集を1冊買ってみたんですけど、読みながら泣いてしまいました。あのような作品を舞台で観たらボロボロだろうなぁ・・・と想像してしまいました。オサさんのパーソナルブックでもさいとうちほさんの作品を再現したものがあって、やっぱり気になります。
漫画のキャラクター(特に男の人)って絶対にいない!と思うんですけど、一番近いところにいるのがタカラジェンヌだと思います。やっぱり夢見すぎな私なのでした・・・。
最近、変な天気ですから、気を付けてくださいね〜。ノドが痛いのですか?早く、初期症状であるうちに治してくださいね〜。屁のカッパなんて言わないで!家庭内で考えると、やっぱり大変ですよ。お大事に〜。


★漫画……漫画を読む生活を送りたい…。新聞すら、ちゃんと読めないんですよ。娘たち、どーにかして欲しい!
「一番近いところにいるのがタカラジェンヌだと思います。」…そうよねぇ。漫画に出てくる男性も、確かになかなか存在しない…。髪の毛、柔らかそうで、指が細長くて…。双方とも、夢が作った産物かしら?


◆Mさんより
「屁のカッパ」……語順の不思議を考えていて、なかなか寝付けませんでした。だって、普通の日本語の語順なら、「カッパの屁」ではありませんか?
たとえば英語では「A of B」は、「BのA」と訳しますよね。子供達が、今でも時々ですが、イタリア語と日本語を分けて話し出し始めた頃、(もっと小さい頃は2つの言語が別だ、という意識がなかったのか、ごちゃ混ぜでした)彼らの基本ラインはイタリア語で、それを日本語に置き換えていたらしく、「靴の僕」、「鍵の家」、「洋服の私」etc...「屁のカッパ」語順になっていました。
「A of B」は日本語ではA-Bが入れ替わる、と教えたのに「屁のカッパ」はどうして入れ替わっていないのか、と聞かれたら、なんと答えましょう。。。
「屁で出来たカッパ」=「あり得ない」とでも、答えておきますか。。。。。


★「カッパの屁」でいいのです。「木っ端の火」が「カッパの屁」になり「屁のカッパ」に変化しただけ。その方が、言いやすいとかおもしろい感じがするからでしょうね。だから「カッパの屁」と言う人もいるそうです。
今日、アニメの「ちびまるこちゃん」では「お茶のこサイサイ カッパの屁」と言ってました。


◆Bさんより
やっぱり!風邪じゃないですか! 本当に星子さんはいけない人! 気をつけないとダメですよ〜。ゆっくり寝てくださいね。星子さんの風邪ネタはいろいろ聞いてきましたが、毎回心配です。卓球から「エースをねらえ」に話が切り替わっているあたりがもうアブナイ。本当によく休んでくださいね。
と言ってる私も体調を壊しそうです。自分の体は自分がよくわかっているものですね。私もゆっくり寝よう。でも、長い時間寝ていると母に怒られるんですよ。いくら母でも鬼のように見えることも多々あります。


★風邪なんです。でも…本当に風邪かどうか、定かではない…。風邪の症状、今は何もありませんし。ただ微熱と体が少し痛いだけ。でも他に考えられませんものねぇ。
「いくら母でも鬼のように」…娘1が昨日従姉妹に言ってました。「ママは怒ると角が生える」と。懇々と言い聞かせましたよ。「生やしたくて生やしているんじゃない」と。


◆Yさんより
こんにちは。いつもは優しい感じで日記書かれているのにワガママお嬢さんの時は違いましたね。宝塚でしっかり「芸」というものを身につけた星子さんだからいつもとは違った風に感じたのかも知れません。今は昨日まで街中を歩いていた人が急に芸能人になる世の中ですからね。「芸」について何らの素養がなくても良いですからね。って私の意見ではないんですよ。偶々受講した大学の講義で宝塚でも振り付けを担当されたことがある日舞の先生いらして言っていてことが今回の件を通してしみじみとわかる気がします。
風邪をひかれてかなりつらい様子ですね。早く良くなってください。


★テレビや映画の世界はよく知りませんが、宝塚に限らず舞台の世界は厳しいですね。それがいいのか悪いのかはわからない。だけど、一人で成り立つ仕事ではないから、周りへの信頼、信用は大切にしますね。一般のお仕事でもそうですものね。
それに慣れているからかな? ワガママお嬢さんの行動は理解できない…。今後に期待…う〜ん、どうかな?


◆Sさんより
お風邪ですか? 私の友人たちものどが痛いとか熱が出たとか言ってる人が多い… 夏にはなりきってはいないけど夏風邪なんでしょうかね。 このじめじめした空気も体にはよくなさそうですよね。 お大事に。
私も 花組公演が楽に近づき気力なくしかけているところです。 通いつめましたから… 去年まで年1,2回のペースだった私が1公演に5回… 途中からは家族にも悟られないようにアリバイ工作も大変でした(^_^;)
昼間は自分の時間とはいえ、同じ公演に何度も(週1のペースですし)通うのはなかなか理解を得るのは難しいですから。 終わっちゃった〜と思うと同時に(私の観劇はもう終わってしまったので)体力まで衰えないように気をつけなくては。 明日からはスカイステージで花組三昧して次の公演までしのぎます…(先が長いなぁ)


★明日が楽ですね。年1,2回が1公演に5回? 燃えましたねぇ〜。生徒さんは暑い時期での日本物。お疲れ様です。
アリバイ工作って、どんなアリバイなんですか? 悪いことしているわけでもないけれど、宝塚観劇を、家族がどこまで理解してくれるか微妙なところですものね。どうもご苦労様!


◆Sさんより
星子さんおだいじにね。雨にぬれるのって 辛いですよね。気をつけてくださいね。
エースを狙え で思い出しましたが お蝶夫人ならぬ お腸夫人 という プルーンジュースがあることを ご存知かしら?100mlのビンです。絵柄は 5種類くらいあるのかな? もちろんお蝶夫人の絵です。お腹の為には、毎日お飲みになる事ね・・とかいうコメントがされています。私は コンビニで見つけました。体には良さそうですね。


★昨夜も雨に…。でもね、恐ろしく食欲があるんですよ。食べまくっています。だから何とか、平気なのかも。
お腸夫人? 素敵なネーミング! 私、知りませんでした。コンビニにあるのですか? 探してみます。私こそ、飲んだ方がいいかも。


浅川です!さんより
大丈夫ですか?
熱もあるのに・・・大変でしたね。とにかくお大事に!


★ご心配ありがとうございます! 人間は大丈夫です。たぶん。
とにかく色んなことが…。浅川家も結構ありますよね。お互いね。頑張ろうね。


◆Mさんより
まぁ、事故ですか!それは、一大事!! 星子さんのお加減も気になります。車君は、修理かな?? お嬢様そして旦那様は、後からどこか痛いなんて・・・
どうかお大事になさってください。日記もご無理なさらずに・・・


★ご心配ありがとうございます! 車君、傷の補正程度です。
「後からどこか痛いなんて」…考えられないこともないですが、一番近い場所にいたのは娘1。今のところ、ぴんぴんしています。今、私が首が重いのは、これは単なる肩こりか、お財布が寂しくて首が回らないからでしょう。


◆Dさんより
お久しぶりです。星子さん、私を覚えていらっしゃるでしょうか。パソコンが壊れてほぼ3週間、やっと戻ってきました。真っ先にこのサイトをみてしまいました。
ところでこの3週間は本当に大変でした。多分一生わすれないでしょう。別にパソコンがなかったからじゃなくてとにかく家族が健康のありがたみを実感したのです。
風邪でも3日ぐらいでいつも治っていた私がなぜかもう2週間近くとこについてしまいました。そしてなんといって一番ショックだったのは小1の娘2が喘息になってしまったこと。今までまったく他人事と思っていたので青天の霹靂でした。まだ右往左往している状態です。久しぶりのご挨拶で暗くてすみません。


★覚えていますって! お帰りなさい!
Dさんの具合も心配ですが、お嬢さん、大丈夫ですか? 喘息っていきなりなるんですよね。うちは、娘1は2歳の誕生日頃から、娘2なんて生後8ヶ月から。もう小1なら、自分の状態もちゃんと言えるだろうし、お薬なども我慢して飲めるでしょう。始めは親もショックを受けますが、仕方ないと諦めて、上手に付き合えば大丈夫。うん。大丈夫ですよ。どうかお大事に。


◆Sさんより
またまた大変でしたね。だんなさんは ひょっとして前厄とかになるのかしら? まだなのかしら? 皆さんに怪我が無くて何よりです。でも 娘さんも ビックリしたでしょうね。星子さんの体が早く良くなりますように。
明日は七夕ですね。我が家は 子供たちがそろう 旧暦の7月7日にやろうと思っています・・・でも 明日の夜も 晴れますように。


★「またまた」が付きますよねね、うちの場合。ダンナさんは来年が前厄らしいです。「七色のミサンガを作ってくれ!」と言われました…。でも、それが切れたら、怖いです〜
七夕の際、お家で何かイベント的なもの、されるのですか? 幼稚園から持って帰ってきた笹の葉は飾りましたが…。七夕に食べるメニューとかあるのかしら…


◆Sさんより
大変でしたね。どちらも大事に至らなくて幸いでしたが… 私も若い頃一度交通事故というのに会ったことがあります。 車対車の出会い頭の接触事故でした。 その時はどうもなかったのですが、翌日から首が… 鞭打ちっていうのですね。 頭ってこんなに重いんだと初めて実感しました。 1週間ほどかなりつらかったです。星子さんのご家族も何もなければいいのですが。 案外子供って体が柔らかいので そういうのにはならないようですが…
その時私は 助手席だったのですが、それ以来誰かの助手席に乗って ちょっとでも危ない!と感じると両足で(!)ブレーキ踏むような 姿勢をとるせが付いてしまいました。 お大事に


★私は幼稚園の時に、頭蓋骨にヒビが入りました! お友達のお父さんの車に乗せてもらっていたのですが、急ブレーキで、前のフロントガラスに頭をぶつけ…。二ヶ月ほど入院しましたよ。
だから今でも助手席って怖いんです。ダンナさんがちょっとスピード上げただけで「一家心中したくない〜!」と騒いでいます。


◆Oさんより
星子さん、いま大丈夫でも油断大敵ですっ! 後からむちうちとか出てくるかもしれないので、ゆっくり養生してくださいね。
それでは皆様、お大事に。


★そうですね。油断大敵。でもね…事故の直後、おまわりさんに「怪我はないですよね?」と聞かれ、元気に「はい!」と言ってしまいました…。
もし首などが痛くなっても、後からって言いにくいですよね。そうゆうところ、小心者だから。どうか、何でもありませんように!



皆様、ありがとうございました。

|

« 大変な夜だった… | トップページ | さくら家と桜木家 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私たちは、たぶん被害者…:

« 大変な夜だった… | トップページ | さくら家と桜木家 »