« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

2005年・・・最後の日記です


今年もあと二時間ほどで終ります。

あぁ〜〜年末は、病人続きでバっタバタしました。

でも思えば…
昨年の今日、あと数時間で今年も終わるという時になり、
娘1が「お耳が痛い〜」と泣き出し、
救急で耳鼻科に行ったっけ。

結局毎年、バタバタね。


まだダンナさんは仕事から帰宅していません。
なので女の子3人で「ドラえもん」を見ながら、
年越し蕎麦やお寿司を食べました。

テーブルの上にあるお醤油を
「ママ、取って〜!」と言うので…

私 「自分で取りなさい。何様のつもり?」

と言ったら…

娘1「貴様!」

娘2「俺様!」

………

来年も、そんなふざけた娘たちでいてくれると、
母は日記のネタに困らないのですが…ね。


さて最後に。

この一年、「宝塚ファン」に遊びにいらして下さり、
またこんな日記を読んで下さり、
本当にありがとうございました。

舞台に立つことといっしょで、
「そこに皆様がいるから…」頑張れたようなものです。

2006年も、
宝塚歌劇、タカラジェンヌ、そして「宝塚ファン」を
どうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとりまして来る年が、
おだやかで実りのあるものとなりますように。

どうぞ良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/29

間に合うかなぁ


普通の日々が戻ってきた感じ。

娘1はまだパジャマ姿というのに、
家の中でスキップしています。
「おとなしくしなさいっ!」と言ってもきかず、
「静かにしなさいっ!」と言ってもウルサイ。

でも…元気になった証拠。
娘1は、こうでなくっちゃ。


昨夜遅くからダンナさんと、やっと年賀状作りにとりかかりました。
もちろんPCで。
まずは私の父の分と娘たちそれぞれの分。
自筆で書かれたものをスキャンし、レイアウト。
そして印刷。

その後、我が家の分のレイアウトを終え、
二人ともヘロヘロだったため、
「印刷は明日にしよう。」ということになり…

夫 「あぁああ〜! 消しちゃったぁ!」

“とりあえず保存”は、お約束でしょーが!

今夜これから…再度、作ります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/28

ご心配おかけいたしました!


ここ数日、いっぱい弱音をはき、愚痴り、
皆様に心配させてしまいました。
あたたかいメッセージありがとうございます。
甘えられる場所があり、私はシアワセ者です。


娘1はだいぶよくなりました。

でも、ここでぶり返しては大変。
明日から、かかりつけのお医者さんもお休みですし。
なので、布団の中から出しません。

布団の中で、クリスマスプレゼントにもらったDSで遊んだり、
「ハリー・ポッター大辞典」を読んだり。

まだ、柔らかいものしか食べていないから、
足腰がしゃんとせず、体にはリキが出ないみたいだけど、
口は……元気になってきました。


新聞折込のチラシが見たいというので渡したら、
それを見ながら、1人でつぶやいています。

娘1「あぁ〜〜お餅、食べたいなぁ〜」

……まだ無理よね。

娘1「お餅はやっぱり、きなこだよねぇ〜
   でも、お醤油と海苔もいいねぇ〜」

……ママは断然、後者だね。

娘1「あっ! いくら!
   いくら丼、おいしいよねぇ〜」

……確かにおいしい。

娘1「栗きんとん! 黒豆!
   好きなんだよねぇ〜」

……お正月まで待ちなさい。

娘1「あぁ〜〜焼肉ぅ〜〜
   すき焼きぃ〜〜」

…………

いつまでも言ってなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/27

最悪のX'mas


一番恐れていた事態、発生…

娘2のウイルス性胃腸炎が、娘1にうつってしまいました。
具合が悪くなったのは、クリスマスの朝。

日曜日でかかり付けのお医者さんはお休みだし、
昼には救急病院へ。

点滴をしてもらって、少しは落ち着き、
水分は取れるようになったものの、
いまだ、ぐったりしています。

やっと昨日、クリスマスプレゼントを開けてみましたが、
それでゆっくり遊べる元気もなく。

「元気が、元気だけが、とりえの私なのに〜」

と…自分でも言ってます。

可哀相に、最悪のクリスマスでした。


お義父さんは入院しているし、
ダンナさんも仕事量が増えクタクタだし、
私も…病人続きでクタクタ。

大掃除もまだ。
年賀状なんて、作ってさえいない。

あっ…クリスマスツリー、片付けなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/24

悲しいX'mas Eve


昨夜あのままお義父さんは入院し、
まだ確かな病名もわからない状況。
でも、意識ははっきりとしているらしく、
検査の結果によっては、お正月には帰宅できるかも。

そんな状況でもお店…レストランを閉めるわけにはいかず。
お店と病院を行ったり来たりしているお義母さん、
厨房をほぼ1人でこなしているダンナさん…

年内、お休みは一日もなく、
この二人の体調も心配です…


さて、気を取り直して。

浅田真央ちゃんは、身長約158.5cmで体重は約38㎏とのこと。

身長は、私とほぼ同じ。
体重は・・・・・

私 「同じ身長なのに…ね…」

娘1「でも……全然違うよね…下半身とか。」

私 「下半身もそうだけど……バストもじゃない?
   ママはバストが重いのよ!
   ねっ? そーだと言って!」

娘1「………ママ…自分で言って、
   悲しくならない?」

…なりました。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/23

不便ね


ちょっと冬眠してました…

この大雪で、1歩外に出ると何かと不便。

買い物、たくさんあるし。
道、凍っているし。
自転車でも徒歩でも不便だし。
もうすでに…滑って恥かいたし。


家の中も…不便です。

今日から魔の冬休みだし。
娘2の看病中にできなかったこと、溜まっているし。
洗濯物は山のようにあるけど乾かないし。
娘1は、軽く鼻風邪、ひいてるし。


外も家の中も、もっと私に優しくして〜


いつもは遅くても10時前には帰宅するダンナさん。
「今日は遅いなぁ〜」と思っていたら、
今、ダンナさんから電話がありました。

「オヤジを今から救急病院に連れて行くので、
 帰るの、何時になるかわからないから。」

あらっ。

緊迫した病状ではないそうなので一安心ですが、
大変なことには違いない。


で……
私はいいのだろーか。

温かいコタツに入り、テレビを見ながら、
ノートPCを前に、こんな、こんな日記を書いていて…

しかも、マロングラッセ食べながら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/21

娘2、復帰


ご心配おかけいたしました!

娘2は、昨日の点滴のおかげか、
すっかり元気になりました。

時折冷蔵庫を開けて、
「あたし…何が食べられるかなぁ…」とか、
「今、食べたいのはね…」と、
食べたいものリストを作ったり。

たぶん明日は登校できそうです。


叔母も元気になりました。
「新作〜!」と、おかずを持ってきてくれたり。


やっぱり元気なのが一番。
笑顔でいられるのが一番。



今日のピックアップ: 更新してます「2006年宝塚歌劇公演スケジュール」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/19

ドラマのような朝


今朝は……大変でした…

早朝から具合がだいぶ悪くなった娘2。

朝1で病院に連れて行こう…
それまで何とか我慢してね…

あっ、娘1を起こし、登校させねば…

とドタバタしていたら…

ナナメ向かいに住む叔母宅の家族より
叔母がぶっ倒れた…と知らせが入り…

慌てて行くと、動けないほどの腹痛。
家族は「救急車、呼ぶ?」と大騒ぎ。

娘2のそばにも居てあげたいし、
でも、叔母も心配だし。
舞い散る雪の中、行ったり来たり。

あっ、娘1を忘れていた!
ご飯、食べさせて、登校させねば。


その後、叔母は落ち着き…。

あとで聞くと…
「子供が生まれるかと思った…」ほどの痛みだったとか。

60才で…ご出産は…やばいでしょう…


娘2は病院で点滴。
それが効いたのか、その後、吐き気もおさまり、
夜にはおかゆも食べ、布団の上でお絵描きをするほど。

どうか、そろそろ元気になってくれ…


学校から帰った娘1が言いました。

娘1「ママ、今朝はまるで、ドラマのようだったね…」

私 「だったね…」


今一番の願いは…
娘2のウイルス性胃腸炎が、娘1にうつっていないこと。
2人続けて…は、私がツライ。

でも、うつっているのが一番心配なのは、
…私かも…ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/18

真央ちゃん、アリガト


昨日はだいぶましになったと思ったのに、
今日はまた辛そうな娘2。

おかゆを少量しか食べていませんから、
体力がなく、それも辛いのでしょう。

「あたし…ヘロへロ…」

見ているのが可哀相です。

私も…ヘロへロです…

娘2の看病だけでもヘロヘロですが、
土日ですから。
娘1が家にいますから。

やっと娘2がウトウトと眠り始めたのに、
そばでウルサクしたりするもんで。
怒鳴りっぱなし。


そんなヘロヘロの週末でしたが、
唯一、癒されたのは…
浅田真央ちゃん。

なんて可愛いんでしょう。


早く、娘2の元気な笑顔で
癒されたいな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/17

呪文


昨日よりウイルス性の胃腸炎の娘2。

でもどうやら軽症だったようで、
今日は「お腹が空いた…」と、おかゆをぺロリと食べました。
この調子で、よくなってくれるといいのですけどね。


娘2、布団に横になりながら「ハリーポッター」の
“賢者の石”と“秘密の部屋”を見ていました。

何度も“一時停止”をして、
ノートに何かをメモしている…


私 「何を書いているの?」

娘2「呪文。」

私 「…呪文メモして、どーするの?」

娘2「いつか、使うの。」

………えっ。

使えはしないけど。


でも
「病気を治す呪文」や「自分の身を守る呪文」があれば、
いいのになぁ。

使えはしないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/16

最後にドカン


一週間前、私と娘1が風邪をひき、
昨日より、ダンナさんが風邪。

娘2だけ元気だなぁ〜
さすが、若いだけのことはある!
なんて思っていたら…

今日、学校より帰宅して、ダウン。

それも胃腸にくる風邪という
一番ややこしいタイプ。

お医者さんにも行き、
今は何とか眠っていますが、
朝までぐっすり眠れるといいなぁ。

娘2も…私も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/15

信じられない…


スーパーの店内アナウンスで。

明るく優しくハキハキとした店員さんの声で、

「ナンバー××××のお車でお越しのお客様、

 お車の中で、赤ちゃんが泣いておられます。

 至急、駐車場へお越し下さい。」


信じられないよ…

いるのね。そんな人が。


今日は朝刊を、一つの見落としもなく見てしまいました。
想像できそうなことは何もなく一安心。

例え「ちょっとトイレへ…」だったとしても、
離しちゃ駄目だって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/13

思春期の次


今日は個人懇談会。
二人、順番にです。

娘1は…
いつもとほぼ同じことを言われ…

私は今日も「す、すみません…」と何度も言い、
先生は「いえいえ、元気で子供らしくていいですよ〜」の繰り返し。


そして娘2。

先生「☆☆ちゃん(娘2)と、アノお姉ちゃんが姉妹だなんて、
   ほんと、信じられませんよねぇ〜」

それ……前回の懇談でもおっしゃいましたよね、先生…。

先生「先日、背中をポンと叩かれたので振り向いたら、
   お姉ちゃんが“よぉっ!”って…。」

……

お願いです、娘1よ。
妹の担任の先生にまで、
そーゆうこと、しないでクダサイ。


そんな娘1は今日も快調。

娘1「あのさぁ〜思春期の次は、産卵期がやってくるんでしょ?」

……

や、やめてよね…

そんなに急いで、どーする?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/12

やり損


熱も下がり復活。
ここ数日の分を取り戻そうと、
朝から張り切って大掃除をしました。

今日は壁の拭き掃除。

見た目はわからなくても、
しょっちゅう拭いてはいるものの、
汚れているもんです。

さっぱりした気分に。


夜は焼肉。

食べ始めて気づきました…

なんで、壁をキレイにしたその日に、
私は焼肉をしているんだろう…
間違いなく、臭いは付いた…

また壁、拭かなくちゃ…


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/11

腑に落ちない


一旦下がったのに、昨夜も38℃の熱が出ました。

でも…ですよ。
そんな最中に、叔母からいただいた蟹でお鍋をしました。
座椅子に偉そうに寄りかかって、
はぁ〜〜ふぅ〜〜と、具合が悪いオーラをプンプンさせながら、
かなり食べました。

その後のお雑炊、2杯、食べました。
デザートまで食べちゃいました。

今朝、体重を計ったら…

…増えていました…

咳と鼻水と熱とで、こんなに辛い思いをしているのに…
ナゼ、体重が増える?

そりゃ、食っちゃ寝〜しているからでしょーが!
起きている時は、何かを食べている時。

でも、なんか、腑に落ちないなぁ。


今日もまだ38℃近くあります。
でもなんだか慣れてきました。
普段通り、家事もしています。

ちょこちょこ冷蔵庫を開け、
「おぉ! プリン〜」
「ちよこれえと〜」
とか言いながら。

午後、一日中家の中では娘たちも可哀相だと、
近所の本屋さんで本を買ってあげ、その後、スーパーへ。

「好きなお菓子、買っていいよ。」

そして私は…
「ママ、お熱があるから、アイスクリームが食べたいの…」と、
滅多に食べない大き目サイズのチョコのアイス。

「ママにはチョコのアイスが似合うね!」と
娘2に言われ、
「ありがと〜!」と返したものの、
意味…不明…だよ。
ま、どーでもいいや。

そして、あぁ…
また、ぺろりと食べちゃった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/10

仲良く風邪


木曜日の夜、
「ぞくぞくするなぁ…また風邪?…」と思っているところに、
娘1が、
「お喉が…痛い…」

母娘仲良く、また風邪をひきました。
喉の痛みと鼻水と熱。
全く同じ症状です。

二人とも、鼻の下、真っ赤です。
二人とも、二日間、お風呂に入っていません。
二人とも、食欲はあります。

昨日は、二人で並んで昼寝をしました。
でも親なんて「自分よりもまず看病」。
ゆっくり寝てはいられません。

そのせいか、
今日はすっかり平熱の娘1。
38℃ある熱を解熱剤で下げ、なんとか家事をしている私。

でもこの違いって…
単に、若さのせいかも?



今日のピックアップ: 新しい記事「メルマガ・コラム・バックナンバーPart15」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/07

やんちゃな子も黙る


今日は参観日。

娘2は、入学したての頃の心配もだいぶなくなり、
楽しく学校で過ごしていることを感じ、ほっ。


で、娘1は…

今の娘1の席、なぜか周囲は、やんちゃな男の子ばかり。
授業中も、私語がちょっとうるさかったり。
おもしろいことを言って、おちゃらけたり。
やんちゃな男の子、私は好きですけどね。

そのやんちゃな男の子たちが、
他の子が発言する時、囃し立てました。

ノートに何か書きながら、顔も上げず、娘1、ひと言。

「…囃し立てるなよ。」

し〜〜〜ん。

怖っ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/06

吉田のおばあちゃん


我が家の辺りにも初雪が降りました。
雪と言うより、みぞれかな…

「冬なんて嫌いだ…」と昨日も言ったばかりなのに、
雪を見たら、ちょっとワクワクしたりして…
娘2と、ほんのり残る雪を
キュッキュッと踏みしめながら歩いたりして…

まるで子供だわ…


女優の原ひさ子さんがお亡くなりになりました。

ご自宅で食後、眠るようにお亡くなりになったとか。
私も最期はそうでありたい…
誰にも迷惑をかけずにね。

原さんの色んな役を思い出しますが、
1番に思い出してしまうのは…
「踊る大捜査線」の吉田のおばあちゃん。

ほんとに、可愛いおばあちゃんでした。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/05

夏よ来い


もうすでに、この寒さに耐えられません…

冬なんて嫌いだ…
ずっと夏でも構わない。

と…娘の前でつぶやいたら…

娘1「でもねママ。冬が1番、オシャレがいっぱいできるのよ。
   だから我慢しなさい。」

小3の娘に言われるなんて。

私も落ちたもんだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/04

お母さんでいいのかなぁ…まだ…


寒いですねぇ…
宝塚なんて、明日あたり雪が降っちゃうかもしれません。


今、お気に入りのCMは「白鶴」のCM。
娘が嫁いだ後の、夫婦の会話。
串田和美さんと朝加真由美さんがいい味出してます。

「お母さんでいいのかなぁ…まだ…」

ちょっと憧れます。
いつか娘たちが嫁いだ夜、こんな風に話してみたい…

しかし…
うちは、結婚前から変わらず名前で呼び合っているため、
実現不可能でした…


串田和美さん…
すっかり素敵なオジ様になりましたね。
昔よく、いかにもアンダーグランド風の
六本木の自由劇場(なんとかガラスのビルだっけ?)に行ったっけ。

吉田日出子さんも小日向文世さんも笹野高史さんも
みんな…若かった。

いい時代だったなぁ…


今日のピックアップ: 新しい記事 「2005年のタカラジェンヌ&作品ベスト」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/03

ドジ


扉をばたんっと閉めるとき、自分の手も挟みました…

今日の私の左手は、即座にじゃんけんができません…
うっすら紫色です。
動かすことはできるので、軽い打撲といったところでしょう。


それを娘1に言ったら、

「ただのドジだね…」

“ただの”という表現が気に入らない。
あまりにもその通りなもんで。


ダンナさんに言ったら、
妻の手をとり、手の甲を優しく撫で…

「で、なんでそんなこと、したわけ?」

…途中までは良かったのに。

なんでそんなこと、したのかがわかるくらいなら、
最初からそんなこと、しないわよぉ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/12/01

12月か・・・


「○秘だぁ〜 お腹が苦しい〜」と言ったら…

夫 「何か、腐っているもんでも食べたら?」

もうちょっと、優しいアドバイスをいただきたいもんだわ。

私 「食べてるわよ! 毎日、ヨーグルト!」


さて。
朝夕、本当に寒くなってきました。

明け方になると、娘1は二段ベッドからわざわざ降りて、
私の布団に入り込んできます。

毎年そうです。
我が家の寝室の冬の風物詩のようなもんです。

これがね…
大きな声じゃ言えないけど、嫌なのよね…

後から割り込んできたくせに、娘1はデカイ態度で寝るし。
仕方なく私は、小さく横向きになって寝るしかないし。
なぜか、私の足の間に、自分の足を入れてくるし。
布団は引っ張られて取られるし。
すっかり目が覚めちゃうし。

私は大きくならないけれど、娘1はどんどん大きくなってくるし。
だから、年々、嫌になってくるのよ…

でも、そっか…
もう12月か…
寒いはずだ。

なので冬のコートを着せ、登校させました。

学校から帰宅した時、コートはランドセルが着ていました。

娘1「今日も暑かったぁ〜 途中、半袖のTシャツだけになったよ〜」

コートは…
再度、クローゼットの奥にしまいました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »