« 現在と未来 | トップページ | 夏休みが終わります »

2006/08/25

冥王星

女の子3名でプラネタリウムに行ってきました。

プラネタリウム、大好き。

真っ暗になり、ふわぁ~っと星空が広がると、
ここがプラネタリウムだということを忘れ、
全く別の空間にいる気分に浸れます。

まぁ、一つ言わせていただくと…

隣に恋人…ならロマンチックなんですけど。

隣……娘1&娘2ですから。

体重が軽いせいで、椅子をばったんばったんさせてしまう娘2と、
こんな場所で、大声で発言する娘1ですから。

ロマンチック度も半減。

驚いたのは、星について、娘1はよく知ってる!
星子さんも真っ青。

ゆったりと説明してくれる司会者の、

司 「さて、この明るい星は何でしょう…」

娘1「ベガ!」

司 「この3つの星を結ぶと…」

娘1「夏の第三角形!」

司 「夏の第三角形は、アルタイルとベガと…」

娘1「デネブ!」

司会者の方、決して回答を求めてはいないと思うんだけど…
ご自分で説明したいと思うんだけど…

あまりにも発言が多すぎるため、
「言うな。」と制してしまいました…

プラネタリウムに偶然に行ったのですが、
もちろんタイムリー。

冥王星が惑星から外された理由なんぞも、
説明してくれました。

それにしても…
冥王星、可哀想ね…

ディズニーのプルートも、
ちょっぴり不満かしら?

|
|

« 現在と未来 | トップページ | 夏休みが終わります »

コメント

娘1さん、凄いですね!
プラネタリウム、心地良くて爆睡しそう;。
小学校5年の時、担任の先生が理科室にプラネタリウムを手作りしてくださり、班ごとにプラネタリウムの中に入り、先生の説明を聞いた事が懐かしくなりました。


投稿: hamuko | 2006/08/26 00:54

プラネタリウム、綺麗ですよねえ…。私は九年位前に行ったかな。
娘1ちゃん、よく知ってますねえ。私は星を6年生で勉強するまであまりよく分かっていませんでしたけど^_^;(笑)好奇心の問題かなあ(笑)

投稿: H・I | 2006/08/26 19:37

娘1ちゃん、とてもお☆さまに興味があるのでしょうね。
理科の試験のとき星座の名前が覚えられず苦労した記憶が。
「み~あげてごらん~、よるのほーしを~~」と口ずさみながら夜空を見て、
一人プラネタリウムしてます。(昔は、よく行きましたが。)

投稿: miyabi | 2006/08/27 11:30

プラネタリウム、いいですよね。それにしてもすごいですね。娘1さん、ちょうど理科でやってるのでしょうか。うちの娘は苦手みたいです。
うちはプラネタリウム、好きなんですけど行くとほぼ100パーセント 寝てしまうんです。

投稿: づかちゃん | 2006/08/27 16:28

 誰の言葉だったか思い出せませんが。平家物語の「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」の下りのモデルとなった寺の鐘を聴いた人が、僧に「これが諸行無常の響きですか」といったところ「それは文学の話であって、鐘はただ鐘の音だ」と言ったと読んだことがあります。
 星であろうとなかろうと冥王星は冥王星であり続けるでしょう。

 ただ、今回は本来、冥王星の体面を護るためにアメリカが星を増やそうとしたはずが、返り討ちにあいました。
 いかに、アメリカへの憎しみが世界に蔓延しているかを示す結果だと思います。
 イソップ物語に「王様になったライオン」という話があります。

 やさしくて公平なライオンが王様になり。動物たちの集会を開きました。狼と羊、ヒョウとカモシカなどが相手を訴えたり、申し開きをしたりしました。すると臆病者の野ウサギが言いました。「こんな日を待っていた。弱い動物もいざとなると怖いことが分かるから」といいました。

 今回の結果の背後にあるアメリカへの憎しみをアメリカは察するべきでしょう。

投稿: カステラ評論家 | 2006/08/27 21:30

皆さんコメントありがとうございます!

娘1は星座とか恐竜とか化石とかが好きで…
お友達はアイドルに興味を持っていたりするのですけどね。
夏休みの自由研究もギリシア神話でした。

プラネタリウムは睡魔を誘いますねぇ…
私も最後の5分ほどの記憶がありません…

投稿: 桜木星子 | 2006/08/27 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39099/3206756

この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星:

» 冥王星 [カステラ評論家的こころ]
 誰の言葉だったか思い出せませんが。平家物語の「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」の下りのモデルとなった寺の鐘を聴いた人が、僧に「これが諸行無常の響きですか」といったところ「それは文学の話であって、鐘はただ鐘の音だ」と言ったと読んだことがあります。...... [続きを読む]

受信: 2006/08/28 20:19

« 現在と未来 | トップページ | 夏休みが終わります »