« 続けなきゃ、意味ない | トップページ | ちょいワル~ごくワル »

2006/08/29

雨雨ふれふれ母さんが~

お昼ごろ、一昨日と同じぐらいの大雨がまた。

そろそろ娘たちが学校から帰宅してくる…
でも、置き傘はない。

過保護な私は、傘2本持ち、学校へ。

家を出るなり、雨はさらに強くなり、
膝よりも上がびしょ濡れに。

あぁ…
もし私の身長がもっと高かったら、
足がもっと長かったら、
ここまで濡れずにすんだものを…

まずは娘1の教室へ。

これからHRが始まる様子で、
廊下にもクラスメートが数人。

「●●~ お前のお母さんが来たぞ~!」と
男の子が娘1に伝えてくれて、
傘は無事に娘1の手に。

次は娘2。

みんな椅子に座って、教壇に立つ先生の話を聞いている…

まさかここで、ドアをガラ~っと開けて、
「傘だぜぃ!」という勇気はない。

中断させたなら、先生にも申し訳ない。

傘立てに置いたって、気づかないだろうし、
なんとか傘の存在を娘2に告げねば。

娘2はどこ?…と、そっと廊下から探すと、
一番後ろの席に座っている。

いいかも。

だけど、窓側だ。
廊下からは遠い。

廊下から、傘を振ってみたりしたけど、
娘2はしっかり前を見て、先生の話を聞いている。

娘2がダメなら、お友達でもいい。
お友達が私に気づいてくれたなら、
娘2に知らせてくれるだろう。

傘を手に……派手に動いてみた。

それはさながら、窓を拭くパントマイムのような…
もがき苦しむオンナのような…

誰か…気づいて…

先生以外の誰か。

……っとそこで、私の視線の前に…

――先生――

お互い、ギョッ!

は、恥ずかしい…

(たぶん私以上に先生が…)

かくして、傘は、先生の手から娘2へ。

ま、結果オーライということで。

学校を出ると…

雨が……小降り。

どーゆうこと?
こんなにびしょ濡れになり、
あんなに恥ずかしい思いをしたというのに…

娘2、傘をランドセルに引っ掛けて帰ってきました…

|
|

« 続けなきゃ、意味ない | トップページ | ちょいワル~ごくワル »

コメント

土砂降りのなか、お疲れ様でした!
星子さんの想いはちゃんと伝わっていますよ(*´∇`*)v。

投稿: hamuko | 2006/08/30 09:42

ありましたありました。そんな事が・・・
あれって、ほんと渡すタイミングに気を遣っちゃうんですよね~
私もほぼ星子さんと同じような動作をしていた記憶が・・・ 笑
でもって、帰ってくる頃には雨が止んでて・・・
ほんと、あの苦労はどうしてくれよう!
という感じですよね。
でも娘さんたちの心の中には
「あぁやっていつもお母さん、
よく傘を持ってきてくれたなぁ」
って残るもんですよ、きっと!

投稿: nagiteru | 2006/08/30 13:13

私が住んでる所でも、急に雨が降りました。「ゲッ自転車で来たのに~」と思いましたが、すぐ晴れました(ほっ…)星子さんは雨の中頑張って行ったのに残念でしたね^_^;お疲れ様ですm(__)m

投稿: H・I | 2006/08/30 19:11

皆さんコメントありがとうございました!

ホントに間が悪いというか、先が読めないというか…

私の母は、傘を持って迎えに来てくれるタイプではなかったので、いつもびしょ濡れになって帰って来ましたねぇ~
迎えに来てもらえる友達が羨ましかったし。

でも、びしょ濡れになるのも楽しかったかな。
娘1なんて、そう思っているかも?

投稿: 桜木星子 | 2006/08/30 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39099/3249014

この記事へのトラックバック一覧です: 雨雨ふれふれ母さんが~:

» SMAP/スマップ シングル/Single たぶんオーライ [ジャニーズ@パーフェクト大辞典]
毎日がんばって働いていて、充実している人、聴いてみて下さい。 きっと何か感じるはずです。 [続きを読む]

受信: 2006/08/30 14:52

« 続けなきゃ、意味ない | トップページ | ちょいワル~ごくワル »