« 替え時 | トップページ | 9.11 »

2006/09/10

お手伝い

夕ご飯を食べ、そろそろお風呂に入る時間になって、

娘2「何かお手伝いすることない?」

と聞く。

なんでも…
「週末にお母さんのお手伝いをしよう!」というのが
宿題だったということに気づいたらしく…

娘2「お風呂、洗おうか?」

とっくに終わってるよ…

遅いよ…あんた。

だいたい、お手伝いとゆーものは、毎日するべきもの!

やって当たり前なの!

宿題ではない!

ま、日々、何にもしていないわけでもない。
テーブルにお皿を並べたりは彼女たちの日課。

気が向けば、お皿洗いや洗濯物をたたむ。
掃除機をかけたり拭き掃除。

でももう少し、日々の日課を増やさなければなりませんねぇ。

とりあえず今日は、アイロンがけを、やってもらいました。



娘たちが寝る頃、ダンナさんが帰宅。

娘1「パパぁ~、お店、どうだった? ヒマだった?」

夫 「う~ん…今日は微妙だな。」

まるで夫婦の会話です。

妻が心配するべきことを心配して下さり、
娘1さん、ありがとう。

将来、口うるさいお嫁さんになることでしょう。

|
|

« 替え時 | トップページ | 9.11 »

コメント

お手伝い 大事ですよね。子どもの頃から身につさせてあげるのが親ですよね。星子さん さすがです! 家族はお客様ではない と松田美由紀さんもおっしゃってましたよ。 最近はなんでも親が子どもの先にたって子どもが本来やるべきことをやってしまう大人があまりにも多い気がします。子どもがしたことを『すごい よくで来たね』ってなんでもいうのは親ばか。親ばか、結構です!賛成です! 子どもがしなきゃいけないことを『○○ちゃん いーのよそんなことしなくても ママがやるから』ってのはバカ親。 やっぱオトナがしっかりしなくちゃです。星子さんの日記を読むたびに しっかりしてるなぁと感心します。

投稿: うさぎ | 2006/09/11 14:03

うさぎさん、コメントありがとうございます!
そして、初めまして!ようこそ!

おぉ! 親ばかとバカ親! 気に入りました!
親がするべきことは、正しいことを教え、自立して生きてゆける力を付けてあげることだと思っています。

だから「あれ、やれ!これ、やれ!」と言いまくっています。「ママ、自分がやるの面倒くさいから、私にやらせるんでしょ?」なんて言われちゃいますけど。
ま、ナニを言われようとめげません!

投稿: 桜木星子 | 2006/09/12 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39099/3393687

この記事へのトラックバック一覧です: お手伝い:

« 替え時 | トップページ | 9.11 »