« 威厳なし | トップページ | 胸肉 »

2006/10/17

不思議な体質

メンテナンスのため、19日の夕方まで更新できない模様。
なので、こんな時間に書いています。

午前中、ダンナさんの代わりに銀行に行って来ました。
通帳の名義変更のため。

午前中に帰る予定が…

午後になった…

1時間半もかかった!

混雑はしていなかった。
行けばすぐに順番が来たし、
銀行員の数より、お客さんの数のほうがずっと少ない。
「お客さんは私だけ」という時間も長かった。

なのに、どーしてこんなにかかるわけ?

置いてあった雑誌を読みつつ、
何気なく観察してみると…

3つある窓口は1つだけしか使われていなく、
その窓口で対応しているのは、若い女性一人だけ。
どうやら彼女が、お客さんのすべての対応をしているみたい。

後ろには7、8名の男性&年配の女性。
みんな、何かをしているが、
隣の席の人と談笑している人も、
常連のお客さんと世間話をしている人も。

頻繁に出入りし、新しい顔と変わる辺り、
どうやら、お昼休憩をとっている人もたくさん。

若い彼女が気の毒に思った。

私には銀行のお仕事内容などわからない。
各持ち場により、するべきことは違うのだろうけど、
たぶん思うに……

「今日の窓口の対応は彼女一人の担当」
「僕も昔は一人でこなしていたこともあったし」
「僕には僕の仕事があるから」

なんて感じの体質なんだろうなぁ。

「舞台の上で、他の人が落としたアクセサリーでも、
 そのアクセサリーを踏んで誰かが怪我をするかもしれないから、
 拾える人が必ず拾うこと!」

…etc…が当たり前の世界で育った私には、
「自分は関係ないし~」という体質が信じられない。

仏の桜木も、1時間以上待たされると人間になる。
だけど、窓口の女性に文句は言いたくない。
だから、思いっきり、ため息をついた。

それを見ていたのだろう。
かなり年配の男性が私の元に飛んできて、
「すみません、お待たせして…」
と、頭を下げにきた。

私に謝ってくれなくていいの。

私のため息を見ている暇があるのなら、
彼女を助けてあげなさいよ。

―――――――――――――――――――――――

 

|
|

« 威厳なし | トップページ | 胸肉 »

コメント

待たされることあります。よくわかります。
こういう状況の時どのように対応したらベストなのかわからないのでしょう。
ここが、大事なところだと思うのですがね。。

投稿: miyabi | 2006/10/20 22:24

わかります!
私も助け合うのが当たり前、なところにばかりいたのでたま~に桜木さんの見かけたような現場に出くわすと
「…ふぅ(遠い目)」
になります。
ましてお客様相手のお仕事現場だったりすると
「…お客様の目から見てそれってどうよ?」
と小一時間説教したい衝動にもかられます。
…銀行員さん、頑張れ。
桜木さんも頑張れ。
(その前に風邪早くよくなりますように…)

投稿: rinne | 2006/10/24 08:23

miyabiさん、rinneさんコメントありがとうございます!

きっとどこもかしこも、マニュアルに沿って動いたり、「今まではこうだった」なのでしょうね。臨機応変という言葉はないみたい。

よく娘たちに「今、この場で、何をすべきかを考えろー!」と言います。職場に限らず、家庭でも学校でも同じかな。

投稿: 桜木星子 | 2006/10/24 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39099/3836868

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な体質:

« 威厳なし | トップページ | 胸肉 »