« もう半年、あと半年 | トップページ | 祭りに参加 »

2006/10/03

あるべき居方

朝。

娘2「五時間目は参観日だよねぇ~」

その言葉で思い出しました!

冷蔵庫にちゃんとプリント貼ってあったのに、
数日前までは覚えていたのに、
…忘れていたわ…

ありがとう。言ってくれて。


五時間目の始まる5分前に教室に到着すると……

保護者は私しか……来ていない。
一番乗りということね。

チャイムが鳴り授業が始まっても…4名だけ。
子供たちは後ろを振り向き、
「うちのお母さん、遅いなぁ~」と心配そう。

その後、ぞろぞろと保護者到着。
その度、子供たち、後ろを振り向き、そわそわ。

娘2がよく見える場所に立っていたのに、
後から来る方々に押され、意図せぬ場所に行く羽目に。

お隣と、ひそひそ話しをするお母さん。

携帯が鳴り、「もしもし…」と言いながら廊下に出るお母さん。

廊下に出て授業も見ず、おしゃべりに花を咲かせるお母さん。

参観日に行くたびに思う。

たった45分、ナゼ集中できないのかなぁ~


さてその後は、先生&保護者の懇談会。

先生から学校でのクラス全員の様子や
学習の進み具合などのお話。

それから保護者一人一人が、何かを話す。

例えば今日のうちのクラスなら
「自分のお子さんについて最近感じたこと」など。

みんな、1分ほどでさらりと話す。
込み入った内容や相談がある人は、個々に先生に話せばいいのだから。

ところが、非常に個人的な話を、10分以上延々と続ける人がいる。

みんな、笑顔で聞いているしかない。
心の中では「いい加減にしてくれ~」「早く帰りたいんだけど…」
なんて思いつつも。

懇談会に行くたびに思う。

この場の空気を読み、あるべき居方ができないかなぁ~

そんなわけで……

参観日&懇談会に行くと、疲れる…

周りを思いやり、今この場で私がすべきこと。

それを私が学べたのも、
いつも大勢で団体生活をしていた宝塚のおかげかも。

――――――――――――――――――――――――――――――

|
|

« もう半年、あと半年 | トップページ | 祭りに参加 »

コメント

こんばんは。いつも楽しく読ませていただいています。
桜子さんのお気持ち、お察しします。
私は今年の3月まで子供英会話教室の講師でした。
1年に3回しかない参観日。なのに、桜子さんが書かれた通りのお母様の多いこと。
子供のお手本になるべき大人がこれで良いわけがないですよね。私は遠慮なく子供の前でも注意しますが、良い気持ちはしないです。
私が子供の頃は、お母様方はもっと熱心だった気がします。どうしちゃったのでしょうね~

投稿: ともこ | 2006/10/04 01:06

まさにその通りですよね。
参観日、懇談会での保護者の方々の
お姿には、うん~っと唸らざるを得ないことが
たくさんあります・・・

教師の質の低下などはよく言われていますが
保護者だって教師を困らせている方がたくさんいる中
私なんか先生に同情するばかりです・・・

これから先、学校教育はどうなるのでしょう・・・

投稿: nagiteru | 2006/10/04 08:40

初めまして。こんにちは!!!

いつも楽しく読ませていただいてます!!

さて、今回の内容は、まさに私もいつもいつも
感じていたことなのでコメントさせて頂きました。

本当にたった40分あまりになぜ集中できないのか。

うるさいほどの廊下でのおしゃべり、携帯電話、
子供の授業をなぜ見てあげないのか、というより、
子供の授業に感心がないのか。
授業中に他のお母さんに話しかけられて、
あまり答えない私が、かえって“浮いて”しまいます。
先生も困っている顔をしています。

そんな態度で、子供にどう教育をするというのでしょう??

言い出したらきりがないほど、私も参観日には
疑問&怒りがいっぱいです。

桜木さんとは、年齢もほぼ同じで、
同時代に(関わり方は違いますが)宝塚を好きになり、感じた世代で、とても親近感を感じています。
(同級生が宝塚に入った人もいます!!)

お身体を大切にされて、これからもご活躍下さい。

長文、失礼しました。

投稿: スズまま | 2006/10/04 10:57

星子さん♪こんにちは(^ー^)
そう~ですね・・・何の為の参観日か
分かりませんよね。
そんなにおしゃべりを楽しみたいなら校外で
するべきですよね!

自分の子供の事なのに関心の無い親御さんって
います・・・
それから自分さえよければ他人なんてどうでも
いいと思っている親御さん
両者も今の世の風潮なのでしょうか・・・

投稿: seira | 2006/10/04 12:29

星子さん、こんにちは。
つめもみ療法、続けてますか~?

ところで、
「あるべき居方」
すばらしい言葉ですね。品格を感じます。


有無をいわさず型にはめられて、音楽学校生って気の毒…と思っていましたが、じつは、あるべき居方を知らず知らず学んでいるのですね。

投稿: 春千代 | 2006/10/04 13:57

皆さんコメントありがとうございます!

ともこさん、スズままさん、ようこそ!初めまして!

今日の参観&懇談はそんなにストレスも溜まりませんでした。昨日は新米の優しい先生、今日はベテランの、愛情たっぷりゆえに厳しい先生。そうしたところにも、母たちの態度は変わるものなのかも。それも変な話。

「子は親の背中を見て育つ」とはよく言ったもんで、やっぱり一番は親ですよね。
口だけではなく「実践あるのみ!」で頑張りましょう。

投稿: 桜木星子 | 2006/10/04 23:16

うーむ うーむ 
 ほんとに世の中どうなってしまったの?ってことばかりですよ。 オトナがオトナになっていないというか… 子どもに恥ずかしいですよね。子どもの手本がないってこともよくないですよね こどもは見ていますよ。
 人のふりみてわがふり直していきたいもんです。

投稿: うさぎ | 2006/10/04 23:28

まったく同感です。

「ちゃんと先生の話聞きなさいよ~」とか
「授業中そわそわしないのよ~」なんて言ってますが(少なくとも我が家では)
親が模範を示せないようでは、子供だってその背中を見て育ちますよね!

どこの小学校でもそうなんですね。

酷い時は、教室に入って来ず廊下でずっと立ち話(しかも声がデカイ!)
なんてお母様方もいます・・・・

一人ひとりが心がけたい事ですよね。

投稿: さっち | 2006/10/06 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39099/3679396

この記事へのトラックバック一覧です: あるべき居方:

« もう半年、あと半年 | トップページ | 祭りに参加 »