« 秋晴れ | トップページ | 不思議な体質 »

2006/10/16

威厳なし

もう夕ご飯の時間なのに、
部屋を片付けずにTVを見ている娘2に、

私 「片付けなさ――い!」

と叱ったら……

娘2「ママ、私に“何才?”って聞いて。」

えっ……?
何よ、唐突に。
今、叱っている最中なんですけど…

でも、まぁ、とりあえず……

私 「……何才?……」

娘2「ごめんなさ~い。」

………

そーゆうことか。

私 「じゃ、今度はママに“何才?”って聞いて。」

娘2「何才?」

私 「白菜!」

そーゆうことでしょ?

娘2「“何才?”って聞いて。」

私 「何才?」

娘2「チンゲンサイ!」

いいじゃん!

その後、「天才」「野菜」「おやすみなさい」「関西」などと続き……

私 「“何才?”って聞いて聞いて。」

娘2「何才?」

私 「オナラ、臭~い」

娘2「…………」

どーしても私、そっち方面に行っちゃうのよね…

そして…気づく。

私……叱っていたんだ……

反省。

―――――――――――――――――――――――

|
|

« 秋晴れ | トップページ | 不思議な体質 »

コメント

わかります!私も子供を注意してたのに、[私の場合は言葉の語尾をかんじゃって違う意味になってしまう事がちょくちょくあり]いつのまにか子供と一緒に笑い出して注意している事を忘れてしまいます。子供が小さい時はごまかしもきいたのに・・・今では
中一&小四タッグには母一人では太刀打ちできません。口答えしないのは(できないんだけど)飼い猫の
ウーちゃんだけです。ただ口答えはしないけど、お片づけもしてくれませんが・・・。

投稿: えり・かずママ | 2006/10/17 09:15

そうですね。いつのまにか笑っちゃって何を注意してたのか、自分でも??で。
しかし、今では子供(高2息子、大学生1年娘)に諭される場合も時々あります。
笑いで返せず「うん、そうか」と納得している自分が一番おかしかったりします。

投稿: miyabi | 2006/10/17 11:51

えり・かずママさん、 miyabiさん、コメントありがとうございました!

私だけでなないようで(?)安心しました。

他にも、必死で叱っている時、自分でも何を言っているのかわからない時や、例えを引用して話しているんだけど、後で考えてみれば的確でなかったり。

言いたいこと、娘たちにはちゃんと伝わっていないでしょうね。

まだまだだぁ~

投稿: 桜木星子 | 2006/10/19 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39099/3829720

この記事へのトラックバック一覧です: 威厳なし:

« 秋晴れ | トップページ | 不思議な体質 »