« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

2006年ありがとう!


数時間で2006年も終わり……

だからと言って何なんだぁ?ってとこですが、
新年を迎えるたび、
「何かが始まる」「何かが変わる」という期待感が
毎年持てるものです。

おせち料理を作りながら、最終的な大掃除。
もう、ぐったりです……

外で、網戸を洗ったりしたもんで、
ほんの少し、寒気が。
風邪、ひいたかな?

18:30になって、数の子を買っていないことに気づき、
慌ててスーパーへ。

半額!!!

いいこと、あるじゃん!


さてこれから、年越し蕎麦を食べ、
おせちをお重に詰め、
ゆっくりお風呂に入りましょうか。


そうそう!
日付が変わったらすぐに、
「1月のTV番組」をアップしますから、
PCを立ち上げた時にでも見て下さいませ。

本当に本当に……

皆様、一年間ありがとうございました。

「宝塚ファン」ユーザーの皆様、このブログの読者の皆様に支えられ、
温かい気持ちで一年を終えることができます。


明日からも、いっぱいお世話になります!

どうぞよろしくお願いいたします!


星子

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/29

朝起きたら……

雪。

私の生息エリアでの、この冬、初めての雪です。




昨日より喉が痛い娘1と、
少し、喘息が出始めてる娘2。

明日からお医者さんはお休みだからと、
小雪の舞い散る中、いざ、お医者さんへ。


雪を待ち望んでいた娘たちは大はしゃぎ。

道々、雪を拾っては丸め、ぶつけ合ったり、
口を開け、雪を味わったり。



アンタたち……

お医者さんに行こうとしている人には思えないんだけど…

「こんなに元気なら…」と、
途中で帰ろうかと思いましたよ…



午後は予定通り、母のお墓参り。

住宅街から坂を少し上がっただけなのに、
そこはいきなり山の中。

「イノシシに注意!」の看板もある。

平地とはさすがに違い、雪の量も違う。

前も見えないほどの雪の中、
お墓のお掃除。

娘たちは……
お掃除そっちのけで、ここでも雪合戦をして遊んでいる。

何しに来たんだよぉ……




だけど、これが子供。


雪が降ったら大はしゃぎする今の気持ちが、
少しでも長く続きますように…




私……?

寒いし、洗濯はできないし、買い物は不便だし……

………

大人って、淋しいわ……


―――――――――――――――――――――

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006/12/28

捕ったどぉ~!

年賀状、終わったどぉ~~!

あとは、お掃除がちょこっとと、おせち料理。




数日前から軽く咳をしていた娘1。

夕方になり、

娘1「喉が……痛い……」

カンペキに風邪ね。
扁桃腺にキテるかも。

そりゃ、風邪もひくわさ。
お布団、蹴飛ばして寝ているんですもの。
昼間、小雨の中、外で縄跳びして遊んでたもの。

明日の母のお墓参りも行けないわね。

ごめんなさい……お母さん。




今のところ熱もなく喉の痛みだけ。
でも、土曜日からお医者さんはお休みだし、
楽しいはずのお正月が、
言葉どおり「寝正月」になっては悲しい。



夕ご飯を食べた後、

私 「お風呂も入らなくていいから、もう寝なさい!」

娘1「嫌だぁ~~~!!!」


涙目で訴えます。

娘1の気持ちはわかっています。

よゐこの「無人島0円生活」とやらを
見たいんです。

「捕ったどぉ~!」(byマサル)が大好きなんです。



私 「“捕ったどぉ~!”は録画して、寝ろっ!」


「赤ちゃんじゃないんだから、自分で治そうという気になれ!」
「治らないと、初詣にもスケートにも映画にも行けないぞ!」
という脅しが効いたのでしょう。
そそくさと寝ました。




それにしても……

昨年は、胃腸の風邪で12月25日に救急病院に担ぎ込まれる。

一昨年は、中耳炎で12月31日に休日診療所に走る。

間が悪いというか、なんというか。



明日は、お布団に縛り付けておく!

………

そんなこと、できないのが、アノ人だった…


――――――――――――――――――――――

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006/12/26

火事場のくそ力

昨日は、プレゼント見たさに早起きし、
遅くまで「ジョーズ」観賞していた娘たち。

今朝、起きたのは……

娘1が9:30。
娘2なんて11:00。

ま、許そう。





今日は大掃除をかなり頑張りました。

後は、キッチンの油周りと壁ぐらい。

障子の張替えは、1月にすることにしました。


色んな洗剤のせいで、
手が痒い。

ゴム手袋をはめればいいんですけど、
そんなのはめてたら、できないって。

いいのだ。

私の手は、主婦の手。
シワシワでもボロボロでも、
それが、年輪ったもんでしょう。




そして、今年最後の記事をアップしました。

今年最後であることを……祈る。

何か大きなニュースが飛び込んでこないことを祈る。



と言っても、まだまだあります。

新着サイトの更新。

金曜日のメルマガ。

元旦には「1月のTV番組」をアップするので、
それも作らねば。





で……まだ一切手をつけていない年賀状は?

おせち料理は?

母のお墓参りは?



全部、やっちゃお~じゃないの!

これが、やれるんだ。

切羽詰った時の火事場のくそ力で。



そんなわけなので、娘2さんにオネガイ。

娘2「ママ~「不思議の国のアリス」のDVDをいっしょに見よう!」

別にいいけど。

ママはきっと寝ると思うし。


―――――――――――――――――――

2006年のタカラヅカ総集編

―――――――――――――――――――

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006/12/25

メリークリスマス!

Merry Christmas!!


ご無沙汰(?)しちゃいました。

皆様、お元気?


無事、クリスマスを迎え、そして終わろうとしています。

何しろ昨年の25日は、
娘1はプレゼントを開けることもなく、救急病院に行き、
とんでもないクリスマスでしたから。



今朝は、6:30に起きた娘たち。
普段より……早いって。

クリスマスツリーの下に昨晩より仕込んであった
プレゼントに大はしゃぎ。

いいなぁ……
子供は。




で、ここ数日、娘たちが寝てから作った
ママからのプレゼントはコレ。

061225a



娘1がつい先日言ったんですよ。

「今までにいろんなクリスマスプレゼント貰ったけれど、
 何年か前、ママが編んでくれたマフラーが一番うれしかった」と。

彼女の思いやりゆえの、ちょっぴりお世辞が混じっていることは
わかっています。

だけど、聞いちゃったし。
そして、うれしかったし。

それに、手編みのマフラーなんて、
喜んでくれるのも今のうちだし、
リウマチのヘタレの手だから、
今、頑張っておかないと…と。




今年のケーキは女の子3名の作。

と言っても、土台のスポンジケーキは購入。
デコレーションのみ。

私はチキンを焼いたりと忙しかったので、
ホイップクリームを作ったあとは、
すべて娘たちにお任せ。

061225b


ナゼ、白と茶色なのかと申しますと……
娘2はチョコクリームじゃないと食べないもんで。

既製品ならこうはいかない。
希望通りで、楽しくって、おまけに安上がり!




「クリスマスパーティーの時、DVDを見よう!」と、
昼間、レンタル屋さんに行きました。


娘1が選んだのが「シャークテイル」

娘2が選んだのが「ジョーズ」


………なぜ?

なぜ、姉妹そろって、サメ?

なぜ、クリスマスに、サメ?

わかんないなぁ……


なんか、もうちょっと、ほんわかするものだったり、
クリスマスをテーマにしたものを見たいわけですが。


結局、「シャークテイル」は昼間、見てしまったので、
おのずと「ジョーズ」を。


チキンやステーキを食べながら、

……ジョーズ……

かなり、グロな気分です。



そして、見終わった娘2のご感想は……

娘2「フカヒレって食べたことがないんだよねぇ。
   食べてみたいなぁ。」


そ、そうですか。



―――――――――――――――――――

雪組トップ・朝海ひかる、舞風りら―退団

―――――――――――――――――――

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006/12/22

お手伝い

ここ数日、娘たちが寝た後、
クリスマスプレゼント製作に打ち込んでいたのですが、

まだ……完成していません。

ただでさえ不器用で、
その上リウマチのヘタレな手なもんで、
長時間できないわけです。

あとほんの少し!

何とか間に合うでしょう。



さて――

娘たちは明日から……

冬休み……

ふぅ……



一年中で一番慌しい時に
一日中家にいられるのはたまんないわけですが、
もうかなり大きくなったのですから、
使いこなそうと思っています。



ちょうどいいことに、冬休みの宿題の中に、
「お家のお手伝いをしよう!」というのがあります。

していただこーじゃないの!

普段よりもたくさん。




昨日、松居一代さんがお掃除している番組を見ていた娘2、
今日から開始してくれました。

塩を入れたぬるま湯で、玄関の床をこすったり、
掃き掃除をしたり。


娘2「玄関が大事なんです! わかりましたか隊員?」

私 「はい! わかりました隊長!」


お掃除隊長、なかなかの働きようで、
これは使えそうです。

ただ……気分が乗った時のみになりそうですが。



娘1は、学校で、何のお手伝いを書かされたようで、
そのプリントを見ると、

「せんたく」


私 「洗濯?」

娘1「うん。私、前からやってみたかったのよ~」

私 「そう……
   でもさ、洗濯は、
   洗濯をする、洗濯物を干す、取り込む、畳む。
   それで1セット!」

娘1「そ、そうなの……?」

私 「当たり前よ。
   洗濯だけなら、洗濯機がやるんだから。」

娘1「わ、かった…」

私 「で、洗濯の、どの辺が、前からやってみたかったの?」

娘1「あのね、
   洗濯機がガタガタ動いている時にね、
   体を押し付けて、
   体をブルブルさせてみたいの!」


………

困った人だ。


―――――――――――――――――――
   

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006/12/20

書き逃げ

やることがあまりにも多過ぎて……

だから、年末は嫌いだぁ!

毎年、後悔するから、
アレコレ早めに手をつけたのに、
やっぱり追いつかない…



今夜はこれから、
娘たちへのクリスマスプレゼント作成。

まともに出来上がったら、お見せします。

お見せできるんだろーか…


それでは、書き逃げ、ご免。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006/12/18

おやつ

今日から3日間、学校では個人懇談会。
うちは明後日ですが。

個人懇談会の期間中は4時間で帰宅します。



久しぶりの4時間。
娘1の仲良しのお友達が遊びに来てくれました。

そこに娘2も混じってゲーム三昧。

必死でゲームをすると言うより、
ふざけあってじゃれあっている感じ。

ぎゃ~ぎゃ~と、笑い声が絶えません。




驚いたのが……

おやつの減り方!

娘たちが大きくなるにつれ、
おやつの減りはすさまじいものになっていますが、
今日は凄かった。

「ママぁ~おやつがもうない~」
という娘たちの声に、
結局、これだけ出しました。


チョコのプチケーキ3個。

ポテトチップ1袋。

クッキー1箱。

キットカット1袋。(“袋”ですからね!)

おせんべい12枚。

そしてミルクティー。



これを、3名で完食。


うちの娘たちだけなら、せいぜい、
チョコのプチケーキ+おせんべい2枚ってとこでしょう。

でも、折角お友達も来て下さっているし、
お友達も食べたいだろうし……と、
言われるがままに出していました。

いや……全部、出したわけではない。
勝手にキッチンから持って行かれたものもある。



最近、お腹ポッコリのため、
スナック菓子を与えてもらえない娘1も、
こーゆう状況ならママは許してくれる……と、
わかっているのでしょう。

見透かされる!




さて、
またお友達が来てくれる時のため、
スナック菓子、買いだめしなきゃ!

――――――――――――――――――――――

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006/12/17

二人のイイ顔

昨夜も娘1の寝言で起こされました……

ありゃ、寝言と言うより、雄たけびかな。


娘1「何! 何なの? ナニナニナニナニナニ~!!!」


………


こっちが言いたいよ…

アンタこそ、何なんだよ!



さて――

今日は二人で年賀状作り。

娘1はデスクトップ、娘2はノートパソコンで、
それぞれ自分のを作りました。

顔写真を入れ、そこに猪なんかの素材を入れ、
文字を入れ……

かなり、使いこなせます。



おもしろいと思ったのは……

今年撮った山のようにある写真から、
偶然にも、二人が同じ写真を選んだこと。


二人とも、とってもイイ顔して笑っている写真。

「私のイイ顔」ではなく、
「二人のイイ顔」を選ぶあたり、
仲良しで、似たもの姉妹なのね。



プリントアウトして、次は宛名書き。

娘1「相手の住所、印刷してる人、いるでしょ?
   私もそうしたい~」

私 「ダメ! 却下!」


何百枚、何千枚出すんなら別だけど、
わずか30枚程度、自分で書かねば。

何百枚単位でも、私は自分で書いていた。
小学生のうちから楽してどーする?


年に一度のお便りなんだから、
相手の顔を思い浮かべつつ、
一枚ずつ、丁寧に書きなさい。



――――――――――――――――――――――――

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006/12/16

銀行振込

最近、お顔が……重い。

リンゴも落ちる。

お肌も下がる。

万有引力と思うことにしよう。




さて――

パパ&ママからのクリスマスプレゼントとして、
スポーツスタッキングのカップを
オンラインで注文したのですが…

注文してから10日以上経つのに、
まだ来ない。


注文確認のメールを確認してみたら……

そりゃ、来ないはずよ。

お金を振り込んでから送られてくるんだから。


いつも、
代引きとか、コンビニ払いにしているのに、
なぜか私、銀行振込にしていた…


ナゼなんだぁ~

ナゼ、そんな面倒くさい手段にしたんだぁ?




たぶん……おそらく……
クリスマスに間に合わないかも。

ごめんよ…




でも、パパ&ママから…にしておいてよかった。

もしこれが、サンタさんから…にしていたら、
サンタさんの評判を落とすことになりかねない。

もしくは……
サンタ疑惑が持ち上がるかもしれない。



はい……
ママのせいですから。

――――――――――――――――――――――――――

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006/12/15

よせばいいのに

朝から頭痛。

やっぱり首……痛くなってしまいました…

よせばいいのに。
ほんと、馬鹿ね、私。

しばらく頭痛薬のお世話になることでしょう。



さて――

宝塚歌劇2007年後半のラインナップが発表されました。

更新してありますのでどうぞ。

2007年宝塚歌劇公演スケジュール


また急に、このスケジュールの中に新しいページを作りたくなりまして。
年間一覧のようなものを。

FTPでテーブルで作るのが、どうも好きらしい。

今夜はまだまだ頑張りましょう。


―――――――――――――――――――

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006/12/14

ぐるん

娘1の最近の悩み……

「体育のマット運動で、後転ができない」

運動が得意そうに見えて、実はそうじゃない娘1。
後転にいたっては、娘2でさえ上手にできるのに、
姉の自分ができないという屈辱も感じている。


なので家でもマットを敷き、自主練習をしている。

(家を壊さない程度にやって欲しい)


全くできていないってこともないんだけど、
フォームが非常に汚い。
横に曲がるし、体は丸くなっていないし。

「手は、もっとこう付く!」「体を……」と、
あーだ、こーだ、口で言っても可哀想なので……


私 「どいて! ママがやって見せる。」

娘1「ぇえっ…? ママ、できるの…?」

私 「昔は……できた。」

娘1「昔って、どのくらい昔?」

私 「20年前はできた。」

娘1「もしかして……それからやってない?」

私 「やってない!」

娘1「やめといたほうが……」

私 「いや、やる。」



心配している(でも顔は笑っていた)娘1をよそに、



ぐるん。



できるじゃん!!!



今のはまぐれだったのかもと、もう一度。

何の問題もない。


さらに、もう一度。

イケル。




しかし……

「ママ、凄い!」と言いつつも、娘1には別の悩みが…


娘1「私の運動オンチは、ママのDNAだと思っていたのに…」


どうやら、
「パパはスポーツ万能。ママに似たんだから仕方がない」と思うことで、
「ま、しょ~がないよね~」なんて思っていたのだろう。


私 「DNAなんてもんで、○○ができる、できないなんて
   すべてが決まるもんじゃない。
   努力せいっ!」



そして……

後転を三回やって思い出しました…


「ジュテーム」の「花占い」の場面の後転で頚椎捻挫したことを。

後転とは非常に相性が悪いことを。


おまけに今、頚椎症と関節リウマチという持病を持っていることを。



明日が……怖い。





―――――――――――――――――――――

   

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

2006/12/13

苦め

ダンナさんが持って帰ってきたキットカットのビター。

ビター味のキットカットがあるなんて、
今まで知らなかったよ……


ビターということは、苦めということね。

苦めのチョコは大好き。

チョコも人生もオトコも、
甘いだけじゃ物足んない。
苦くなきゃ。




で、ビター味を食べてみる。
ほんの少し、ほろ苦い。
ミルク味より、ずっと美味しい。。

これは、娘たち向きではなく、
……私……ね。

そう。これは私のもの。



匂いをかぎつけたのか、そこへ、奴ら、登場。


娘1「あっ! どーしてママ一人で
   チョコ、食べてるのぉ?」

娘2「私も食べた~い!」

私 「だってコレ、苦めだよ。
   苦いチョコ、嫌いだって言ってたでしょ?」

娘1「私だって食べれるもん!
   子供にあげないで、自分一人で食べるなんて、
   ヒドイ母親!」


チョコ一つで、ヒドイ母親呼ばわりされるなんて…



私 「じゃ、食ってみそ!」


娘2、少しかじって、

娘2「やっぱり、いい……」

ほ~ら。


娘1、思いっきりかじり、

娘1「普通のキットカットの方がオイシイけど、
   ちょっと苦いけど、食べれないことはない。」

なにも……無理して食べなくても……


私 「食べれないことはない?
   そんな気持ちなら、食うなぁ!
   ママはこれが好きなんだ!
   ママに食べさせろ~~!」

娘1「ヤダ! 食べてやる~!」


ムシャムシャ。

ヒドイ……よ。



いつだってさぁ、パパもママも、
アンタたちが好きなものは、自分が食べなくっても、
アンタたちにあげているでしょーが!

なのに……なのに……

ヒドイのは、そっちだ。



チョコごときで……と思われそうですが、
チョコごときで、これからも親子喧嘩してやる。




――――――――――――――――――――――――

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2006/12/11

残高不足

昨日から、

「トイレにいくと、下腹の辺りがキュンと痛い!」

と言っていた娘2。

わずかですが、血尿も出ました。


こりゃ、膀胱炎だな…と、今朝お医者さんへ。

尿検査の結果、とりあえず膀胱炎とのこと。
ばい菌がウヨウヨいるらしく、再度検査をするそうで、
結果には2、3日かかるらしい。

今日は学校を休ませましたが、
本人は、いたって元気。
お薬が効いているのか、それとも回復に向かっているのか、
夕方には、もう痛みはなくなったそうです。

はい。よかった。


それにしても、冬場は何かと病気にかかり、
特に子供がいると、
お医者さん代もバカになりませんね。




なんて考えていたら……

娘1が学校からもらってきた封筒。

封筒には「お金袋」と書いてある。
初めて目にする封筒。

宿泊学習などの費用の積み立てかしら?
なんて気楽に思いながら、中を見ると、
プリントが一枚。


「給食費等の引き落としが残高不足で出来ませんでした。
 今月分は、現金で徴収いたします。」

げっ……

恥ずかしい……

一応、今年度のPTA会長の妻。



給食費の引き落とし用の銀行は、
それだけしか使っていないから、
増えることはなく減る一方で、
ついついお金を預けにゆくのを忘れちゃうのよね…



すみません!

今月分は現金で明日お支払いいたします!

そして二度とこのようなことのないよう、
ガツンと気を引き締めますので!



――――――――――――――――――

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006/12/10

本領発揮

女の子3名で、近くのショッピングセンターへお買い物。

洋服や文房具を買い、最後に食料品売り場へ。



日曜日の食料品売り場。

入るなり、試食のみかんが差し出されます。

娘たち…とりわけ娘1の目が、ギラッと輝きます。

アタシの出番よ!

ここから私は“他人”と化し、一人で買い物。




時々、あちこちのコーナーで、試食コンビに出会います。

聞きもしないのに、その度、報告してくれます。


娘1「ポタージュスープ、おいしかったよ!」

……そうですか……


娘1「野菜の入った平てんみたいなの、
   あれ、お醤油つけて食べるといいねぇ~」

……ほぉ……


娘1「干しぶどうみたいなのが入ったシリアル、
   私、好きじゃない…」

タダ食いしておいて、文句たれるな!


他に、アロエヨーグルト。ヤクルト。




しばらくして……

お肉コーナーの片隅に、縦に一列に並ぶ試食コンビを発見!

あの場所は、ウインナーソーセージだな。
あのコンビの大好物の。


優しそうなおばさんの声が聞こえる。
「ちょっと待ってねぇ~ 今、焼くからね~」

見ると、ホットプレートはからっぽ。



試食コンビは……

ソーセージが焼けるのを、待っているのかい?

どこどこ名産の、初めて口にできるものならいざしらず、
ソーセージを、並んでまで待つかぁ?

お行儀よく、縦に一列に並んでまで?



情けない……

悲しい……

母ちゃん、涙が出そうだよ……



たぶん思うに……

「食べたい」だけじゃないと思う。
おばさんやお姉さんに「食べる?」と優しく差し出され、
「おいしい?」なんて聞かれ、
「うん! おいしい!」なんて答え……

そのシュチュエーションが、なんか、楽しいのだろう。
ちょっと大人っぽくて。
特に、コミュニケーション好きの娘1には。




少しして、またコンビの姿が。

娘1が、娘2の肩を抱き、何やら耳打ちしている。

……危険な予感……

そして、姿は見えなくなった。




その後、娘2に聞く。

私 「★★(娘1)に、何か、頼まれた?」

娘2「うん。
   “チーズの付いたパンみたいなやつ、もらって来て”
   って頼まれたの。」

……チーズフォンデュだな。



……くぅ……


奴の魂胆は、

・自分は一度食べた。

・二度取りに行ったことがバレるとママに叱られる。

・チーズ嫌いの妹は食べていない。

・なので妹に取りに行かせよう。

何と浅はかな。



断らない娘2もどうよ?

だけど思えば、消極的な娘2のため、
これまで娘1は助けてやっていたからね。

風船を配っていたら、
「妹の分もクダサイ!」
薬局に行けば、
「妹の分の指人形もクダサイ!」などと。

お世話になった恩返しもしなきゃ。




……なんて言ってる場合じゃない!

結局、試食コンビが食べた中、私が買ったのは、
ヤクルトだけ。

申し訳ありません…




私 「いい加減にしなさい!
   試食とは、買ってみようかな~と思う人がすること!」

娘1「でもさぁ……私が試食していると、
   周りに人がいっぱい寄って来るんだよね。
   で、買い物カゴに入れていくんだよ?」


ニコニコ顔で「オイシイ!」と言って食べてりゃ、
そうもなるでしょう。




そんなわけで……

スーパーの店長さん、
試食のサクラが必要な場合、
うちの娘1にご用命を!

ノーギャラで結構ですから。


―――――――――――――――――――――

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006/12/09

公平な判決

「今夜は、ママの餃子と炒飯が食べたい!」

ほら。

回せる中華より、ママの中華の方がいいんだ。

それが、おふくろの味ってもんでしょうね。




さて――

夕方、PCに向かっていたら、
隣の部屋から……

娘2がふざける声に続き、
「バシッ!」と、ひっぱたく音。

その場にいなくても、何かしていても、
母親ならある程度の様子はわかるもんです。


さぁ~来るぞ~と思っていると……

「うわぁ~~」と泣きながら私の元にやってきたのは
いつものごとく、娘2。



私 「はい。今日はどーした?」

娘2「あのね…★★(娘1)がね、
   私のこと、ぶったぁ!」

うん。
その音、聞こえてた。


私 「何で、ぶたれたの?」

娘2「ただ、★★に、“セイウチ”って言っただけ。」

うん。
あんたがお姉ちゃんに“セイウチ”って何度も言ったのも
聞こえてた。



これは、双方とも悪い。



娘1を呼び、

私 「自分より弱い者に手を出すなと何度も言っているだろーが!」

と叱り、

娘2には、

私 「言われて嫌なことを、言うな!」

と叱り。



さらに、娘1に、

私 「狭い場所でゴロゴロダラダラ寝転がるな!
   “セイウチ”と言われても仕方がないだろーが!」

と叱り、

娘2には、

私 「★★に一発ぶたれたくらいで、すぐママに泣きつくな!
   ★★に言いたいこと、言え!」

と叱り。



こんなこと、我が家では日常茶飯事。

私はしょっちゅう大声を張り上げ、
目を吊り上げています。




娘たちのお母さんとの会話の中で
「うちの娘たち、いまだに引っ叩き合いのケンカするの。」
と言うと、
「えっ? 女の子同士なのに?」とか、
「うちなんて兄弟だけど、ケンカしないわ~」
なんて聞き、
「えっ……そうなんだ……」と驚きます。



兄弟げんかをするほうが○なのか、それとも×なのか…
そんなものに答えはないでしょうけど、
ケンカをすることによって本人たちがわかることは
たくさんあると思うな。


だけどそのためには、
親がちゃんとその状況を把握し、公平な判決を下して叱らないと、
どちらかが、ひがむ。
その結果、兄弟仲が悪くなる。



ケンカの状況が正確に把握できないときは、
本人たちの言い分に頼るしかなく、
裁判長はちょっと困りますけど。

だからそんな時は言います。

「今ママは、あんたたちのケンカを見ていなかった。
 だから、どちらが悪いのか、わかりません。ごめんなさい。
 自分たちで、解決して下さい」と。

ヘタに、
「たぶん、こっちが悪いだろう…」と思い、
どちらかを叱るのは、危険ですから。




と……

こうしてケンカをしても、
「私も悪かった…」と素直に反省しているからか、
数分後には、べったり遊んでいます。

お友達とでは、こうはいかない。
これが、兄弟のいいところかも。




そして、娘2とお風呂の中で話し合い。

私 「最近、★★、太ってきたのを気にしているから、
   “セイウチ”は傷ついたんだよ。
   だから、そーゆうこと言うの、やめようね。」

娘2「うん。
   今度は“アザラシ”ぐらいにしておく。」


………

それも、ちょっと…






―――――――――――――――――――――――

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006/12/08

回せる中華

今日は私の父の71歳の誕生日。

061208


普通、プレゼントを持ってこちらが出向くもんでしょうが、
父が我が家に来てくれました。

コーデュロイのジャケットにジーンズ、ブーツ。
71歳には……とても見えない…。
さすが、ジャパニーズ・ミュージシャン。
(頭髪テキな問題はありますけど。)


私たちからのプレゼントは、バースデーケーキと、
ナイキetc のタオルマフラー。
寒い時期は、家の中でもマフラーをしているということなので。


ケーキの前にもちろん夕食。
これも普通、私が作るか、
外食ならばこちらがご馳走するもんでしょうが、
外食で、お会計は……父。


数日前より「どこに行こうか…?」と悩んでいたら、
娘1が……

娘1「私、本当の中華料理を食べてみたい!」と。

本当の中華ぁ?
食べてるじゃん!

餃子、春巻き、ラーメン、炒飯、麻婆豆腐、酢豚……

ママが作っても、本当の中華料理だぃ!


娘1「中華を、回したいんだよねぇ~」

ほぉ~

円卓ね。

じゃ、回しに行きましょ!

ということで……回せる広東料理店へ。



そして、食べた食べた。
おいしかったぁ~

父も満足。
娘たちも気に入ったご様子。



娘たちよ。
一つ言っておきますが…

アナタたちは未経験だけど、
この世には、
「回さないお寿司屋さん」があるんだよ。

「お寿司を、回したくないんだよねぇ~」

そんなことは、まだしばらく言わないでね。



――――――――――――――――――――

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

2006/12/07

お金の価値

昨日に引き続き、クリスマスプレゼントを悩んでいる娘たち。


「自転車が欲しい」と言っていた娘2が、

娘2「自転車は、お誕生日にする。
   だって、自転車、高いでしょ?」

と言い出しました。

そりゃ……
850円のリカちゃん人形の赤ちゃんに比べれば、
うんと高いよ。

私 「でもさ、お誕生日に変えても、同じでしょ?
   それに、欲しいんでしょ?」

娘2「欲しいんだけど……
   今の愛車を捨てるの勿体無いし、可哀想だし…」

愛車ねぇ。

補助輪付きの時代から乗っていれば、
立派な愛車だわねぇ。
新車に乗り換えるのも淋しいわよねぇ。

私 「ま、アナタが今欲しいものにしなさい。」



今度は娘1。

唐突に、妙なことを聞いてきます。

娘1「どっちのじじ様がお金持ち?」

はぁ?
パパ側のじじ様と、ママ側のじじ様と、
どちらがお金持ちっていうことね。

どっちも……お金持ちとは言えないんですけど。

私 「なんでそんなこと、聞くの?」

娘1「欲しいゲームのカセットが2つあるの。
   どっちのカセットを、どっちのじじ様にもらうか
   悩むわけよ。」

私 「いくらと、いくらだぁ?」

娘1「4600円と、4800円。」

………

200円の違い。
200円の違いを気にするとは。

私 「そんなこと、気にしなくていいの。」




二人とも、ああ見えて、実は気を使う人。
そして、お金の価値感に対して成長もしたのでしょう。


これは私の影響だな。
すぐ、言っちゃうんですよ。

水道の水を流しっぱなしで歯磨きをしていたら、
「資源を大切にしろ! この水にもお金がかかっているんだぁ!」とか、
物を大切にしなかったら、
「パパが一生懸命お仕事して買ったものを粗末にすんなぁ!」とか。



でもね、
今ここにあるものを、与えられることを、
当たり前と思う大人にはなって欲しくないから。



きっと二人のじじ様は、可愛い孫が、
金額のことでプレゼント選びに悩んでいることを知ったら、
「情けない…」「不憫だ…」なんて思うかもしれません。


だけど、たぶん、おそらく、
このままの思いで大きくなれば…

カレシに、
「私のことを愛しているなら、
 ドコソコのナニナニを買って~」とか、

結婚相手に、
「毎年記念日には、プレゼントちょーだいね。
 それが結婚の約束だからねっ。」

なんていう、お金で愛を査定するおバカ女や、
“金額=ワタシの価値”なんていう中身に自信のない女には
ならない気がします。




で……

もうどーでもいいから、
早く、プレゼント、決めてくれ~




――――――――――――――――――――

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

2006/12/06

サンタさんの音

娘たちが、

♪も~い~くつ寝るとぉ~~クリスマス~♪

と歌いながら、クリスマスプレゼントについて話し合っていました。

「パパママにもらうのと、じじ様やばば様にもらうのと、
 サンタさんにもらうのと……」

いいよねぇ。子供は。

アタシも欲しいよ…



二人そろって欲しいのは、スポーツスタッキングのカップ。
これは、パパママからで、ネットで注文。

娘2は、もう少し大きい自転車が欲しいらしい。
確かに買ってあげねば。
幼稚園時代からずっと同じのに乗っていますから。
これは……じじ様やばば様に頼むとしよう。

サンタさんへのリクエストは、リカちゃん人形の赤ちゃん。
850円らしい。
それはいいぞ!
パパサンタさんは笑顔でOKするでしょう。



娘1はゲームのカセット。
でも、何のカセットかは決まっていないらしい。

早く決めなさい。
ママサンタさんにも段取りってゆーもんがあるんだから。
師走は忙しいんだから。





さて、二人でなごやかに話しています。

娘1「何年か前のクリスマスの夜、音がして、目が覚めたの。
   シャンシャン……ってゆー音。
   あの時、サンタさんが来てたんだよ。」

彼女、4年生。
まだ信じています。


娘2「それ、サンタさんじゃないよ。
   サンタさんは、リンリンってゆー音で来るんだもん。」

娘1「でも、シャンシャンだったもん。
   ……もしかしてアレは……ゴキブリ?」

……

真冬にゴキブリ?

だいたい、寝ている子を起こすほどの音を出すゴキブリは、
どんなでっかいゴキブリなんだよぉ!


娘2「そうだよ。それはサンタさんじゃないよ。
   サンタさんは、リンリンだもん!」




もう、どーでもいいよ。
シャンシャンでもリンリンでも、
サンタさんでもゴキブリでも。

娘1よ、早くリクエスト、決めてくれ~

―――――――――――――――――――

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

2006/12/05

つないだ手

ナナメ前の叔母のSちゃんに遊びに行っていた娘たち。

いったん我が家に帰り、タンスや押入れを物色中。

洋服やら、毛糸やら、綿やら、布きれやら…

それらを持ち、再度Sちゃんちへ。

また、ややこしいことを始めているな。


しばらくして……

「ママぁ~ちょっと見に来て~!」

さてさてなんだろう…と
Sちゃんちに行ってみると……

061205

あら。

うん。可愛い。

雪も降っている。

つないだ手も可愛い。


大きくなっても、お嫁に行っても、
二人がいつまでもこんな風に、
心をつないでいてくれますように。

―――――――――――――――――――

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006/12/04

医学書<アニメ

今日から娘1は元気に登校。

そして今日は参観日&懇談会。

娘1、娘2と同じ時間なので、教室を行ったり来たり。
じっくり見られないのが残念。


今年は人権月間ということで、双方とも人権に関する授業。

娘1のクラスは、障害を持った人に対して。

様々な障害を持った人々。
その人たちの苦労を知るとともに、
健常者にも、できることとできないことがあるのだから、
それと同じ。
その人たちを「可哀想…」とは思わず、
できないことは助けてあげましょう……といった内容。


まず、

先生「色々な障害があるね。どんなのを知ってるかな?」

との質問に、

生徒「目が見えない人」

生徒「耳が聴こえない人」

生徒「手足が不自由な人」

生徒「脳に障害のある人」

と、続いた後、

娘1「味覚障害!」

先生「ほぉ~~よく知ってるねぇ~
   みんな、知ってた?」

生徒「…知らない…」



娘1さん、医学には詳しいですから。
「たけしの本当は怖い家庭の医学」ででもお勉強したのでしょうか。



家に帰り、

私 「味覚障害という言葉、よく知ってたねぇ。」

娘1「名探偵コナンでさぁ、
   事故で味覚障害になっちゃった人が、
   それを怨んで事件を起こす…ってゆーのがあったのよ。」



やっぱりアニメかよ…

でも、アニメも勉強になるのよねぇ。

―――――――――――――――――――――

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006/12/03

本当に大切なモノ

娘1は元気になったのに、
昨日は私が絶食。

思うに、娘1の胃腸の風邪がうつったのでしょうね。

と言っても、腹痛と熱が出た程度。
病院はお休みだし、市販の薬と、「ひたすら寝る」で回避。

今日はもう起きて、家事やら何やらやってます。
ママチャリに乗って、買い物にも行きました。
半日休んだだけで、やること、溜まっちゃうんですよねぇ。

ちょっと、フラフラ。


それにしても…

11月初めには、娘2のがうつった。
そして娘1のが。
両方とも軽かったんですけど、
自分の体力の衰えにげんなりします。

以前は、年に一度、風邪をひく程度だったのに…

特に40を過ぎてから、がっくり衰えた気が…

あぁ……哀し……


12月は、寝込んでいられないんだよぉ!

年賀状なんて、葉書すら買っていない!




そうそう。

今年も、石渡真澄さんがガイドの「パソコンスキルアップ」にて
年賀状をご紹介しています。

他のガイドさんのはとっても力作で、
あまりにもシンプルな私は申し訳ないような…


コレを作る数日前、NHKでチャップリンの特集番組を見たのです。

「モダンタイムス」や「独裁者」を作った
チャップリンが生きていたなら、
今の日本を、そして世界をどう感じ、
おもしろ哀しく風刺してくれたでしょうか…?

そして、
本当に大切なモノを教えてくれたことでしょう。




――――――――――――――――――――――

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

2006/12/01

6回目の真実

今日は登校しようと用意していた娘1。

だけどお休みしました。

やっぱり、しっかり食べていないから、
体がフラフラするそうで…

とりたてて具合が悪いわけでもなく、
なのに、ずっと横になっている娘1を見ていると、
……娘1じゃないみたい……


食欲もない。

「何か食べたいものある?」と聞いたら、
「蒸し芋!」

買いに走りましたよ。

圧力鍋で蒸しましたよ。


なんとかこの週末で、元気にさせねば。




と言うわけで…

昨日に引き続き、今日も、
「探偵たちの鎮魂歌」を見ていました。

6回目。



途中、止めて、巻き戻しをするんです。

6回目だというのに、何を確認したいんだろう…


私 「何で、巻き戻し?」

娘1「ほら、この、蘭と一葉が二人で、

   “目暮警部~”って走って来るところ…

   一葉のオッ○イが、微妙に揺れるんだよ!」

私 「……それを確認するための……巻き戻し?」

娘1「うん! ママも、見てごらん!」


………


ナゼ、そんなところに目が行く?

アンタ、本当に小4の女子か?


そんなところまで逐一チェックしていたら、
そりゃ、6回続けて見られるわけね…




――――――――――――――――――――――

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »