« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

その女、凶暴につき

今日は水曜日。

お休みなので、娘たちが帰宅するまでダンナさんと買い物。

ホームセンターで、ヘルスメーターを買いました。

壊れていたんですよ…

さほど、体重の増減のない3名にとっては、
壊れていてもいいんです。

しかし……

爪や髪の毛と同様のペースで
体重も伸び続ける娘1さんにとって
ヘルスメーターは必要です。

なので購入。

その後、大型スーパーで、傘を購入。

これも、娘1さんのため。

奴は、半年に1本、ぶっ壊すんです…

傘だけじゃありません。

お弁当箱、箸箱、筆箱、防犯ブザー、目覚まし時計……
スニーカーもジーンズも、すぐに穴が開きます。

何をどーすれば、そんなに壊せるのかを問いたいです。

動きが……凶暴なんでしょうねぇ。

かたや娘2は、モノを大事に扱うんですよ。

傘なんて、幼稚園の年少組から同じのを使っています。
あまりにも小さい傘なので、新しいのを買おうとしても、
「まだ使えるし、思い出もあるから捨てたくない。」なんて
可愛いこと、言います。

姉よ、見習え!

お金は有意義に使おうよ……


さて、帰宅してお昼ご飯。

私 「おいしいパスタかなんか、食べたいなぁ~」

夫 「わかった。」

おぉ! 
まだ、私の“甘え”は通じるのね?

ま、ここんとこ、私も頑張っていますし。

冷蔵庫の余りモノで作ってくれたのが、
菜の花のパスタ。

070228

おいしかった~

人に作ってもらう喜び……

コックのダンナさんを持った喜び……

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

2007/02/27

ランチ~

今日はお店のお手伝いをお休みして、
幼稚園時代のママさん10名とランチ!

久々に、ゆっくりとお昼の時間を堪能できました。

だってここ最近のお昼と言えば…
厨房の片隅で、まかない料理を5分ぐらいで、
“食べる”と言うより飲み込んでいたもの。

これはデザート。

070227

オードブルもメインもとっても美味しく、
見た目もきれいで……
お値段もリーズナブル。

それにしても……
50名ぐらいいたお客さんは、ほぼ全員女性。
私たちと同様、ママさん仲間といった雰囲気。

世の夫たちよ……
ごめんなさい……

でも、たまには許してよね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

2007/02/25

人気急上昇!

最近、ダンナさんの人気が急上昇です。

ちなみに……
娘たちの間だけですが。


お父さんが倒れ、お店を一手にまかされ、
帰宅するのも娘たちが寝てから。

娘たちがパパと会って話せるのは、
水曜日ぐらい。


だからね。
ダンナさんの話ばかりするんですよ…

「パパは家族のために、お仕事、頑張っているよね…」とか

「パパに会いたいね…」とか

「パパが笑うと優しい顔だよね…」とか

「パパ、体、大丈夫かな…」とか

「パパはさ、子供とママを愛しているんだよね…」とか

「勉強でわからないところがあっても、パパはわかるように教えてくれるよね…」とか。



「離れてみて、親の有り難味が初めてわかる」なんて言いますけど、
今の娘たちは、そんな気持ちなのかも。

それがわかるということは、
とっても素晴らしいこと。



でもさ……
一つ、言っていい?

ママだってさぁ~
パパと同じなんだけどさぁ~

ママだって、昼はお店のお手伝いして、
家事もして、パソコンのお仕事もして、
パパほどじゃないけど頑張っているんだけどさぁ~

ダンナさんだけ、ズルイ!



一週間ぐらい、旅にでも出ようか…?
そしたらママの有り難味、わかってくれる?


ま、いっか。

娘たちへの想いは、
究極の無償の愛ですから。



――――――――――――――――――――――

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007/02/24

グレーな気持ち

まだまだ入院生活が続きそうなダンナさんのお父さんのため、
女の子3名で千羽鶴を折っています。

「パパは、じじ様の分もお店を頑張っている…
 ママもお手伝いをしている…
 私たちにも何かできることは…?」

そんな娘たちの思いから始まった千羽鶴。



折り始めて10日余りが過ぎましたが、
まだ半分。
娘たちは、あの小さな折り紙をそんなにさっさと折れません。

それに、1日たくさん折れる日もあれば、
まったく折れない日もありますから。
子供だって、宿題や遊びやら、何かと忙しいですから。
私も然り。


箱に色別に重ねて入っている折り紙。
全部で20色。
1色50枚。

上から折ってゆくと、
黄色系統に始まり、オレンジ系統、赤系統、
茶色、グレー、ピンク系統、紫系統、青系統と続きます。




昨日は3名で茶色を折りました。
心なしか、折るスピードが出ない娘たち。

夕食後、

私 「よし! TV見ながら、グレーも折ろう!」

二人「えっ~~?」

私 「頑張ろうよ! じじ様のためだっ!」

娘1「茶色の次はグレーなんだよねぇ……」

娘2「ピンクなら折る気がするんだけど、
   グレーは折る気がしないのよ…」


なんじゃ、そりゃ!

色で、折る意欲が沸かないだとぉ?

お前たち、志が低い! 


結局、グレーには手をつけず、娘たちは寝てしまいました。




その後ダンナさんが帰宅し、
お店のことやPTAのことなど、
色々とややこしい話しをしている間も、
私の手は、グレーを折り続けます。


そしたら……

娘たちの気持ちがなんとなくわかったよ……

最後、鶴の首の部分を折り曲げる時なんか、
鶴を折っているんじゃなく、
象を折っている気分になったよ……

机に並んだちっこいグレーの集団は、
ネズミに見えたよ……

――――――――――――――――――

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

★お知らせ★


こちらでは……お久しぶりです。

現在、ここでブログを書いていますが、
3月1日より、All About内に新しいブログのコーナーが誕生します。

よって3月1日より、そこに移転します。

移転先は、「宝塚ファン」サイト・トップページの入り口や、
リンク集の、「元タカラジェンヌのブログ」などで
おわかりいただけると思います。

また、ここからもアクセスできるようにいたします。


新しい形態に変わっても、
引き続き「桜木星子の・・・タワゴト」に
どうぞ遊びにいらして下さい!



| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/02/23

つった!

お店のお手伝いから帰り、
デスクの前に座り、PCを触っていたら……

足が……つった!

つったと言うより、
足の甲の、こむらがえり?

甲が内側に沿っちゃって、
痛いのなんの。


ふくらはぎも足の甲も、
寝ている時などに、たま~になるんですけど、
いつもはほんの少しで治る。

だけど今回は、しつこい。

「よし、引いてきたぞ……」

と思って、そぉ~っと動かしたら、
また、ど~んと波が押し寄せる。

その繰り返し。

足を投げ出し、床にへな~っと座りながら、
「今、地震が来ても、私は逃げ出せないよ…」
と真剣に考えてしまうほど、
時間にすれば、せいぜい5分くらいだったのに、
長~く感じられましたよ…



たぶんね。
ここ数日、たった3時間半ほどだけど、
立ちっぱなしで仕事をしてるでしょ?
足が慣れていないのかもね。

あぁ……情けない。

つまりは運動不足ということよ。



立ちっぱなしで動いているのに、
不思議なことに、
リウマチはそれほど痛くはならない。


体は、甘やかせると、どんどん甘える……

しごくぞ!



――――――――――――――――――

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/02/21

ポジティブシンキング

昨日は娘1の参観日でした。

4年生になってできるようになったこと、
好きになったことを、グループで披露。

虚無僧のごとく、登下校の道ででもリコーダーを吹くほど、
リコーダーが大好きになった娘1は、
女の子5名で合奏。

リコーダーだけじゃなく、
鈴やトライアングルも交代で。


いやぁ~~おもしろかったのよ、コレが。

3拍子の曲の時、トライアングル担当だった娘1。

3拍目にチリンと鳴らすのだけど……

彼女は3拍目に鳴らせられず、
全く違うところで、チリンと鳴らしてしまう。

つまり……3拍目がわからない。


一応、母は、宝塚音楽学校卒業。
父も、ギターや作曲をしていた人。
祖父は、三味線弾き。

音楽系の家系に生まれたはずなのに。

カエルの子はカエルではなかった!

ま、いいさ。

隣をチョロチョロ見ながら、
それでも、全く違うところで
チリンと鳴らす娘1の姿が可愛くて、
笑わせてくれましたから。

他のお母さんにも……
ウケてましたし。




そして今日は娘2の参観日。

国語で「俳句を作ろう」という内容。

五七五で好きに作り、それを1人ずつ発表。


例えば……

「参観日 母さん早く 来ないかな」

「2年生 友達いっぱい 作れたよ」

「どうしよう 宿題するの 忘れてた」

みんな、可愛いです。



そして娘2の番。

娘1とは違い、内気で恥ずかしがりやの娘2、
蚊の泣くような小さな声で、

「お姉ちゃん 兄弟ゲンカの 名人だ」

やるなぁ!

ウケた!




家に帰り、それを娘1に話したら……

娘1「えぇっー! 私、明日から学校行けないよ~
   ……でもさぁ、
   ケンカできるってことは、兄弟仲がいいってことでしょ?」

ぽじてぃぶしんきんぐぅ~

娘1「やっぱりケンカはしなくっちゃ~」

……
何も、わざわざしないで下さいよ。

どっちが正しいかと、ケンカの裁判長になるのも
結構、エネルギー使うんですから。

―――――――――――――――――――――――

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

2007/02/20

楽しく充実した日々

風邪をひいてます。

鼻をよくかんでいます。

だから……鼻の下がカサカサのボロボロ。

化粧水をつけたら、
「ひぃ~~!」と…沁みました……

当たり前です。

こーゆう時、何を付ければいいんでしょうねぇ。



さて――

今日は娘1の参観&懇談会だったので、
お店のお手伝いはパス。

久しぶりの、1人きりの、いつもの日。

大きなものを洗濯したり、
スーパーでゆっくり買い物をしたり、
銀行や郵便局へ行ったり。

そうそう。
ドラッグストアーで、ダンナさん用の
ビタミンやカルシウムのサプリなんかを買ってみたり。

折角買っても、
奴、素直に飲まないだろうな…

「サプリ飲むくらいなら、野菜を大量に食べる!」
なんて言ってるし。




ここ1週間の慌しさに比べれば、
何をするにしても、時間はあるわけで。

だから……
腰が……重たい。


何か一つして、

ちょっと休憩。

テレビ見たりなんかして、

ちょっと休憩。



結局、あっというまに、午後になってしまいました。
たいしたこと、やっていないのに。



これって……

いつもの私の過ごし方?

ってことは……

いつもは時間を、
とっても無駄に使っていたってゆーこと?



そうやって、年をとってしまうのね。

それは、もったいないわね。


「今日は、コレをやったぞ!」と思える、
楽しく充実した日々を
過ごさねばね。


――――――――――――――――――――

| | コメント (4) | トラックバック (3)
|

2007/02/19

掛け算

今日もお店にお手伝いに行き、
2:30頃、帰宅。

お腹が空いていたけど、何かを作るのも面倒なので、
家の近くのスーパーで、
レンジでチンできるホットケーキを買い、
家に帰って、さっそくお昼ごはん。

いいねぇ……
疲れているときに、甘いものは。



1人、ホッとしながら食べていると、
娘2が、

娘2「ただ今~!」

と帰宅。


ぇえっ……?

もう帰ってきたの?

せめて食べ終わり、コーヒーを飲み干すまで、
待っていて欲しかったわ。




やけにテンション高い娘2。

こっちは、低いのよ。
無・テンションなのよ…


いきなり、大音量で「宙船」のCDをかける。

ぇえっ……?

「宙船」、ママも好きだけどさぁ…

今は「宙船」よりも、
JAZZボーカルな雰囲気なのよ。

それも、
ヘレンメリルの「You'd Be So Nice To Come Home To」的な、
けだるい雰囲気に浸りたいわけよ。




洗濯物を取り込み、畳んでいると……

娘2「ママ、今日はSMAP×SMAPの日でしょ?」

私 「そーだよ。録画しておいてあげるね。」

娘2「あのさぁ~ママ、質問なんだけどぉ~
   SMAP×SMAPってさぁ、“掛ける”なんだから、
   SMAPが、SMAP個ってことでしょ?
   SMAP個って、一体、いくつ?」


………

知らん。

聞かないで。


―――――――――――――――――――

   

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

2007/02/18

怖い夢

今日は久しぶりに、のほほんとした日曜日。

疲れを取らねばと、どこにも行かず、
ゆっくり家事をしたり、
子供たちと千羽鶴を折ったり…

1日12時間ぐらい立ちっぱなしで、
休みなく働いているダンナさんには
申し訳ないですが。




そうそう。

明け方…たぶん4時ごろ、娘2に起こされました。

ベッドから出て、私の枕元に来て、
私の布団をガバッ!とめくり、
私の顔と体をまじまじと見て……

私 「ど、どーした? お腹でも痛いの?」

娘2「……怖い夢を……見たの。」


あのさぁ……

ママはものすご~く疲れていてさ、
ぐっすり寝たいんだけどさ、
一度起こされると、眠れなくなるたちでさ、
だからさ…勘弁して欲しいんだけど。

そこをぐっと押さえ、

私 「大丈夫。ママがすぐそばで寝てるでしょ?
   
   お布団に戻りさない。」

素直にベッドに戻り、
娘2はすぐにすやすやと寝ました。

私は……1時間ぐらい眠れなかったけど。




朝になり、聞きました。

私 「怖い夢って、どんな夢だったの?
   
   覚えてる?」

娘2「うん……
   
   ものすご~く怖かった……」

娘2は涙目になりつつ話し始めました。

………


それを聞いて、わかったよ。

ナゼ彼女が、私の布団をめくってまで、
私の顔と体を確認したかが。



娘2「ママがね、床に倒れていたの。
   
   私は包丁を持っていて、

   ママの首を、包丁で切っちゃうの。」

私 「そりゃ、怖い!」


怖過ぎるよ……


娘2「私、そんなこと絶対にしないからね。」

わかってるよ!




で……
気のせいなんですが。

偶然だとは思うのですが。

持病の一つでもある頚椎症(別名・花占い)の具合が、
今朝から悪いんですけど。


―――――――――――――――――――

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

2007/02/17

ひと安心

皆さんご心配ありがとうございます。

父は、昨日意識が戻り、今日ICUから出ました。
一安心です。

今日もお店のお手伝いに行き、
さっき帰ってきました。

疲れてます……

そんなわけで、これにてごめんなさ~い!

―――――――――――――――――――

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2007/02/15

武器

皆様、温かいコメントをありがとうございます!

私は病院に行く間もないので、お父さんには会っていないのですが、
肺の状態が少しよくなったようです。
でも相変わらず、意識はありません…

お父さん、頑張れ!




今日もお店のお手伝いに行ってきました。

これまでも時々お手伝いをしていましたし、
お嫁に来た翌日から、娘1が生まれる前日まで、
朝から夜まで手伝っていました。

その時はウエイトレスさんのように店内を。

「笑顔」を武器にね。

「いらっしゃいませ。」の声も、よ~く通ります。



ところが今回は厨房です。

「武器」は必要ありません。

もちろん、簡単なことしかやらせてもらえませんが、
トマトを切るにしたって、
家庭料理と売り物は違いますもの。


ダンナさんからは厳し~く細か~い指示があります。
ダンナさんに敬語で話しています。


厨房での私、笑顔、ありません。
そして寡黙です。

かなりクールです。

ヘラヘラしてません。

こんな私も、いいんじゃん…

―――――――――――――――――――――

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007/02/14

私は元気なのですが…

ご無沙汰しております~

今日はバレンタインデーでしたね…
実はそれどころじゃない…


私は元気です。
私は元気なのですが、
ダンナさんのお父さんが大動脈瘤で倒れまして…

人工血管を入れるための10時間にも及ぶ手術をし、
手術自体は成功したもですが、
肺の機能が正常に動かず、まだまだ危険な状況。

ICUに少しだけ面会に行きましたが、
たくさんの管を体に付けたお父さんの姿は痛々しく、
大柄だった体は、すっかり小さくなってしまったようで…
思わず涙がこぼれてしまいました。

大丈夫だよ。
絶対に、元気になるから。
今は辛いだろうけど、頑張って……




こんな状況でも、レストランを閉めるわけにはゆきません。
お客さんに対しての信用問題もあるし、
従業員の人たちを含め、生活、かかっているし、
病院代だってかかりますもの。

お母さんもダンナさんも心身ともに疲れきっているでしょうから、
少しでもお役に立てればと、
子供が帰宅するまでの間、
私もお店のお手伝いに行っています。


慣れないお仕事だし、
立ちっぱなしの重労働はかなり堪えますけど、
まだ……若いもん!

頑張るぞ!



それにしても……

体を動かすと、お腹が空くね~~

食べまくって、体力付けるぞ!



――――――――――――――――――――

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

2007/02/10

プールサイド

ピューラーで、じゃがいもの皮をむいていたら…

指まで切っちゃったよ。

ま、ワタシもひと皮むけた…ということで。





土曜日の午後は娘たちのスイミング。

幼稚園児など小さい子供のママさんは
プールサイドで見学していますが、
うちはもう、見ている必要もありません。

だけど、送って、一旦帰宅し、
また迎えに行くのも面倒なので、
私もプールサイドでいつも見学。



以前は、立って見学していました。

日々の生活の中、“しばらく立っている”ってゆう動作、
滅多にないでしょ?
せいぜい、参観日ぐらい。

お腹を引き締め、お尻も引き締め、
正しい姿勢で立つ。

これは、健康にもダイエットにもよろしいかと。




ところがですねぇ……

次第に、ベンチに座るようになり、
最近では、眠っちゃったりしています。

夏はサウナ状態でツライんだけど、
寒い時期は、ぬくぬくと暖かくて、
気持ちよくなっちゃうのよねぇ~


娘たちがプールサイドを通るたび、
寝ている私の顔を濡れた手で
ぴしゃっと叩いて起こしてくれるのですが、
すぐに……うつらうつら。

今日なんて、始まって10分もたたないうちに意識がなくなり、
しっかり気づいた時は、終わりの挨拶をしていました。



これは、ダメですねぇ。
子供たちは頑張って泳いでいるのに。

緊張感がなさすぎる。
来週からは、気を引き締めよう。


だけど……

気持ちいいんだよねぇ…



―――――――――――――――――――――

| | コメント (5) | トラックバック (3)
|

2007/02/09

どうやら現在、コメントを書いて下さっても、
「エラーになる」「反映されるのに時間がかかる」
といった症状が出ているそうです。

コメントを書いて下さろうとしている方、
ごめんなさい。


さて――

娘2が、ピンクのお気に入りの耳あてを
壊してしまいました。

プラスティックの部分が折れてしまって…

瞬間接着剤で直しても、すぐにまた
折れてしまうでしょう。

なので諦めました。



娘2「ほわほわの耳の部分は何かに使えるかも…」

と、娘1と遊びだしました。


頭に2個立て、ミッキーの耳!

お尻に1個付けて、ウサギ!

鼻に1個付けて、ブタ!




そこで娘1が……

両手に1個ずつ持ち……

私の方へ差し出す。

ニヤニヤ笑いながら。


わかってるよ。

何をしたいかは。


いつもいつも、お気にかけて下さり、
ありがとう。


――――――――――――――――――――

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/02/08

タワゴト

今日、ニュースやワイドショーを見て思ったこと。



柳沢厚生労働相さん発言問題。

「女は産む機械、装置」発言に続き、
「子供は2人が健全」発言。

思うにきっと柳沢センセーは、
ご自分の考えていることの本質を
言葉にするのが、お上手ではない。

こう話したら、こうとらえられるというのを
おわかりではない。

で、こーゆう人は山盛りいるわけで、
知らないところで、誰かを傷つけていたりする。

それが、政治家センセーだったから、
こんなにも問題になってしまったわけで、
ご自身の立場を考える必要あり。



だけど私が、柳沢センセーの発言より問題だと思ったのは……
野党4党の予算案審議会ボイコット。

ナゼ、柳沢センセーの罷免を求めるのが理由で
予算案審議会を欠席するの?
アゲアシ取りにしか思えないんだけど。


権利ばかり主張して、義務を放棄するな。


ここで、

「これとそれとは別。
 私たちは、私たちに課せられた役割を全うします!」

と言って、やるべきことをやったのなら、
カッコよかったのになぁ~

とにかくカッコ悪かったぞぉ~
特に「今こそ私たちの出番ですぅ~!」的な、
女性議員のセンセー方は。

政治に、男性も女性もないって。


阿久津真矢なら、これが子供だとしても、
「いい加減、目覚めなさい~」
と言ったでしょう。



週刊現代の八百長報道

朝青龍サンが八百長したかどうかは知りません。

それは今後、はっきりとするか、
たぶん否定され、それで終わってしまうのかも。

何しろ相手は、日本相撲協会サマですから。

そしてこれは、国技ですから。

ボロは出しません。



でも……
大相撲の長い歴史上、八百長は再三あったわけで。

「中盆」とか「注射」なんていう
八百長を示唆する業界用語まであるわけで。

だから今回も、クロに思えてしまうんですよね。



で、思います。

相撲はスポーツなのか…?

はたまた娯楽なのか…?


もし、娯楽なのだとしたら、
八百長があってもいいわけで。

だけどそれは、どーかわからないように
やってください。


スポーツだというのなら、
すべてガチンコ勝負でお願いします。



「八百長はクロ?」と思わせるより、
実力でシロ星、とろうよ。



――――――――――――――――――――――

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/02/06

2人でデート

mixiの足あとを見ていたら……

“きゅう”さんと“にょ”さんが並んでいて…

一瞬、

私 「おぉ! 二つ合わせて“きょにゅう”じゃん!」



………

って……

違うじゃん…

全然違うじゃん……

私の目と脳は、ココロに支配されちゃってるよ。


こんなことで勘違い、マイミクのお二人さん、申し訳ありません。

で、昨日も、このお二人、並んでいるんですけど。
やっぱり、私に何か、考えさせたい?





さて――

今日は先生の研修で、全校生徒、4時間で下校。

娘1は手際よく(こーゆう時はね)お友達と約束し、
DSを持ってお友達の家へ。


なので、娘2と二人っきりでデート。

と言っても、自転車でTSUTAYAへ行き、
娘2のCDを借り、
その後、ショッピングセンターをウロウロ。

女の子3名の騒々しいデートはしょっちゅうですが、
2人というのは、あまりありません。

1対1もいいもんです。

2人で、クレープ食べたりなんかしちゃったりして。
可愛い文房具、買っちゃったりなんかしちゃったりして。

また、行こうね。



娘2が借りたのは、
SMAP、TOKIO、倉木麻衣。

帰宅して、借りてきたCDを、
歌詞カードを見ながら、
ニコニコして聴いている娘2。

その隣で、あぐらをかきながら、
玄米茶をすすりながら、
ひたすら昆虫図鑑を見ている娘1。



5年後、10年後、20年後が想像できます…



娘1に、彼氏、できるかなぁ…

娘2のほうが早いかもなぁ……

娘1よ! 頑張るのだ!

――――――――――――――――――――

| | コメント (6) | トラックバック (7)
|

2007/02/05

聞くんじゃなかった

また、やっちゃったよ……

あんまんを食べようと、
レンジでチンして。

アツアツを口に入れたら……

上あごの前歯の後ろの辺り、

やけど。

舌で押したら、ぷくっとしていたのが潰れました。

別に痛くもないのだけど、
一週間ほど前にも同じことをしたわけで。

情けない。


皆さん、アツアツのあんまんにはお気をつけあそばせ。




さて――

叔母のSちゃんと「華麗なる一族」について話していて…

Sちゃんは、小説も読んだ。
以前のドラマも見た。
映画も見た。

だから、ストーリーはよく知っているわけで。

話しの流れで……

この先のストーリーも結末も、知っちゃった。


あぁ~~~聞くんじゃなかった。

わからないからこそ面白いのに。




私だけ…は嫌なので、
ダンナさんに、

私 「華麗なる一族の結末、知りたい?」

夫 「知りたくない。」

私 「聞いたら、びっくりするよ~
   知りたい?」

夫 「知りたくない。」

私 「じゃ、ほんの少しだけ。」

夫 「知りたくない。」


つまんないなぁ。



――――――――――――――――――――

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007/02/04

ドラマの影響

変な夢でした…

どうやら私が、殺人を犯してしまうのです。

それも、誰かのため、誰かに頼まれて。

詳細は……わからず。

「悪いやつら」の影響ですね。

寝る前、録画してあったものを、ダンナさんと見たところですもの。




殺人犯ですから、もちろん捕まります。

そして刑事さんが、

「○日から刑務所に入ってもらいますから~」

と、ご丁寧にスケジュールを教えてくれます。



なら、その前に……と、

パーティーを開いています。

場所はホテルのような。
円卓がたくさん並んでいます。

口々に「いつになったら会えるかな~」
「頑張ってこい!」などと話しています。

さながら、栄転の送迎会のような。




そして、入所の日がやってきます。

刑務所の入り口に、大きなコンビニのようなお店があります。
本がたくさん並んでいて、図書館のようでもあります。
ちょっと暗めで、築ウン十年を思わせる重厚な雰囲気が漂います。

「さすが、刑務所だ…」

受刑者・桜木は、なぜかそんなことに感動を覚えています。


レジに、表情を全く変えない一人の女性がいます。

その女性が、

「必要なものを購入して下さい。
 本は、ひと月に10冊借りることができます。」

と教えてくれます。

「おぉ! 本がタダで読める! 読む時間もたっぷりあるだろう。」

受刑者・桜木は、そこでもまた感動。



「まずは買い物を…」と思います。

「髪は伸びる。でも美容院になんて行けないし、
 髪の毛のゴムを買おう。」

と、色とりどりのゴムを手にとって見ています。


次にヘアピンを手に取ります。

「ヘアピンは…時として凶器にも変わる。
 鍵を開けたりもできる。
 買ってもいいのかな? でも、こうして売ってるし…」

と、古い洋画の脱獄シーンを思い出しています。

「やっぱり、ゴムだけにしておこう。」




次に、本に移ります。

真っ先に向かったのが……

「華麗なる一族」。

「テレビなんて見れないし、あの続きが知りたいし。」と。


ところが、本棚には“下”しかありません。

「来月借りる時には、“上”“中”“下”と揃うかしら?
 でも、そんなことわからないし…
 
 とりあえず、“下”だけ借りて読んでおこうかな?
 でもさぁ、順番に読まないと面白くないしねぇ…」

受刑者・桜木は、滅茶苦茶悩んでいます。



………そこで、目覚まし時計により目が覚めました。


起きて、顔を洗うよりも先に私がしたこと。

今夜の「華麗なる一族」の録画。

先週、気づいた時には始まっていて、
冒頭から20分間、録画できなかったんですよ。




夢よ。

思い出させてくれてありがとう。



―――――――――――――――――――

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2007/02/03

アナタにもできること

ダンナさんが借りてきた「キングコング」を見ました。

2005年度アカデミー賞で、
視覚効果賞、音響賞、音響効果賞の計3部門を受賞したものです。

キング・コング 通常版

子供には長いので、2夜にわたり見ました。


ストーリーは何となく知っていたものの、
私も見るのは初めて。

1930年代のニューヨークや、
ショービジネスの雰囲気が伝わり…

ドクロ島に着いてからは、
ハラハラ、ドキドキのスペクタル。

そして……
コングをニューヨークに連れ帰ってからは、
しんみり。

ラストは……号泣です。



楽しかったり、大笑いしたり、可愛かったり、
見終わった後の爽快感のある映画も楽しいですが、
何かをしっかりと感じさせる映画も素晴らしい。

子供にもわかるストーリーで、
テンポがよく、
伝えたいことは、決して押し付けがましくなく。

「子供に見せたい映画」です。
そして「話し合いたい映画」です。




ただただ「可哀相だ…」と、
私に抱きついて泣きじゃくる娘2。

少しお姉さんの娘1は、
色々と考えることがあったようです。


娘1「人間って……最低だね……」

私 「そうだね。」

娘1「他の動物と、同じなのにね。」

私 「そうだね……」

ただ生きてゆくためにではなく、
身勝手な欲によってさ、
ただ生きてゆくために生きている動物や自然を、
次々に破壊しているよね…
特に、大きな国の人間はね…


何様のつもりなんだろうね。

人間だって、しょせん、アニマルなのにさ。

他よりちょっと脳ミソが大きくなっただけの
アニマルなのにさ。



娘1「私も、その人間だね…」

私 「恥ずかしいけどね。」

娘1「でも……私には、何もできないよね…」

私 「できる。」


アナタにもできることはあるよ。

例えば、地球温暖化。
このまま地球温暖化が進めばどうなる?
動物も自然も、どんどん絶滅してゆくよ?


私 「そんなことが頭の隅に少しでもある、
   大人になって欲しいわけ。」


寒いのなら、ストーブやコタツを付ければいい。
でも、もう1枚重ね着すれば大丈夫なのなら、
付けるのをやめよう。

いない部屋の電気は消そう。
お風呂は続けて入ろう。
手や顔を洗う時、水道の流しっぱなしはやめよう。
ベッドの中で本を読んだ時、電気を消してから寝よう。
タオルでしっかり拭いてから、ドライヤーをかけよう。


私 「そーゆうのを、ママはケチとは言わないと思う。」

娘1「うん。わかった。」




だからと言ってさぁ……

今ママが入っているのに、
お風呂の電気をバチッと消すなぁ!

何事!かと思うじゃないか。



――――――――――――――――――

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007/02/01

位置決め

昨日は参観と共に、体育館で学習発表会もありました。

今回は4年生と5年生。

娘1さんの出番です!


4年生のテーマは、
「人に優しい町づくり」。

お年寄りや障害のある人に対し、
町や施設の中は、どんな工夫がされているか…

それを自分たちで探し、調べ、
グループで発表するというもの。


娘1は、デイケアサービスを行っている施設に
仲良し5人組と、取材に行きました。

その時、

私 「どうだった…?」

娘1「おばあちゃんたちが昔の歌を教えてくれたから、
   私たちもお礼に、歌を歌ってきたの。
   また、遊びに行きたいな~」

なんて言っていたもんですから、
遊びに行っただけかと思っていたら、
施設内の色々な工夫を、ちゃんと発表していました。

やること、やっていて、安心したよ…

でも、おばあちゃんたちと楽しい時を過ごせたことも、
学習同様、いえ、学習以上に貴重で素敵な経験でしょう。





お次は5年生。
歌とダンスでした。

自分たちで選曲し、振りも考えたのでしょう。
なんとも微笑ましい。



ただね……
気になったのが……

体育館前面を使い、
コの字になって踊っているんです。

舞台上と、舞台下と、右側と左側。

さしづめ、本舞台、銀橋、上手花道、下手花道のような。


本舞台と銀橋の子供は、観客からよ~く見えます。
1番目立だつのは、銀橋センターの子供。

ところが、上手花道、下手花道は、きれいに縦になっているんです。
花道のように、客席を向いていません。

これじゃ、花道組の父兄は、
自分の子供の姿がほとんど見えません。

みんなで頑張って踊ることが目的でしょうけど、
親は、自分の子供の姿を見たいもの。


「途中で、位置、変えればいいのになぁ……」

そんなことを思いながら見ていました。


位置は、背の高い子供から、
銀橋、本舞台、両花道となっていました。

ロケットでいうところの、
中高(なかだか)ね。


背の順か……

*瀬奈じゅんでは…ありません



もし来年も同じ形式でやるとなると、
チビの娘1は間違いなく、花道組ね。
1年で、身長が20cmほど伸びるとは思えませんから。

私はどこにスタンばって、ビデオ撮影しようか…?
脇に置いてある飛箱の上にでも登ろうか…?

1年間、考えよう。



―――――――――――――――――――

■新着サイト

タカラジェンヌをTVで!!【2月の番組】

―――――――――――――――――――

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »