« 位置決め | トップページ | ドラマの影響 »

2007/02/03

アナタにもできること

ダンナさんが借りてきた「キングコング」を見ました。

2005年度アカデミー賞で、
視覚効果賞、音響賞、音響効果賞の計3部門を受賞したものです。

キング・コング 通常版

子供には長いので、2夜にわたり見ました。


ストーリーは何となく知っていたものの、
私も見るのは初めて。

1930年代のニューヨークや、
ショービジネスの雰囲気が伝わり…

ドクロ島に着いてからは、
ハラハラ、ドキドキのスペクタル。

そして……
コングをニューヨークに連れ帰ってからは、
しんみり。

ラストは……号泣です。



楽しかったり、大笑いしたり、可愛かったり、
見終わった後の爽快感のある映画も楽しいですが、
何かをしっかりと感じさせる映画も素晴らしい。

子供にもわかるストーリーで、
テンポがよく、
伝えたいことは、決して押し付けがましくなく。

「子供に見せたい映画」です。
そして「話し合いたい映画」です。




ただただ「可哀相だ…」と、
私に抱きついて泣きじゃくる娘2。

少しお姉さんの娘1は、
色々と考えることがあったようです。


娘1「人間って……最低だね……」

私 「そうだね。」

娘1「他の動物と、同じなのにね。」

私 「そうだね……」

ただ生きてゆくためにではなく、
身勝手な欲によってさ、
ただ生きてゆくために生きている動物や自然を、
次々に破壊しているよね…
特に、大きな国の人間はね…


何様のつもりなんだろうね。

人間だって、しょせん、アニマルなのにさ。

他よりちょっと脳ミソが大きくなっただけの
アニマルなのにさ。



娘1「私も、その人間だね…」

私 「恥ずかしいけどね。」

娘1「でも……私には、何もできないよね…」

私 「できる。」


アナタにもできることはあるよ。

例えば、地球温暖化。
このまま地球温暖化が進めばどうなる?
動物も自然も、どんどん絶滅してゆくよ?


私 「そんなことが頭の隅に少しでもある、
   大人になって欲しいわけ。」


寒いのなら、ストーブやコタツを付ければいい。
でも、もう1枚重ね着すれば大丈夫なのなら、
付けるのをやめよう。

いない部屋の電気は消そう。
お風呂は続けて入ろう。
手や顔を洗う時、水道の流しっぱなしはやめよう。
ベッドの中で本を読んだ時、電気を消してから寝よう。
タオルでしっかり拭いてから、ドライヤーをかけよう。


私 「そーゆうのを、ママはケチとは言わないと思う。」

娘1「うん。わかった。」




だからと言ってさぁ……

今ママが入っているのに、
お風呂の電気をバチッと消すなぁ!

何事!かと思うじゃないか。



――――――――――――――――――

|
|

« 位置決め | トップページ | ドラマの影響 »

コメント

「キングコング」は見たことないのですけれど、
何歳のお正月か覚えていないのですが;、
「かくし芸」で「キングコング」をやったんです。
出演は確かマチャアキと大場久美子さんでした。
結末が悲しくて悲しくて、新年早々衝撃を受けました。

地球温暖化で今冬はもう雪は降らないのか、と思って
おりましたが、金曜日、雪が降り、何だかホッとしました(*^-^*)。
地球温暖化だけではなく、人と自分を比較して卑屈になるのではなく、創意工夫していく自分に変わりたいと思います(^-^*)/

投稿: hamuko | 2007/02/03 17:09

 「平凡な善行の継続を努力してやり抜けば 最大の力がある」
 イトーヨーカ堂創業家の家訓です。

投稿: カステラ評論家 | 2007/02/03 20:46

hamukoさん、カステラ評論家さん、コメントありがとうございます!

hamukoさん

金曜日、降りましたね…
その寒い中、我が家は節分のお祭りに行きました。

>人と自分を比較して卑屈になるのではなく...

隣の芝生は青く見えますよね…うらやましくなったり、どーして私は?と思ったり。

自分は自分と思うのって、かなり難しいと、私も日々反省。


カステラ評論家さん

>「平凡な善行の継続を努力してやり抜けば 最大の力がある」

結果をすぐに求めたがり、そのための努力から逃げてしまう最近の娘1に、この言葉を教えてあげたいです。

投稿: 桜木星子 | 2007/02/05 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39099/5189376

この記事へのトラックバック一覧です: アナタにもできること:

« 位置決め | トップページ | ドラマの影響 »