« フェロモン | トップページ | お尻アタック »

2007/03/12

スティーヴィー・ワンダー

凄いよ!「SMAP×SMAP」!


スティーヴィー・ワンダーだよ?

本物だよ?


ただ……

SMAPは、サビだけにして欲しかった……
スティーヴィーのソロで聴きたかったよ……




現役時代……たぶん研4ぐらいの頃、
どこかのメーカーのカセットテープに付いている応募券を
何枚か集めて送ると、

「抽選で何名かに、スティーヴィーのスタジャンが当たる!」

というのをやっていまして……


カセットテープ、いっぱい買ったよ。

応募券、集めたよ。

送ったよ。



当選した場合の送り先を、
実家にしても、たまにしか帰らないし、
自宅にしても、昼間はほとんどいないし、
なので、宝塚歌劇団にしました。



忘れもしない、あれは1番教室。


もうすぐ稽古が始まろうとしていた、
ざわざわとした中にも緊張感漂う時、
下級生から渡された小包は……


そう! 当たったのよ!


その場で、小包をがばぁ~っと開け、
自分の目で、ソレを確か、
手に取った瞬間……


私 「やったぁ~~~!!!」


全員がストップモーションで、私を…見ましたね。


かなり、顰蹙です。


しかし…
わけを知った人々は、
「それはおめでとう!」と。



その後しばらく、稽古の時に羽織っていましたっけ。

外で着るには…ちょっと…だったもんで。


そんな思いをして手に入れたスタジャンなのに、
どこ行っちゃったんだろうねぇ。

|

« フェロモン | トップページ | お尻アタック »

コメント

こんばんは、先日は有難うございました。
SMAP×SMAPはゲストが豪華な事が多いですね。
なのにホスト側の5人がついていけないのは・・・・・
もったいない話です。
送り先を劇団にしたら、否が応でも目に付いて
「これは絶対に当選にしないと!」と思われたのかも?
でも当るというのは嬉しいものですよね、どんなものでも。
きっと実家の押入れの衣装ケースの隅に眠っていますよ。
一度日の目を見せてあげてください。私も見たいです!

投稿: 琴子 | 2007/03/13 00:21

想いのこもったものほど、見あたらないことが多々あります。
大事にしようとしまいこんで、どこにいったか行方不明・・・。
私も「星の王子様」の本が。
中学校で転校したときに親友が裏表紙にメッセージ書いてくれて
プレゼントしてくれたのに、実家のどこかにあるはず・・・・・。

投稿: miyabi | 2007/03/13 23:50

私のどこかへ行ってしまった思い出の品...
それは,パイロットの万年筆だったかペン関連の懸賞に応募して当たった
デイバック..当時は使っている人も少なくそんな物を使う勇気が無く,
部屋の片隅に置きっぱなしでした。
しかし,いつの日かデイバックの姿が消えておりました...気が付くと
私の母親が勝手に使っているではありませんか。
その時はまあ,いいかなんて思って早数十年...今は違うデイバックを
使っている母親..私のデイバックは今どこに??

投稿: midori | 2007/03/14 07:44

お化粧落としの回答ありがとうございました。早々にポンズコールドクリーム購入してきました。私は本番まで観られないのですが、「浦島」どう踊るのか楽しみです。

私が小学校1年の時に買ってもらった「日本昔話し」と言うぶ厚い本、お嫁に来る時にも持ってきたのに見当たらない・・・と思ったら2年前に引越しした時に見つかりました。今は娘が学校に持って行き、朝読書の時間に読んでるのですが、さすがに数十年前の本、ボロボロです。
アッ、この本が出てきた時に宝塚のプログラム数冊も一緒に出てきました。星子さんのサイン入りの!!当時、楽屋入りか出待ちの時に頼んでサインして頂いたのです。もちろん名前入りで!!

投稿: mayu | 2007/03/14 08:07

皆さんコメントありがとうございます!

琴子さんへ

>送り先を劇団にしたら、否が応でも目に付いて「これは絶対に当選にしないと!」と思われたのかも?

そっかぁ! 生徒だったことが、そんなところで役に立ちましたぁ!


miyabiさんへ

家にはなぜか「星の王子様」が2冊あるんです! 1冊は自分で買ったものですが、もう1冊はわからない…
もしかして…これ、miyabiさんの?


midoriさんへ

私の母も、気づけば私のものを使っていましたっけ。そして次に気づけば、ない!
スタジャンも絶対に母です!


mayuさんへ

うちのボロボロの絵本は「ねずみとおうさま」です。子供が読んでくれるとうれしいですね。
私のサイン…きっと汚いだろうなぁ~
お嬢様、「浦島」頑張ってください!

投稿: 桜木 星子 | 2007/03/14 23:40

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スティーヴィー・ワンダー:

« フェロモン | トップページ | お尻アタック »