« 勝負の世界 | トップページ | フェロモン »

2007/03/09

おふくろさん

すっかり泥沼化してしまった「おふくろさん」の著作権問題。


私も一応、モノ書く身。
たとえこんなブログでも、意味を持って書いています。
句読点の場所も、改行の位置や行数も、「…」にするか「……」にするかも、
漢字にするか、ひらがなやカタカナにするかも、
自分なりに意味があるもの。


作詞家をしている時期もありました。
私が書いた詞をほんの少しでも直したい場合、
それがレコーディングの間際であろうと、
私に連絡が入り、直すのは私自身でした。


勝手に改変されたり加筆されたりするのは、
私レベルでも耐えられないことです。
それが川内先生ほどの方であれば、どれほど辛いことか…



それも、イントロにアドリブ的なセリフが入っているのではない。
メロディーが付いているのだから、これはれっきとしたバース。


「すみれの花咲く頃」で例えると……

……歌詞、書けないから(著作権!)……ちゃんと言えないけど…


宝塚ファンの方ならわかっていただけますよね?
あの……冒頭の……まったりした部分。
あの部分に値するわけだから、立派な改変・加筆と思うのです。


命を投じて書いた自分の作品が、
自分の作品ではなくなってしまう気持ち…。
川内先生のお怒りは理解できます。


今まで表沙汰にならなかった裏には、きっと…
私たちの知り得ない深いわけがあるのでしょうね…



ただね…
森進一さんもお気の毒に思ってしまうのです。
彼は歌い手であり、また当時は若かった。
「与えられたものを歌う」…それが彼の仕事。


私は森進一さんを存じ上げませんが、
森進一さん主演の舞台に出た友人が、
「森さんが座長の舞台なら、また出たい。」と話していたのを思い出します。
共演者に慕われ愛される方なのでしょう。



そして…
どんなに素晴らしい詞でも、歌い手が歌うことによって
初めて“作詞”になると思うのです。
それがなかったら“詩”。
森進一という偉大な歌い手が歌ったからこそ、
「おふくろさん」は名曲になったのだと…。



なんとかならないのでしょうかねぇ…


正当な方法で和解することができ、
森進一さんが歌う、オリジナル歌詞の「おふくろさん」を
また聴いてみたいものです。


だってこの曲は、これまでもこれからも、
作り手のモノだけではなく、
歌い手のモノだけではなく、
「この曲が好きだ。」「聴きたい!」と思う
観客のモノでもあるわけですから。



……と、以上、タワゴトでした。

|

« 勝負の世界 | トップページ | フェロモン »

コメント

 この事件は、作詞家の「行動」の背景にある「動機」を考えないといけないような気がします。
 なにか大きな憎しみがあるのではないでしょうか。

投稿: カステラ評論家 | 2007/03/09 22:55

確かにもっと根が深いのかもしれないですね。
川内先生がご自分のお母様に対して書かれた想いを変えられたことで違うものになってしまったことが哀しかったというのもあるようですね。

森さんもご難続きでお気の毒ですし、うまく和解して欲しいです。

歌詞もさることながら、私はよく演歌歌手の方が変にタメたりして元の曲とはかけ離れた歌い方をされることにイラっとくることがあります。作曲家の方はこれでいいのかなぁと思っていたので、今回の事件でこのことが気になりました。

投稿: 榊 真央 | 2007/03/10 13:11

カステラ評論家さん、榊真央さん、コメントありがとうございました!

川内氏と森さんの間の、何か心情的なすれ違いからここまで発展してしまったのだと私も思います。
だからこそ、ちゃんと契約なりを交わしておけばよかったのにね。

真央さんのおっしゃる歌い方の件!
私も嫌いです。演歌に限らず多いですよね。長年、同じ歌を歌い続けている人に多い。

なんか…「上手そうに聞こえるとでも思っているのかしら?」と意地悪になってしまいます。変なくせのなかった初期の頃の方がずっとよかったのに…と。

メロディーはかろうじて変えてはいないけど、譜割りは完全に変えてしまっているわけだから、著作権違反につながる?

投稿: 桜木 星子 | 2007/03/11 15:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おふくろさん:

« 勝負の世界 | トップページ | フェロモン »