« ど~ってことないコト | トップページ | こじんまりするな »

2008/04/30

名探偵コナン 戦慄の楽譜

家族で「名探偵コナン 戦慄の楽譜」をば。


はい。おもしろかったです。


ただ、いつもよりおとなしめかな。

「迷宮の十字路」や「探偵たちの鎮魂歌」のようなスピード感はなく。


そして、工藤新一も回想シーンでの登場、

服部平次も怪盗キッドも出て来ない…


お願いですよ~

劇場版はフルキャストで、特にカッコイイ男の子達は登場させて下さいませよ~


でも楽しかったです。


娘たちと、いつまでコナンを見られるのかな。

 



最中、驚いた…いえ、怒りが沸々わいてきたのは…


途中で席を立ち、外へ出て、また戻ってくる人の多いこと。

 

これが子供なら「トイレ、我慢できないのなら仕方ないね…」と思う。

ところが大人が多い。

 


私の後ろの20歳ぐらいの女性なんて、それが7、8回。

 

それも静かに出るのではない。

慌ててドタバタと。

 

携帯を持って出るので、かかってくるたび退席らしい。

携帯のアクセサリーもジャラジャラ音をたてる…


席に戻って来るたび、隣りの友達に笑って話しているので、

のっぴきならない用件でもなさそう。

 


それで楽しいの…?

 

時間を作り、劇場に足を運び、チケットを買って見に来ているのに、

それより大切なコトがあるのなら、

劇場で見る意味ないと思うのだけど。

 

DVDが出てから家で一人で見ればいい。

携帯かかってくるたび、途中、止めながらさ。

 


いくら映像であっても、この映画を作った人たちに対して失礼。


そして、この映画を楽しもう!と思っている周囲の人たちにも。

 


終わったら「ねぇ、アナタ…」と言おうと思っていたのに、

あっという間に姿はありませんでした…


また、携帯、鳴った?

 

 

他の方のブログもぜひぜひ!

ブログTOP

 

 

|

« ど~ってことないコト | トップページ | こじんまりするな »

コメント

先週の水曜日、友人と仕事の帰りに観に行きましたが、とても静かでしたから驚きです。
本当に迷惑ですし失礼ですし、神経に障りますよね;。

投稿: 苺 | 2008/05/01 07:06

公共の場でのマナーというものですよね。

私、じつは先月初!宝塚大劇場観劇デビューしてきました。 
そしたら、まぁ なんとみなさん観劇マナーのよいこと。 劇場についてから帰るまでとてもシアワセ気分でした。最初なんだろこの感覚は?宝塚マジック??と思いましたが、それだけではなく、その日劇場でひとつもいやな目に会わなかったことに気づきました。 いやっ ほんとうにびっくりしました。まだ日本にこんな温かなところがあったのかと。って本当はびっくりするような世の中になってるほうがおかしいのですが。

帰って主人に話したら、『それは、そういう文化的な生活をしている人たちは自然とそうなる』
とのたまってました。

うーん 宝塚は日本を救う!?

清く正しく美しく   小林一三先生 万歳!

投稿: うさぎ | 2008/05/01 14:37

 他人がするとキレるのに、自分は平気でする。そういう人が増えてきています。

投稿: カステラ評論家 | 2008/05/01 22:22

映画館で携帯メール打ってる人は勘弁してくださーい!
その液晶がむっちゃ眩しいんですよう!!
あなた映画観にきたんじゃないですか…?

いやー、最近増えましたね、こういう人。
しかし、うさぎさんも書いていらっしゃいますが、観劇となると、不思議とマナーの悪い人は少ないですネ。みなさん、ものすごくお行儀が良い。
文化レベルの高いところほどマナーを心得てる人が多いのかもしれませんね。

投稿: 運営スタッフ GERU | 2008/05/02 14:40

皆さんコメントありがとうございました!

マナーなんてどーでもいいと開き直っている人が多い! 今、自分はいけないことをしているんだ…という自覚も後ろめたさも感じないよう。

うさぎさんがおっしゃるように、舞台のお客様はお行儀がいいです。自分が楽しむ=他人が楽しむということをわかっていらっしゃる。
真剣に楽しく観劇して下さるということは、役者にとって最高の喜びです。

投稿: 桜木 星子 | 2008/05/03 00:48

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵コナン 戦慄の楽譜:

« ど~ってことないコト | トップページ | こじんまりするな »