« 朝の散歩 | トップページ | 衣替え »

2008/05/28

同窓会のよう

今日は、故・渡辺先生の偲ぶ会がありまして、出席してきました。


凄い人でした…

劇団スタッフや現役の生徒さんもいましたが、ほとんどが元生徒。

その数、約600名とか。


現役&OG生徒の数が550名だとして…

私は上から……520番目ぐらいです…


会場の中、どこに立っていたらいいかを迷うぐらい、

見渡す限り……上級生。


タカラジェンヌに年齢の話は…なしですが、

☆期高齢者なんぞと呼ばれてしまう方々も大勢いらっしゃるわけでして。


それでもこんなにたくさんは集まるとは、

渡辺先生の偉大さをあらためて感じました。


また、メルマガででも。

 

会が終わった後、出席した同期6名でお茶。


中には、20年ぶりぐらいに会う人もいたのに、

時の空白を感じさせない関係は、さすが同期です。

 

こうした時に話題になるのが、まずは予科時代の話し。

なぜか本科の頃のことより、予科のことの方を覚えている…

 

そして劇団時も含めた大事件も話題になる。

黒メロンパン事件とか、花瓶事件とか、アコーディオン取替え事件とか…

水ぶっかけ事件とか、同期費問題事件とか…

その当時は、泣いたり悩んだり心配したのに、全部大笑い。

 

次に、音沙汰のない同期や生徒のことが話題になる。

病気だったり、旧姓に戻ったらしい…などなどを心配したり、

誰がどんな仕事をしているか…だったり。

 

先生方の話題にもなる。


A「○○先生も、いいオジサンになったねぇ…」

B「向こうも、いいオバサンになったなぁ…と思ってるよ…」

 

他……書けないような笑い話が続出。

 


同期の会話からあることを判明。


「今でも、早替わりが間に合わなくて慌てている夢を見るのよね…」

「台詞や歌詞が覚えられないとかも…」


ここでもしょっちゅう言っていますが、私もそんな夢を何度も。

それは私が、ガイドを通して宝塚に触れているからだと思っていたのですが、

数年に一度ぐらいしか観ない人も、同じような夢を見るとは。

 

それは、現役時代、本当に日々緊張していて、

ある種のトラウマ状態になっているのだ…という結果に。

 

とにかく。

渡辺先生が、みんなを集めて、

楽しいひと時を下さったという感じでした。

 

まさに同窓会でした。

 

 

他の方のブログもぜひぜひ!

ブログTOP

|

« 朝の散歩 | トップページ | 衣替え »

コメント

失敗したことや特にしそうになったことは後々よく夢に見るものですね。
小生も大学の単位がたりなくなって、就職先が決まっているのに就職出来なくなるという夢を会社生活を続けているときによく夢をみました。
会社を辞めてからは見なくなりましたけど。
あともう一つはアトランタから帰国する時に、朝寝過ごしてしまい飛行機に間に合わなくなりそうなことがありました。あの時はJALの直行便でしたが、レンタカーを返す前にチェックインをぎりぎり済ませ、それからレンタカーを返して慌ててゲートに直行、小生が最後の乗客だったことを思い出し、たびたび飛行機に間に合わなくなる夢を見ました。今から15年以上前のことですが今でもよく夢にうなされます。

投稿: tosh | 2008/05/28 23:49

渡辺先生も、会場の中で大勢の方に再会できて、
喜んでおられたのではないでしょうか?
聖子ちゃんの期以外にも、あちこちでミニ同期会が
あったと思いますが、これも先生のお人柄ですよね。
改めて、渡辺先生のご冥福をお祈りいたします。

投稿: 琴子 | 2008/05/29 23:20

tosh さん琴子 さんコメントありがとうございました!

tosh さん
本当、夢って、楽しいものより、気にしていることや失敗したことのほうが多いですね。昨夜は階段から落ちる夢を見て、目が覚めました。これも宝塚時代の気にしていた夢かな。


琴子 さん
そう、あちこちで同期会のようでした。元花組のヤッコさんには「どーしたの~星子ちゃん、痩せて~」と。よっぽど私は丸々していたのでしょうね。いつも元気なミオリさんはじめ、元花組の生徒さんに会えてうれしかったです。
トドちゃんのお肌は…なぜあんなに美しいのだろう…。凝視してしまいました。

投稿: 桜木 星子 | 2008/05/30 20:20

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会のよう:

« 朝の散歩 | トップページ | 衣替え »