« 目標は達成ならず | トップページ | 夏の風物詩 »

2009/06/26

マイケル……安らかに

マイケル・ジャクソンが亡くなりました…

青春時代がマイケル全盛期だった私。
そう言えば、70周年大運動会の花組の入場行進曲は「スリラー」だったっけ。
コンサートにも行ったっけ。
ヒット曲は歌詞を全部覚えていて、クリスマスに聴きたくなるのはジャクソンファイブのメドレーで。

晩年、色々な噂を聞いても、私たち世代のスター。
淋しいです。


CXが緊急特番を組むと知り「さすが!」と思いましたが、ワイドショーのエンタメコーナーそのもので残念に思いました。
「スリラー」のPVをノーカットで流してくれたのはうれしかったけれど、他はスキャンダルの話が中心。
今「なぜ……?」などはどうでもいい。
せめて今夜は、マイケルの偉大な伝説だけを伝えることはできなかったのか…?
歌っている時の映像は何となく流れるけれど、折角の歌はコメンテーターの声で消され、せめて「Billie Jean」「Beat It」「BAD」辺りは、きちっと聴かせて欲しかったわ…



マイケルのアルバムを聴こうと思ったけれど、押入れにしまい込んでいてさっと出ない。
でも、いつも本棚に置いてあるのが「We Are The World」を録音したテープ。
久しぶりに聴きました。

聴いているだけで、偉大なアーティストたちの顔が浮かんできて、レコーディング風景の映像を見た時の驚きを思い出しました。

いきなりライオネル・リッチーから歌いだすなんて…
ブルース・スプリングスティーンの恍惚とした表情…
シンディ・ローパーが可愛くて、ティナ・ターナーがカッコよくて…
ディオンヌ・ワーウィックは…研ナオコと血縁関係にあるんじゃないか?と思い…
靴をぺたぺた鳴らしながら歌うレイ・チャールズが楽しそうで…
手をつなぐダイアナ・ロスとスティーヴィー・ワンダーが微笑ましくって…

ポインター・シスターズやベット・ミドラーなどがバックコーラスという、とんでもなく豪華なアーティストたちの中で、やっぱりマイケルは1番のスターでした。



「We Are The World」を聴きながら、なぜこの曲ができたのかetcを娘2に話すと、その映像を見てみたいと。
こーゆう時には存在がうれしい。ありがとう。You Tube。


娘2「マイケル・ジャクソンって、日本でいったら誰ぐらい?」

私 「……日本には…いないな…。」


世界のスーパースター、マイケル・ジャクソン……
楽しい時をありがとう。

どうぞ安らに。



|
|

« 目標は達成ならず | トップページ | 夏の風物詩 »

コメント

We are the worldは本当にアメリカの音楽界のスター達の寄せ集めと言っては変ですが、そうそうたるメンバーがでておりましたね。それぞれの個性的な歌手達の融け合ったようなところがすごかった。
他の歌手達も日本にはいないと言わざるを得ないでしょう。それにしても何と懐かしい名前のオンパレードですね。早速iTunesで入手しなければ。

投稿: tosh | 2009/06/26 23:43

何年ぶりのコメントでしょう。
ご無沙汰しています。
でもブログはほぼ毎日拝見しています。
マイケルの訃報は、かなりの衝撃を受けました。
身近な人以外でこんなに悲しかったのは初めてです。
お友達の日記からお借りしました。

「Will you be there」
http://www.youtube.com/watch?v=JFli8LgG9ng

そして、歌詞が素敵です。
-------------------------------
抱きしめてください ヨルダン川のように
そしたら僕は言います あなたは僕の友だと
連れてってください 真の兄弟のように
愛してください 母のように そこにいてくれますか

疲れきったときには 抱きしめてくれますか
道に迷ったときには 抱きしめてくれますか
迷子になったときには 見つけてくれますか

人は僕に言う 男は誠実であるべきだと
足が立たないときこそ歩くんだ
そして最後まで戦えと での僕もただの人間なんだ

みんなが僕を操ろうとする
まるで世界が僕に役割を与えてでもいるかのように
僕はとても混乱しています
示してください そこで見守って導いてくださると

抱きしめてください 頭を垂れてください
優しく大胆に 僕をそこに連れてってください
抱きしめてください 僕を愛して満たしてください
口づけで開放してください そうすれば満足です

連れてってください 一思いに
ゆっくりと抱き上げ 運んでください
救ってください 僕を癒し清めてください

優しく言ってください ”そばにいるよ”と
優しく 優しく抱き上げ 一思いに連れて行ってください
僕を必要としてください

抱きしめてください 頭を垂れてください
優しく大胆に 僕をそこに連れてってください
抱きしめてください 僕を愛して満たしてください
口づけで開放してください そうすれば満足です
-------------------------

マイケルは、愛に包まれて天国に行ったんだと思います。

マイケルみたいな人はもう現れないんだろうな・・・
天国に行ったマイケルも大好きです。

長文お許しください。
「フリー・ウィリー」の映像をシェアしたかったのです。

投稿: Dancer | 2009/06/27 09:09

コメントありがとうございました!お返事遅くなりました。

toshさん
本当にとんでもなく凄いメンバーでしたよね。聴く私たちも感動モノでしたが、歌っているアーティストたちも気持ちよかったでしょうねぇ。

Dancerさん、お久しぶりです!
「フリー・ウィリー」は確か、娘1が「感動して泣く」というのを初めて体験した映画でした。なのに、Dancerさんにこうして教えていただくまでマイケルの歌をすっかり忘れていました。マイケルの歌だったからこそあんなに感動したのです。動画、娘たちと見ました。ありがとう! 

彼の孤独や淋しさ、苦悩は誰にもわからないでしょう。でも彼の偉大さならわかる…
ワイドショーでは、彼のスキャンダルや死の真相などを話していますが、マイケルの全盛期をリアルタイムで知らない世代に、彼の魅力をもっと伝えて欲しい…

天国で、無邪気に遊んでいるかな…?

投稿: 桜木星子 | 2009/06/29 16:17

こんなに遅くのコメント、失礼いたします。
私の青春はマイケル・ジャクソンよりも、ファラ・フォーセットでしたので、同日に亡くなった彼女の方にショックを受けていました。
でも連日報道されるマイケルの死。曲を聴くとやはりどれも懐かしいです。
そうそう、「スリラー」は宝塚の運動会で2組が踊ってらっしゃいましたよね。ナマで観ていました。あんなに素敵で怖いPVはないです。

CXの特番も見ていましたが、確かに星子さんのおっしゃる通り。権利関係もあるのかもしれませんが、「スリラー」以外にも放送してほしかったです。しかも関西と東海は「一部地域」だったらしく、1時間しかなかったですし。

落ち着いたらもっちいい追悼番組をして欲しいです。

Dancerさんが上で書いて下さった歌詞。せつないですね。心にしみました。ありがとうございました。

投稿: 榊 真央 | 2009/07/03 12:02

真央さんありがとうございます!

運動会、ナマでご覧になっていたのね!
CX、関東などではもっとやっていたの~?関西でもやって欲しかった…もしかしたら、もっとマイケルの魅力を紹介していたのかもしれませんね。
ワイドショーでも遺産の話ばかり。

マイケルと同じ日だったので、ファラ・フォーセットの話題が少なくて可哀想。鳥越さんも「僕はどちらかというとファラ・フォーセットの死のほうが辛くて…」とおっしゃっていました。

投稿: 桜木星子 | 2009/07/04 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39099/30293605

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル……安らかに:

« 目標は達成ならず | トップページ | 夏の風物詩 »