« ルーブル美術展 | トップページ | デスクチェアを買う »

2009/09/29

鹿に襲われる…

サボリ癖がついてしまいました…

このところ、夕方になると微熱が出たり、とてつもなく睡魔に襲われたり…。なので毎晩11時ぐらいに寝ていました。娘たちといっしょに「おやすみなさい…」。
それだけ寝ると、さすがに朝はすっきり。




娘2の運動会が土曜日にあり、昨日はその代休。娘2と二人で奈良へ行ってきました。鹿に会いに。


春にみんなで奈良へ行った時、奈良公園から見える青々とした若草山に惹かれ「今回は若草山に登ろう!」と言ってしまった私。

ナップザックを背負って、見かけはその気満々。そして言ってしまった以上、登らねば。

若草山をバカにしていました……。時間はかからないけれど、こんなに急だとは。

「もうこの辺でいいか…」と途中でやめようとしたけれど、60代ぐらいのご婦人たちが登って行く姿を見、ヘタレな体と心に鞭を打って登頂。

でも頂上から見た奈良盆地は絶景かな!


ただね、頂上は台風かと思うほど風が強くて、お弁当を食べるのに一苦労。
シートを敷いて座るまでに苦労し、おにぎりといっしょに髪の毛も食べてるし。
スパゲティーなんて、風になびいて食べられたもんじゃないわ…
とにかく二人で大笑い。


下りの時点で足がガクガク。
今日はもちろん筋肉痛。



若草山から春日大社を通り、私が行ってみたかった新薬師寺へ。
ここにある「十二神将」と「薬師如来坐像」を見てみたかったので、娘2にお付き合いいただきました。

時間を忘れてずーっと眺めていたい……。今にも動き出しそうなのです。
素晴らしかった…



その後、娘2が楽しみだった「鹿に思いっきり鹿煎餅をあげる」の行程へ。

東大寺の山門前で鹿煎餅を買ったのですが、それがまず間違いでした…

東大寺の山門前には、鹿煎餅にありつこうと、すでに鹿がたくさんいるのです。その前で買ったもんだから、買っている最中に後ろから、私のふくらはぎをガブッと噛んだ子がいまして…。ふくらはぎだけじゃなく、お尻の辺りもカブカブと。

思わず「痛っ!」と大声。鹿煎餅屋のおばさんは「止まらないで歩いてください」と言うけれど、歩けばみんなついて来る。かなり興奮状態で。

周りにいた大勢の人たちは「まぁ、可哀想…」とか言っちゃって私を気の毒そうに見ている…。かなり恥ずかしい。
娘2は、鹿に襲われている(実際はそんなほどでもない)ママを助けることもできず、恐怖でビクビクしている…。

鼻で私をツンツン押したり、ナップザックを引っ張ったりしながら、あんまりゾロゾロついてくるので、鹿煎餅をTシャツの中に隠し「アンタたち、お行儀が悪いからあげない!」と怒鳴り、その場を走り去りました。

鹿は鼻があまりよくないのかしら? 鹿煎餅、視界からなくなると諦めるのよね。


で、噛まれたふくらはぎを見たら……血は出ていないものの、赤紫に内出血。ジーンズを履いていたのによ? もし生足だったら、流血騒ぎでしょうねぇ。

そんなわけで、ほとんどの子がおだやかですが、東大寺前には噛む子が一頭いるのでお気をつけ下さいまし。



帰りの電車、二人とも熟睡。

疲れているのに可哀想ですが、その足で娘2はスイミング。私も見学。
「ヘロヘロできっと泳げないよ…」。始まる前にはそう言っていたのに、なぜかどの種目も自己ベストのタイム。
若いって…素晴らしい…



|
|

« ルーブル美術展 | トップページ | デスクチェアを買う »

コメント

大変な一日でしたね。
広島 安芸の宮島にも御神鹿がおられまして,
鹿煎餅には目が無いそうで,うちの長女を連れて行ったときに,
やはり,囲まれてしまいましたよ。
人食い鹿はいませんけどね。
でも,最近は異常気象で,山に食べるものが無く,
鹿さんはビニール袋なんかのゴミを食べちゃって,お亡くなりなられたりと,
災難に見舞われているとか聞きます。
それにしても,昨日の筋肉痛が今日来るとは,星子さんもまだ若いですなぁ。
おれなんか,翌々日に来ますよ。ハハ

投稿: カーコ | 2009/09/29 15:54

昔若草山に登った時に上から下まで駆け下りたり、ごろんごろんと転がり降りたりしたもんです。
しかし山に登ってからあとの距離も相当ありますね。タフですね。
もうすぐ鹿の角切りのシーズンです。鹿が落ち着いた頃にモミジが綺麗になるのですが今年はどうでしょう。なんとなく紅葉がイマイチのような予感をさせる夏でした。

投稿: tosh | 2009/09/29 22:46

皆さんコメントありがとうございました!

筋肉痛、まだヒドイです…娘2はさすが!その後、スイミングで何往復も泳いだのに全く。

若草山にも鹿がたくさんいるはずなのに、一頭も見ませんでした。お腹が空いて麓に下りていたのでしょうか? 
近辺のお店の方の、鹿に対しての対応の手馴れたこと。叱ったりたしなめたりする姿が、まるで飼い主とペットのようで可笑しかったです。

投稿: 桜木星子 | 2009/09/30 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39099/31565293

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿に襲われる…:

« ルーブル美術展 | トップページ | デスクチェアを買う »