« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/28

受け入れ拒否

伯母のSちゃんの息子……つまり従兄弟なわけですが、先週末、飼い猫に手を噛まれまして。

軒下にもぐりこんでしまったので出そうとしたらガブッ!
元々捨て猫ちゃんだから、警戒心が強いのです。


かなりの流血で、ちょっとやそっとのことでは病院なんぞに行かない従兄弟が「もう我慢できない…病院に行く」と言うほどの痛みだったらしく。


その時、土曜日の夜。急患で診てもらうしかありません。

しかし、どの病院に電話をかけても「今は担当がいなくて…」「明日、またかけなおして下さい」のような対応。


翌朝、つまり日曜日、また昨夜電話した病院へ電話をするものの、「猫に…」を聞くと、みんな態度が変わるそうな。

「事故などの急患が入るかもしれないので…」「いつ診察できるかわかりませんけれど、それでもいいですか?」「担当医が…」などなど。



もしかして……だ。

インターンの勉強にもなるような大きな症例じゃないと、診ないってわけかい?

猫に手を噛まれたなんて、どーってことないってかい?


結局、やっとOKしてくれた遠くの病院で診てもらったそうですが、傷はかなり深くて、手はパンパンに腫れ、もう少しで血管が切れるところでした。



事件に、でかいとか小さいとかあるんですか。 by 青島君


患者に、でかいとか小さいとかあるんですか。 by 桜木君

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010/01/27

お久しぶりです!

またまたご無沙汰しております…

毎日よく食べよく寝て、かつ、あれこれ忙しい日々を過ごしておりました。



忙しいくせに、母ちゃん夜鍋して、娘2のマフラーを編んでおりました。


「ママが編んだマフラーが欲しいの…」


そう言って見つめられると、どんなに忙しくても、リウマチで指が痛くても、下手糞でも、編んじゃうわけよ。


100127



| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010/01/21

娘2は快調

娘1の腰、立ったり座ったりが一番辛いようです。

また都合によって痛くなったりよくなったりするようで。

「勉強しなさい!」と言うと、椅子に座ると痛くなり、
「おやつだよ~ しかもミスタードーナツ! しかもアナタの大好きなオールドファッションのチョコ!」と言うと、階段をスタスタ降りられるほど元気になります。

どーしてでしょ?




一昨日は私、昨日は娘1と、我が家の女の子3名の「大」「中」と怪我をしたので、今日辺り「小」に来るかと思いきや、「小」は思いのほかお元気。
ぐいんぐいん飛ばしています。

………こんな風にだ。



市でやっている乳がん検診をまだ申し込んでいなかったことを思い出し、私、慌てていました。

半年以上前に配布された書類を見ると、今月中が締切り。
なんとか間に合いそうです。



書類を見ている私の横で……

娘2「ママ、それ何?」

私 「乳がん検診、申し込むの」

娘2「えっ? これ無料クーポンっだって! マックみたい~」



申込書に書き込んでいるところに、ダンナさん、ご帰宅。

娘2「パパ、ママねっ、貧○検診、受けるんだって~」

………


私 「……アンタ、貧○って言ったか?」

夫 「俺にもそう聞えた…」

私 「貧○なんて言って、もしもママが乳がん検診で引っかかったら、アンタ、後悔するわよ~」

………


娘2「……パパ、ママね、巨○検診、受けるんだって」


やっぱり……ウソはいかんよ。



| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010/01/20

娘1、腰がやられる

私に続き、今日は娘1。

「ただ今…」が、あまりにも元気がなかったので「どーした?何かあったか?」と聞いたところ、「腰が痛い…」と。

体育で倒立をしたと。その途中から痛くなったと。

情けなや~
若者が倒立で腰をやられるなんて。


痛むものの歩けるので、レントゲンの必要はないだろうと、整形外科ではなく接骨院へ行きました。
私の厄介な首もお世話になっている、触っただけでわかる先生。

結果、腰部捻挫ということでした。



なるべく安静。
しばらく体育は見学。
吹奏楽部も、痛みが治まるまでは休んだほうがいいと。


そして、重たいものは持たないほうがいいと。

登下校、私、カバン持ち、させていただきますわ…



| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010/01/19

モノに当る

お鍋のフタを足の甲に落としました……

アルミのフタではありません。硬いガラスのフタ。


そしてなぜか、両足の甲の上に落としました…

私はどれだけ、お行儀よく立っていたのでしょーか?

なぜ私は……よけなかったのでしょーか?


あまりの痛さに、ふら~っとなり、床にしゃがみこみました。

そして、虫の息で「このフタ……何キロあるか量って……」

娘2「えぇっと……800グラム!」


だからどうなのか、なぜ量らせたのかがわからないのですが、足の甲は腫れました…


温めるとより痛くなるので、湯たんぽ、できません……



その前日も、同様の痛みを味わいました。

それは店の厨房。


ダンナさんが、大きな缶を、私の肘にぶつけたのです。

とても上手いことに、肘の角にガツンと当りました。

もちろんわざとではあり……たぶん……ありません。



二日続けてモノに当るとは。

明日、ロト6でも買おうっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/01/17

15年

阪神淡路大震災から15年。

当時、帝劇公演の稽古中で、被災地に住む知人に電話をするぐらいしかできなかったことを、今でも悔やんでいます。

震災に遭われた方にとって15年って、長かったのかしら…? それともあっという間だったのかしら…?


宝塚の街も滅茶苦茶になりました。
それが見事に復興しました。
でも……私の勝手な思いですが……震災と共に、あの街の温かさが失われてしまったような…。
もっと大切な人、モノをなくされた方に比べれば、そんなことはたいしたことではありませんね。



阪神淡路大震災から15年ということは、地下鉄サリン事件からも15年。

そして、私が結婚して15年。

やっぱり……私にとって15年は、あっという間かな。



| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010/01/16

コモノ

学校での視力検査に引っかかった娘2を眼科に連れて行きました。

視力が悪いらしい…
本人も、後ろの席からだと黒板の字が見えにくい…と言っているし。

「メガネ……かけたくない…」と娘2。
私もダンナさんも、メガネのお世話にならずにこれまできているので、メガネとのお付き合いはきっと大変なんだろうなぁ…という認識しかありません。


検査の結果、アレルギーのため目薬は必要だけれど、今はまだメガネは必要ないとのこと。

ほっ。




そして今日、その眼科で、おじいさんに怒鳴られてしまいました。


待合室で膝を組んで座っていたところ、前の通路を通ったおじいさんが「足、邪魔だぁ!」と、私の足にぶつかってきました。


私の足、コンパスかなり短いです…

決して狭い通路ではなかった…

私の隣の人も、足を組んでいた…

どう考えても……おじいさんのほうからぶつかってきた…


もしかしたら、よろけてぶつかってしまい、その照れ隠しに怒鳴ったのかもしれません。

また、眼科にいらしている方です。足元が見えにくかったのかも。


足を組んでいた私も悪いです。でも、怒鳴ることはないのになぁ~

そのくせ、先生や看護士さんには、とても腰を低く接していらっしゃいました。



相手を見て態度を変える人ってコモノだなぁ~なんて思います。

もちろん、目上の方と子供、学校の先生と友達とでは、使う言葉も違うでしょう。


でも、心の中は、誰に対しても同じでいたいもんです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/01/15

今年初寝坊

寒いですねぇ……

私の住居エリア、寒いくせに雪が降るわけでもなく、雪遊びをしたい娘たちからしたら、詐欺のようなもんだと。


私は……雪もいらないわ…

少しでも暖かい日がいいの…




さてさて、またやってしまいました……

寝坊。

今年、初です。

って……まだ1月でした…



今回も、娘2のお友達が起こしてくれました…
迎えに来てくれるお友達がいなかったら、私は何度、子供たちを遅刻させていただろう…?


目覚まし時計が、6:28分で止まっていました…
セットしたのは6:30。
あと2分動いてくれていたら……

こうした事故も起きるのだから、娘たちよ、自分も目覚ましセットしてよ!



娘2が作ったクッキーです。

味もGOOD!!


100112



| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/01/13

竹久夢二展

百貨店でやっていた「竹久夢二展」に行ってきました。



竹久夢二を初めて知ったのは子供の頃。
母が古本屋で買ってきた大正だか昭和初期の頃の雑誌の挿絵でした。

こんなに可愛らしく女性を描くのは、きっと素敵な女性なんだろうなぁ…と思いましたが、後日、夢二は男性だと知り驚いたのを覚えています。

でも、男性だから、あんなに可愛らしく女性を描けたのでしょう。



私が特に好きなのは「黒船屋」「星まつ里」「大徳寺」。
「黒船屋」はありませんでした。残念。
でも、「星まつ里」と「大徳寺」が見られて感無量。
じっくりゆっくり眺めました。



大正浪漫や昭和モダンの時代。
西洋の影響を受けたあの時代でさえ、少し垂れ目で、下まつげまで付けていそうな大きな目は、きっと斬新だったのではないかしら?

半襟や手拭いのデザインもたくさん展示してありましたが、イチゴやきのこを半襟の柄にするなんて、誰も思いつかなかったでしょうね。


思えば、昨今流行りの和柄と呼ばれるもののルーツは、夢二だったのかもしれません。



複製画が欲しかったけれど、マグカップで我慢!

100113_3



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/01/11

木下サーカス

今日は成人式なのですね。

いまだに「成人式は1月15日」と思ってしまいます。
そして今でも「私の成人式の日は、バレエ教室で振り固めをしていたなぁ…」と思い出します。


そして毎年、晴れ着姿のお嬢さんを見て思います。

帯揚げは帯の中へ入れろ~!
帯締めも垂らすなぁ~!
襟、抜きすぎぃ~!
ピアス、取れぇ~!
妙なネイル、やめんかぃ~!

……い、いえ、どうぞお好きに。




さて――


娘2の水疱瘡はすっかり治り、お医者様からも外出許可が出ているので、女の子3名で木下サーカスに行ってきました。

私にとっては子供の頃に見て、現役時代、宝塚ファミリーランドで見て、東京に住んでいた頃に見て、そして今日が4度目。
娘たちは、ボリショイサーカスは見ましたが、木下サーカスは初めて。


満員で入場できない場合もあると聞いていたので、開演の1時間半前に到着。寒い中、並びました…
そこにクラウンが出てきて、ボールを使った芸を見せてくれました。こうした心遣いがうれしいです。


やっとチケット窓口に到達すると、マスクで口元を隠しているものの派手なメークのお姉さんがチケットを売っていらっしゃいます。
会場内でも、自分の出番が終ると黒衣に着替えたアーティストの方々が、セットの出し入れをしたり、プログラムを売ったり、観客を席へ案内したり。

偉いなぁ……。
こうした頑張りが、100年を超える歴史を作ったのでしょう。



大きな円の中をバイクで回るのや、「葛の葉子別れ」を題材にしたアクロバットなど、木下サーカスの十八番も健在。
かつ、スピード感溢れるプログラムがたくさんでとっても楽しみました。


クールな娘1は、冷静に楽しんでいましたが、口をぽか~んと開けっ放しの娘2と私は「おぉ~!」という声が途切れなくて…。自分たちの声に笑ってしまいました。



猛獣もね、ライオン6頭と虎4頭の10頭も。みんな可愛いがデカイ!
象もシマウマもキリンもいる。


私 「あの子たちの食費、ものすごくかかるだろうねぇ…」

と…“これだから主婦の考えることって嫌ねぇ~”的な質問をしたら…

娘1「毎日ね……観客が……一人ずつ減るんだよ……」


恐っ…




木下サーカスを公演しているのは、伏見桃山城運動公園という場所。
数年前までここには、伏見桃山城キャッスルランドという遊園地やプールがありました。
娘たちも遊びに連れてきたけれど、まだ小さくて乗り物にはあまり乗れなかったっけ。

こちらは100周年には到底及ばず残念ながらなくなってしまいましたが、模擬天守だけはそのままに。

和央ようかさん主演『茶々 天涯の貴妃』の撮影をしたのはここでしたっけ。


100111



| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010/01/10

懐が暖かい

「安室・淳」が「安奈淳」に見えてしまう……

その度に「エストレーラ~」とつぶやいてみる……




さて――


お小遣い稼ぎに、お皿洗いやお風呂掃除などのお手伝いを率先してやっていた娘たち。

それは「今日は私がやる~!」と、ケンカするほどの奪いよう。


それがですよ…。

2010年になってから、どちらも一度もやろうとしません…


お年玉の威力だわね…



しかしお年玉は、いつまでもありません。

夏休みの旅行辺りで底が尽きるでしょう。


下半期になれば、またお手伝いしたくなるでしょう。



| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010/01/08

ムーミンもNGですか?

今日も、とても元気な水疱瘡患者の娘2と二人で仲良く過ごしました…


100108

こんなものを作り、クッキーを焼き。


そして、娘2がサンタさんにいただいたというニュー・スーパーマリオ ブラザーズ Wiiを。
これに限って言えば、私が遊んでもらったという感じでしょうが。




さて――

喫煙シーンが何度も描かれていたということで、絵本が販売中止になりました。


なんだかなぁ……解せないなぁ……


喫煙シーンに限らず、「○○はいけない」からと、それを全部排除していたら、何に触れればいいの?

おとぎ話も映画も絵画も、宝塚歌劇だって、子供にとっては悪だらけね。

それは、その時代の文化でもあり、「さて現在は?」「自分はどうしよう?」と考える猶予さえ与えてくれないってことなのね。



パイプをくわえたムーミンパパが出てくるムーミンシリーズもダメってことなのかなぁ。


スナフキンは、人生を豊かにしてくれる名言をたくさん話してくれるというのに…



| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010/01/07

一生もんの傷

娘2が毎日いっしょに登校しているお友達Sちゃんが、今日の夕方から水疱瘡に。

あぁ……


娘2、冬休みに入る前にどこかでうつり、約2週間の潜伏期間を経て(年まで越して)月曜日に発症。

Sちゃんとは冬休みに入ってから一度も会ってはいませんが、昨年のうちに娘2経由でうつったのかも。


Sちゃん母は「そんなの気にしないで~」とおっしゃって下さいましたが、Sちゃん母はフルタイムでお仕事なさっているのですよ…
私のような、家業ゆえの甘えはないのですよ…


唯一の救いは、3連休が入ることですが、お仕事休ませちゃう……あぁ……ごめんなさい。

二人まとめて看病してもいいのだけれど、やっぱり病気の時は、友達のおばちゃんじゃ嫌よね。




友達に水疱瘡をうつした可能性大の娘2は、申し訳ないほど元気。

ほとんどかさぶたになり、痒みもおさまってきました。

口の中の水疱が少し痛いので、熱いものや醤油系のものは食べられませんが、逆にプリンやアイスクリームに囲まれご機嫌。



時々鏡を見ては「きゃあ~!」と叫んでいます。

そして「本当に、これ、消える?」と心配そう。

私 「かさぶたをめくらなければ痕は残らないよ」


そう。めくらなければ。



私の唇には、小学生の頃、水疱瘡のかさぶたをめくってできた痕が今も残っています。
一生消えないわね。


亡くなった方に文句を言うのはなんですが、お母さんよ、なんでめくったんだぁ?



| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/01/06

やっぱり水疱瘡

娘2はやはり水疱瘡でした。


熱も全く出ず元気にしていますが、かなり痒いようで。

どれだけ痒いかは、見るからにわかります…

しばしの辛抱。




朝、病院に行く際、事前に「水疱瘡かも…」と連絡を入れておいたので、待合室ではなく、別室で待たされました。

自分の体はこんな状態だし、看護士さんもいつもと違う対応。

すっかり恐怖を感じている娘2。



でも……「1番怖かった…」と後に語ってくれたのは…


娘2「体重を量らされた時」


薬の量が変わってくるから、子供は時々、体重を量るのです。



私も……怖かった……

そんなに増やして……どーする?



| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010/01/05

新年早々…

昼間、外から、マイクを通したような大きな声が。

「何事?」と、娘たちと表へ出てみたら……

家の前に1台の車が止まっていて、少し後ろにパトカーが。


おまわりさんが、その車の持ち主らしき60歳ぐらいの男性の腕を捕まえ「……だから、逮捕しなきゃならなくなるんだよ…」と話しながら、パトカーの方へ連れて行く……



「で、何事?」と思いつつも家に入る。

気になる…


私 「ねぇ、おまわりさんに、何があったんですかぁ?と聞いてきてよ。」

娘1「うん!わかった!」


でもすぐに帰ってきて…

娘1「パトカーの中に入っちゃったから、聞ける人がいない…」


そっか。


思うに…だね。

男性はスピード違反か何かをした。
パトカーに見つかった。
逃げて、我が家の前の細い道に入ってきた。
そこで見つかった。

ま、そんなところでしょう。



そう言えば、昔もあったなぁ~。こんなことが




さて、そんなことより大変なことが。

今朝、背中と脇腹に、虫に刺されたような湿疹が3つほどできた娘2。

「ダニでもいるのか?」と、シーツetcを洗ったり、布団を乾燥機にかけたり。
「痒い…」と言うので、虫刺されの薬を塗ったり。


それが……夜、お風呂に入る頃に見たら、上半身にいくつもでき、おでこにまで。
水疱になっているものも。
見るからに痒そう。

飛び火か? いや、水疱瘡だわ、これは。


明日1番にお医者さんに行きますが、水疱瘡なら1週間は学校無理だわね…
私は仕事、行けないわよね…


なるべく軽くすみますように。

あまり痒くなりませんように。

新年早々、可哀想。



そしてもう一つ大変です。

明日から授業の娘1、冬休みの宿題の書初めを、今、書いています。


書初めを、1月5日に。

宿題を、学校開始の前日の夜遅くに。

どーしてこの人は、こーなんだろう…



もう一つの宿題の「百人一首を覚える」は、3首ぐらいしか覚えていないそうな。
百人一首大会が、金曜日にあるというのに。


娘1「一つ覚えると、一つ忘れてゆくんだよ…」

君の脳のキャパシティー、どうなっているんだぁ?



で、アンタ、思っているでしょ?

「☆☆(娘2)の水疱瘡、私にもうつっていたら、百人一首大会、休めるのになぁ…」と。


世の中、そんなに甘くないんだよねぇ。



| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/01/04

ハートのチャーム

つい先ほど、急に雨が降り出したと思ったら、とても強い雨音で…

娘1と外へ出てみたら、首筋から冷たく痛いものが入り…

どうやらヒョウのようでした。




さて――


私と娘2は、仕事や宿題を済ませてから、ゆっくりとした時間を。

今日から仕事や部活のダンナさんや娘1に申し訳ない。


テレビを見ながら、おしゃべりしながら、歌を歌いながら、ビーズでチャームを作りました。

100104


普段、こんなことをする時間はなかなか作れません。


贅沢で幸せなお正月です。



| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010/01/03

最後の休日

明日からダンナさんは仕事、娘1は部活が始まります。
なので、家族揃っての休みは今日が最後。

100103


近くの神社へ初詣に行き、近くのショッピングセンターへ行き。


その後、コタツに入り、お菓子を食べながら、トランプや百人一首をし、夕飯は手巻き寿司を食べ、『龍馬伝』を見るという、なんともゆったりとした休日でした。



『龍馬伝』、楽しみにしていました。

ただ、台詞に対しBGMが大きい気がして、集中しないと聞き取れない。
土佐弁を瞬時に理解できないせいもあるかも。
慣れるかな。



そうそう。

手巻き寿司を食べ始めてから、マヨネーズがないことに気づきました。

寒い中、慌てて自転車で買いに行く私。

スーパーは閉まっていたのでコンビニで買い、戻ってみると……


中トロが……ない……



でも、それでいいんです。

子供が満足さえすれば。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/01/02

新しいお財布

今日は半日買い物を。

混雑していたので疲れました……

「初売り」や「福袋」に対して、みんな闘志を燃やしているようで。
湯気、たってるもの。

私はそうした現場が苦手で。

で、娘たちに叱られるのです。

「ママ、頑張りなさいよ!」と。

デパートにてお財布を選んでいても、隣のご婦人に負けてしまいます…

それを見兼ねてダンナさんと娘たち、「これはどう?」と何個も持って来てくれました。

おかげでDakotaのお財布を買いました。

100102

赤いお財布なんて初めてです。
黒と迷ったけれど、娘1が「ママ、いつも黒だから、たまには赤にしたら?」と言うもんで。
しばらくは落ち着かないかもね。

さぁ~貯まるかな?

どんどん出て行くかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/01/01

新年明けましておめでとうございます

2010年が始まりました。


新年明けましておめでとうございます。

皆様にとりまして、おだやかで温かい一年となりますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!




元日の今日は例年通り、ダンナさんの実家へ行き、2つの神社へ初詣。

まぁ~寒かったこと!


そして、ショッピングセンターで、娘たちは雑貨や文房具の福袋を買い、ダンナさんはジャケットを購入。
私は……何も買っていません。

後日ゆっくり、どっか~んと買わせていただきますわ。


明日も娘たちは買い物に行きたいと……
少し前までならスケートだったのに。
ま、私にとってはスケートより買い物のほうがうれしいかな?



思えば……

私が子供の頃なんて、だいたい4日から営業で、三が日は、ほとんどのお店がお休みでした。
それが今や、スーパーまで開いています。
な~にも困りません。

元日から便利に楽しく暮らせる……

それは、元日からお仕事して下さっている方々がいらっしゃるからなんですよね。

元日からお仕事の皆さん、ありがとう。お疲れ様!



明日は今日よりも温かくなるようですね。

それでも、皆さん、風邪などお気をつけて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »